笹木勇一郎 : FOOTBALL WEEKLY

笹木勇一郎

【笹木勇一郎コラム】フットボール・アンセム12

第12回 週末にはフットボールを


笹木pic■同郷の奈良選手がJ1デビュー

 お久しぶりです。 
 やっと秋らしくなってきましたね。今年の夏はデビューアルバム『東京シティらんでぶー』のリリースがあり、プロモーションやライブなどで忙しく過ごしました。
 秋の訪れとともにリーグ戦も佳境へ向かっていきます。J1、J2ともに、11月でリーグ戦は終わってしまうので、本当にあっという間だなぁと感じています。

 9月に3試合Jリーグの試合を見ました。

 9月2日 ナビスコカップ 準々決勝第1戦 FC東京対鹿島アントラーズ。チケット観戦。
 まず嬉しかったのが、この日のFC東京の先発メンバーに奈良竜樹選手の名前があったことです。コンサドーレ札幌ユース出身の大型DF。U−16以降、各年代代表にも招集されている期待の逸材! J1でのプレーを希望した今季はFC東京へレンタル移籍中。この日が初出場。もちろん初先発です。

 しかし、キックオフ直後から、僕の目を虜にしたのが、FC東京の前田遼一選手でした。前線からの守備は相変わらずパワフルで、少し中盤に下がってボールを追いかける姿は迫力満点。コンディションの良さが伝わってきました。そんな前田選手のプレーが影響したのか、FC東京の選手たちのプレーにはいつになく激しさがあるように見えました。
 もちろん、アントラーズという球際の強さを持ち味とする相手との対戦だったからかもしれません。拮抗した展開にピッチから目が離せません。

続きを読む

【笹木勇一郎コラム】フットボール・アンセム11

第11回 同級生の西大伍が僕に与える影響について


笹木pic
●会わずに帰ろうと決めた

 今日はこのまま会わずに帰るべきじゃないか?
 たとえ会ったところで、どんな言葉をかければ良いのかわからない。
 実際、僕にはかける言葉がなかった。
 だったら、黙って帰ればいい。幸い、ヤツは僕がこのスタジアムへ来ていることを知らないのだから。知らせなくて本当に良かったな。
 FCソウルの追加点が決まり、鹿島アントラーズの敗戦が濃厚となりつつある、試合終盤、僕はそんなことを考えていた。
 そして、試合が終わると、監督会見室に座っていた。
 指揮官の言葉をノートに書き留めながらも僕はアイツのことを考えていた。
 先制点を決めながらも逆転されて、ACL敗退が決まった。しかも途中交代している。きっと悔しいに違いないだろう……。

「西選手が呼んでいるよ」
 かけられた言葉にハッとする。そこにはミックスゾーンに行ったライターの寺野さんがいた。「西選手が待っているから、急いで急いで」と促されながら、僕はミックスゾーンへと急いだ。
 ロッカールームからの出口付近は薄暗く、広い場所には、取材のためにロープが張られている。鹿島アントラーズのチームバスのそばに、西大伍が立っていた。

続きを読む

笹木勇一郎ライブ情報

本誌にフットボールのコラムを寄稿しているミュージシャン、笹木勇一郎が5月27日に渋谷CHELSEA HOTELで行われる無料ライブに出演することになった。

7月1日に1stアルバム『東京シティらんでぶー』のリリースが決まった笹木勇一郎、今回の【TOKYO BOOTLEG MONTHLIVE】はそのプレーを耳にするめったにないチャンス。興味のある方は是非どうぞ。

日時:5月27日 18時半開演。笹木勇一郎の出演は19時台となる予定。

会場:渋谷CHELSEA HOTEL
   TICKET FREE(1ドリンク別)

詳しくは以下のサイトをご覧ください。
渋谷CHELSEA HOTEL サイト
笹木勇一郎 オフィシャルサイト

【笹木勇一郎コラム】フットボール・アンセム10

第10回 ドキドキ、ワクワクの2ステージのJリーグ開幕

メインアー写切り抜き小




 今年のJリーグ開幕を僕はひとり日産スタジアムで迎えた。
 2014年W杯惨敗の記憶、2ステージ制導入などを抱えて、今年のJ1開幕は如何なるものか? いつものJリーグ開幕で感じるワクワクした想いとは少し違う緊張に似た感覚を持ちながら、スタジアムの雰囲気やサポーターの様子を見に行きたかった。

横浜F・マリノス 対 川崎フロンターレとの一戦。

 駅からスタジアムへ続く道。
 チームフラッグ、海外チームのレプリカシャツが売ってる露店が並ぶ。家族連れ、カップル、単独、チームシャツに身を包んだフル装備のサポーター、私服のサポーター。そして、ボールを蹴ってる子供達がいた。
 そんな光景を目にしながら、スタジアムへ到着する。
 スタンドはすでに盛り上がっている。先発メンバーへのチャントが響くバックスンタンド。メインスタンドではざわざわとした賑わいがある。
 すべてが、いつもの通りだった。

 たくさんのサポーターの反対を押し切る形で始まった2ステージ制。
 新システム導入に対して、開幕戦でサポーターの抗議行動があるのではないか? メッセージ・フラッグや横断幕などが掲げられて、開幕へ水を差すようなことにならないか? 内心、少しドキドキしていた。
 しかし、そんな心配は無用だった。
 「決まったものはしょうがない、みんなで盛り上げていこうじゃないか!」
 そんな雰囲気をサポーターの一生懸命な歌声から感じた。

続きを読む

【笹木勇一郎コラム】フットボール・アンセム9

第9回 夢見るのはクラブと共に進化するスタジアム

メインアー写切り抜き小



 こんにちは。
 笹木勇一郎です。
 この夏、活動名を笹木ヘンドリクスから、笹木勇一郎へ改名しました。
「だから?」と思われる方も多いでしょうが、そもそも「笹木ヘンドリクス」自体が、わかりづらいという声もあったかもしれません。でも、改名と言っても、笹木勇一郎は本名なので、心機一転感には乏しさもありますが、さらに軽いフットワークで、弾き語りライブなどもバリバリやっておりますので、そちらもよろしくお願いします。

 札幌生まれの僕にとり、「秋が短い」のは当然の感覚ですが、今年の秋は本当に短いですよね。
 夏の暑さが終わったと思ったら、9月23日に、湘南ベルマーレのJ1昇格が決定しました。史上最速で。僕が平塚でコンサドーレ札幌戦を観戦したのは、シーズン序盤のことでしたが、「チームの土台が仕上がっているなぁ」という安定感をうらやましく思ったものです。そして10月11日にJ2優勝を決めたわけですが、湘南、J2初優勝というのは意外でしたね。

 今シーズンの札幌に対しては、戸倉賢や小野伸二の加入などもあり、僕自身はちょっと大きめの期待を抱いていたのですが、7月末からの4連敗を経て、27節終了時点で9勝7分11敗の13位という成績。8月23日にイヴィッツァ・バルバリッチ新監督の就任が発表されました。実質指揮をとるのは9月に入ってからという話だったし、残り2か月で急にチームが変わることもないだろうし、「来季へ向けて始まったな」という気持ちが強かったのです。
 しかし、名塚善寛監督代行が指揮をとった3試合を2勝1分で乗り切ると、バルバリッチ監督就任以降は4勝2分2敗。10月26日にはホームで、湘南を破り、J1昇格プレーオフ圏内の可能性が生まれています。昨シーズンは、最終節に勝てず、プレーオフ出場権を逃してしまいました。今季も最後まで楽しませてもらいたいと思います。

 続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ