VIVA! ROASSO 熊本地震からの歩み 

第6回 「10月30日、首位札幌に勝った日」  文・山雄樹


熊本地震に負けず、J2残留を決めたロアッソ熊本。シーズン終盤、首位北海道コンサドーレ札幌を相手に挙げた勝利は、残留に近づく、そして、クラブの理念である「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」届ける大きな勝点となった。その試合を振り返りたい。

「めっちゃ楽しい試合!」
10月30日(日)にホーム・うまかな・よかなスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第38節、ロアッソ熊本対北海道コンサドーレ札幌。勝点40で18位のロアッソが、勝点78で首位、早ければ、この次の試合でJ1昇格(自動昇格の2位以内)が決まるという札幌を迎えての一戦だった。

この試合に合わせて、「くまもとサッカーフェスタ」と銘打った年に一度のイベントが行われた。「ロアッソ熊本をJ1へ」県民運動推進本部という県体育協会や県サッカー協会が中心となって2009年に設立された団体(前身は2004年12月に発足した「熊本にJリーグを」県民運動推進本部)や、県サッカー協会、ロアッソの運営会社アスリートクラブ熊本、地元新聞社の熊本日日新聞社がつくる「みんなで行こうJ実行委員会」が主催し、私が勤務する熊本放送も協賛社に名を連ねている。

このイベントは今年で10回目を迎える。県内の自治体が制作したゲートフラッグが飾られたり、県内各地のマスコットキャラクターが集まってパフォーマンスを披露したりして、スタジアムは、楽しげな空気に包まれる。

そして、今年は、「復興支援企画」として、熊本地震で特に大きな被害を受けた7町村(大津町・南阿蘇村・西原村・御船町・嘉島町・甲佐町・益城町)の住民が無料招待された。

「めっちゃ楽しい試合!」という言葉は、招待チケット受け取りブースで、話をきいた男子児童の言葉である。大津町から来たという父、母、児童2人の4人家族に「きょう、どんな試合をしてほしいですか」とたずねたところ、その男子児童が周囲に響き渡るほどの大きな声で、少し飛び跳ねながら、答えてくれたのだ。

続きを読む

VIVA! ROASSO 熊本地震からの歩み 

第5回 「J2残留決定。」  文・山雄樹


「僕らを支えてくれたサポーターや、熊本の皆さんに、感謝の気持ちしかないですし、点数で言うと、かなり低いパフォーマンスだったと思いますけど、残留できましたし、未来につながるような1年だったと僕自身は思っています。今年、経験した事を、今後も継続して、自分達のチームの中で共有して、来年はJ1を目指せるようなポジションに行きたい」と、巻誠一郎は語った。

ロアッソは、11月12日(土)、今シーズンの41試合目、ホーム最終戦で、FC岐阜に1対0で勝ち、J2残留を決めた。

うまかな・よかなスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第41節、ロアッソ熊本対FC岐阜。ロアッソのホーム最終戦は、勝点43で18位のロアッソと、勝点40で19位の岐阜、ともにJ2参入9年目、J2残留をかけた「同期対決」だった。ロアッソは引き分け以上で、J2残留が決まる。つまり、残留まで、あと勝点1まで漕ぎ着けていた。
 
ファンやサポーターの入場口近くのコンコースに、Jリーグクラブを中心に全国のサッカークラブのフラッグが縫い合わされた「絆のフラッグ」なるものが飾られていた。フラッグとともに掲示されていた資料によると、45チームの74枚のフラッグをつなぎ合わせたものだ。それぞれにメッセージが書き込まれていた。普段は、宮城県南三陸町の伊里前福幸商店街に飾られ、東日本大震災からの復旧、復興を応援している。

そのフラッグを、この日のために運んできたという長野県松本市に住むJ2松本山雅FCサポーターの男性が、ミサンガを配っていた。「潮風でフラッグが駄目になってしまうんですよ。でも、そのフラッグで、このミサンガを作っています」。そして、こう続けた。「まだ、皆さん、仮設住宅に住まれています。『復興』という言葉が『元通りになる』という意味なら、まだ0%ですよ」と、穏やかだが、力強い口調だった。

男性から勧められるままにミサンガを1本、受け取った。色は、もちろん、ロアッソのチームカラーである赤を選んだ。男性は「浦和かもしれないですよ」と笑った。
「大丈夫です。ロアッソ(当時ロッソ)が県内で最初に対外試合を行ったのが浦和レッズですから」と、クラブが発足した2005年2月20日に、このスタジアムで行われた練習試合の事を話そうと思ったが、スカパー!Jリーグ中継の放送開始時刻が迫り、時間もなかったので、後ろ髪を引かれる思いで、7階にある放送席に向かうことにした。もちろん、サッカーファミリーの絆の強さや、復興の難しさ、そして、実況アナウンサーとして、この一戦を伝えられるありがたさを感じながら。

続きを読む

VIVA! ROASSO 熊本地震からの歩み 

第4回 「励まし、励まされ。」  文・山雄樹


熊本地震発生から半年が過ぎた。ようやく業者の手が回るようになったのか、熊本市内の、熊本放送がある中央区や、私の自宅がある東区でも、補修工事や解体工事の現場が増えてきた。しかし、その光景から、地震からの復旧、復興への歩みを実感すると言うよりも、気付かなかった被害を知ることで、爪痕の深さを感じることの方が多い。

極めて個人的な事を言えば、私が三重県の鈴鹿市から熊本に来た1998年から、19年通い続けた美容院も、地震の影響で閉店を余儀なくされ、「地震さえなければ」と悔しい気持ちがこみ上げてくる。

ロアッソのホームスタジアム、うまかな・よかなスタジアムがある熊本県民総合運動公園からおよそ5劼里箸海蹐忙笋亮宅はある。震度7を2回記録した益城町と隣接していて、4月14日には震度6弱、16日には震度6強を観測した。自宅の壁にも多数のひびが入り、「一部損壊」という判定を受けたが、周囲には、それ以上の被害を受けた住宅や店舗も多く、今でも屋根がブルーシートに覆われたままだったり、重機がけたたましい音を立てながら、作業を続けていたり、すでに更地になってしまったり、そんな場所ばかりが目立つ。

スカパー!Jリーグ中継でロアッソのホームゲームを実況するため、自家用車を走らせ、毎試合、スタジアムに向かう。そんな地震の爪痕を見る度に、負けそうになる気持ちと、負けてはならない気持ちが混在し、何とも言えない気持ちになる。何と闘っているのか、地震の被害なのか、自分の弱さなのか、蓄積した心身の疲労なのか、その相手の得体は知れない。

続きを読む

【日本代表】勝ったからこその疑問、監督の本当にやりたいことは?

50分を過ぎたあたりの時点で、ハリルホジッチ監督はアップを続けていた山口をベンチに呼び寄せ、交代出場のための準備を促した。前半26分、トップ下で先発出場の清武が中央をドリブルで突破し、ボールを預けた本田を追い越して、受けたパスを中央に折り返し、原口が決めた先制点で1−0と日本がリードしている状況。

指揮官はアタッカーではなく、ボランチの交代を考えている。
その采配は2点目を奪うのではなく、このまま逃げ切ろうというサインになるのではないか?
残り時間はまだたっぷりあったし、今日のイラクは過去にないほど積極的に戦う、侮れない相手だ。同点にされないという保証はない。

流れのなかで 日本の守備陣に大きな欠陥は見られなかったが、セカンドボールを拾っている回数はイラクのほうが多かった。日本はたびたびパスミスを繰り返してもいた。そして、コーナーキックではイラクは様々なバリエーションを披露している。3分にもCKからサード・アブドゥルアミールがポスト直撃のヘディングシュートを放っている。

第4審判に交代の申請を行った直後の60分、FKを得たイラクはサード・アブドゥルアミールのヘディングシュートで同点に追いつく。マークについていたのは前半のCKと同じ酒井(高)だった。
失点直後からしばらく、ベンチのなかで(いつものテクニカルエリアではなく)、ハリルホジッチ監督は文字通り動けなかった。山口へアップに戻るように指示を出しただけで、フリーズしたように固まっていた。
そして67分、山口は柏木に代わりピッチへ送り出される。

続きを読む

バイエルンと引き分け、ケルン大迫にさらなる自信

今季負けの無い3位ケルンは、10月1日絶対王者バイエルンミュンヘンのホームスタジアム、アリアンツアリーナへ乗り込んだ。1部に昇格後、リーグ戦では4度バイエルンと対戦しているケルンだが、1度も勝っていない。アリアンツアリーナでは4−1、4−0と大敗を喫している。

1位対3位の上位対決ではあったが、キックオフ早々から、力の差を感じさせられる展開が続いた。ボールを繋ぎ、敵陣へと攻め入るバイエルン。ケルンはその攻撃を受け止める立場に立たざるを得ない。しかし、ケルンは決して受け身ではなかった。相手のパスをインターセプトして、カウンター攻撃を仕掛けるシーンを作ることには成功していた。

22分には大迫が抜けだし、ドリブルでゴールを狙う。シュートはノイアーにキャッチされたが、2戦連続ゴールと調子をあげているからこその力みの抜けた柔らかいプレーだった。当初はほとんどパスが来なかったが、30分過ぎからケルンが “らしい”プレーを展開し始める。カウンターだけでなく、DFラインからパスを繋ぎ、ボールを運んだのだ。

しかし、39分、先制点を決めたのはバイエルンミュンヘンだった。

「1−0になっても慌てずに戦えたことがもっとも良かった」と振り返った大迫は、後半早々の48分CKからヘディングシュートを放ったが、わずかに外してしまう。けれど、この試合の後半はケルンペースの試合になったと言ってもいい。果敢に縦パスを入れて、得点機を作ろうとチャレンジしていた。その軸になっているのはもちろん大迫。2トップでコンビを組むモデストとの相性も良く、横並び、縦並びとポジションを変えながら、味方のパスを引き出している。

そして63分、モデストのゴールで同点に追いついたケルンは、ゲームの主導権を握った。もちろん、ボールを保持していたのはバイエルンだったし、シュート数は少なくはなかったが、ケルンはおちついてゲームをコントロールしていた。

続きを読む

W杯最終予選を前に「木を見て、森を見ずになっていないか?」

ヨーロッパでの取材を始めて1週間が経った。
4試合を観戦し、現地で長期に渡り取材する記者の方からいろいろな話を聞かせてもらった。もちろん選手たちの話も聞いた。そこで感じるのはクラブチームの進化の速さだ。進化ではなく変化に留まっているチームもあるけれど、現状に満足するのではなく、常に新しい選手、新しい戦術にトライし、停滞を嫌う空気を強く感じる。積極的に新陳代謝を促す土壌がここにはある。

そういうサッカー界において、日本代表の歩む速度が気にかかる。
「アジア諸国は急速に成長している」と田嶋会長はいうけれど、成長の可能性が最も高いのは日本であってもまったく不思議ではなかったはずだ。次々と欧州へ挑戦する選手がいて、組織としてのキャリアや実績もあり、国内リーグの成熟度はアジアの他国を圧倒的に引き離している。
にもかかわらず、なぜ、これほど強い停滞感を抱いてしまうのだろう。

まずは、自分の正当性を主張する指揮官
だから現状説明が言い訳に聞こえる


9月29日。英国レスターからドイツのゲルゼンキルヘンへの移動中に、ハリルホジッチ監督の会見テキストを読んだ。いつか「今日は良い材料が揃わなかったので、店、開けられません」みたいなことになったら面白いなぁと不謹慎にも思ってしまった。

クラブの監督に比べたら、代表監督には豊富な材料からの選択肢があるはずだ。しかし、代表監督は、クラブの監督のように自分で素材を作ったり、養殖したり、育てる時間はないし、収穫や狩りに出かけることもできない(帰化という方法はあるけれど)。それは、日本代表に限った話ではなく、すべての代表監督に共通すること。だからこそ、引き受けたからにはある材料で、満足できる皿を作ってほしいのだ。

続きを読む

格上シャルケに敗れるも「やりたいことはできた」と南野 。「いい選手はいるから慣れてくれば良くなる」とスタンド観戦の内田

リーグ戦開幕から5連敗で最下位に沈むシャルケは、9月29日、ヨーロッパリーグ第2節、ホームにザルツブルグを迎えた。ザルツブルグは今季9試合を終えてリーグ2位に位置している。

9月25日のホッヘンハイム戦から4人のメンバーを代えて挑んだシャルケは、15分にゴレツカのゴールが決まり1−0のリードで迎えた後半早々の47分にオウンゴールで加点し、58分に3点目をマーク。ホーム今季初勝利を大きく引き寄せた。

ベンチスタートだったザルツブルグの南野は、65分に出場。72分にザルツブルグは1点を返したが、試合は3−1でと終了する。

「組み立てのところで、やりたいように形になりつつあるところがあって、それは自分たちでも意識しているんですけど、やっぱり最後のシュートのところが少なかった。後ろからの組み立てのところは落ち着いてやれているんですけど、最後のところで高い質ではできなかった。国内でやっていたらもっとチャンスはあるし、そういうのと比べると今日は、ひとつ格が上がった相手にこんなもんなのかなっていう感じですね」

3−0という状況で途中出場した南野が試合を振り返り、ヨーロッパリーグ2連敗という現状を「国外クラブとの試合の難しさがある」と語った。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ