寺野典子 : FOOTBALL WEEKLY

寺野典子

内田篤人が語った“これから”の生き様 「無理してもがんがん行くよ、俺は」

「長い間休んでいたんだから、時間がかかるのはしょうがない」

「ここはいいスタジアムだよね、今日なんて4分に退場者が出て10人になったけど、(スタンドを埋めた人たちは)本当に12人目の選手だった。ファンじゃないサポーター。選手は戦えるし、走れるよ。最後はやられちゃったけど。本当にいいスタジアムのチームに居させてもらえているなって思う。入団前に1度見に来て、いいスタジアムだなって思ったけど、やっぱり日を重ねる毎にその思いが強くなるよ。苦しいときに助けてくれるなからね」

 開始4分でセンターバックのナルドが一発退場。それでも、守備を固めながら粘り強く戦ったシャルケ。89分に失点し、敗れてしまったものの途切れることなく、歌い、手を叩き、コールをおくり続けたサポーターを内田篤人が称えた。

 12月8日ヨーロッパリーグ対ザルツブルグ戦で83分に途中出場し、1年9カ月ぶりに公式戦復帰を果たした。消化試合ではあったが先制点を許した状況での起用。「長いリハビリを頑張りましたっていう、ご褒美みたいなものだけれど、監督には感謝している。次の目標はホームのフェルティンス・アレーナでプレーすること」と話していた。

 しかし、この日の試合はベンチ外だった。
「この前の試合は消化試合だったし、メンバーもだいぶ変わっている中で、ある程度チャンスを貰えるかなとは思っていたけれど、今日みたいに誰かがすぐに退場したり、怪我をしたときに、『お前90分ちゃんとできるのか?』って言われたら、『いやまだ10分しかやってません』っていう状況だからね。そこらへんはわかっているけど、早く出たいっていうか、時間がね、やっぱり、もどかしいなとは思う。監督がどういう風に使おうと思っているのかは、監督の考えだから。長い間休んでいたんだから、練習も含めて長い期間プレーしないと次へは進めないのかなとも思う。だから、少しずつ少しずつ。時間がかかるのはしょうがない」

続きを読む

【日本代表】勝ったからこその疑問、監督の本当にやりたいことは?

50分を過ぎたあたりの時点で、ハリルホジッチ監督はアップを続けていた山口をベンチに呼び寄せ、交代出場のための準備を促した。前半26分、トップ下で先発出場の清武が中央をドリブルで突破し、ボールを預けた本田を追い越して、受けたパスを中央に折り返し、原口が決めた先制点で1−0と日本がリードしている状況。

指揮官はアタッカーではなく、ボランチの交代を考えている。
その采配は2点目を奪うのではなく、このまま逃げ切ろうというサインになるのではないか?
残り時間はまだたっぷりあったし、今日のイラクは過去にないほど積極的に戦う、侮れない相手だ。同点にされないという保証はない。

流れのなかで 日本の守備陣に大きな欠陥は見られなかったが、セカンドボールを拾っている回数はイラクのほうが多かった。日本はたびたびパスミスを繰り返してもいた。そして、コーナーキックではイラクは様々なバリエーションを披露している。3分にもCKからサード・アブドゥルアミールがポスト直撃のヘディングシュートを放っている。

第4審判に交代の申請を行った直後の60分、FKを得たイラクはサード・アブドゥルアミールのヘディングシュートで同点に追いつく。マークについていたのは前半のCKと同じ酒井(高)だった。
失点直後からしばらく、ベンチのなかで(いつものテクニカルエリアではなく)、ハリルホジッチ監督は文字通り動けなかった。山口へアップに戻るように指示を出しただけで、フリーズしたように固まっていた。
そして67分、山口は柏木に代わりピッチへ送り出される。

続きを読む

バイエルンと引き分け、ケルン大迫にさらなる自信

今季負けの無い3位ケルンは、10月1日絶対王者バイエルンミュンヘンのホームスタジアム、アリアンツアリーナへ乗り込んだ。1部に昇格後、リーグ戦では4度バイエルンと対戦しているケルンだが、1度も勝っていない。アリアンツアリーナでは4−1、4−0と大敗を喫している。

1位対3位の上位対決ではあったが、キックオフ早々から、力の差を感じさせられる展開が続いた。ボールを繋ぎ、敵陣へと攻め入るバイエルン。ケルンはその攻撃を受け止める立場に立たざるを得ない。しかし、ケルンは決して受け身ではなかった。相手のパスをインターセプトして、カウンター攻撃を仕掛けるシーンを作ることには成功していた。

22分には大迫が抜けだし、ドリブルでゴールを狙う。シュートはノイアーにキャッチされたが、2戦連続ゴールと調子をあげているからこその力みの抜けた柔らかいプレーだった。当初はほとんどパスが来なかったが、30分過ぎからケルンが “らしい”プレーを展開し始める。カウンターだけでなく、DFラインからパスを繋ぎ、ボールを運んだのだ。

しかし、39分、先制点を決めたのはバイエルンミュンヘンだった。

「1−0になっても慌てずに戦えたことがもっとも良かった」と振り返った大迫は、後半早々の48分CKからヘディングシュートを放ったが、わずかに外してしまう。けれど、この試合の後半はケルンペースの試合になったと言ってもいい。果敢に縦パスを入れて、得点機を作ろうとチャレンジしていた。その軸になっているのはもちろん大迫。2トップでコンビを組むモデストとの相性も良く、横並び、縦並びとポジションを変えながら、味方のパスを引き出している。

そして63分、モデストのゴールで同点に追いついたケルンは、ゲームの主導権を握った。もちろん、ボールを保持していたのはバイエルンだったし、シュート数は少なくはなかったが、ケルンはおちついてゲームをコントロールしていた。

続きを読む

W杯最終予選を前に「木を見て、森を見ずになっていないか?」

ヨーロッパでの取材を始めて1週間が経った。
4試合を観戦し、現地で長期に渡り取材する記者の方からいろいろな話を聞かせてもらった。もちろん選手たちの話も聞いた。そこで感じるのはクラブチームの進化の速さだ。進化ではなく変化に留まっているチームもあるけれど、現状に満足するのではなく、常に新しい選手、新しい戦術にトライし、停滞を嫌う空気を強く感じる。積極的に新陳代謝を促す土壌がここにはある。

そういうサッカー界において、日本代表の歩む速度が気にかかる。
「アジア諸国は急速に成長している」と田嶋会長はいうけれど、成長の可能性が最も高いのは日本であってもまったく不思議ではなかったはずだ。次々と欧州へ挑戦する選手がいて、組織としてのキャリアや実績もあり、国内リーグの成熟度はアジアの他国を圧倒的に引き離している。
にもかかわらず、なぜ、これほど強い停滞感を抱いてしまうのだろう。

まずは、自分の正当性を主張する指揮官
だから現状説明が言い訳に聞こえる


9月29日。英国レスターからドイツのゲルゼンキルヘンへの移動中に、ハリルホジッチ監督の会見テキストを読んだ。いつか「今日は良い材料が揃わなかったので、店、開けられません」みたいなことになったら面白いなぁと不謹慎にも思ってしまった。

クラブの監督に比べたら、代表監督には豊富な材料からの選択肢があるはずだ。しかし、代表監督は、クラブの監督のように自分で素材を作ったり、養殖したり、育てる時間はないし、収穫や狩りに出かけることもできない(帰化という方法はあるけれど)。それは、日本代表に限った話ではなく、すべての代表監督に共通すること。だからこそ、引き受けたからにはある材料で、満足できる皿を作ってほしいのだ。

続きを読む

格上シャルケに敗れるも「やりたいことはできた」と南野 。「いい選手はいるから慣れてくれば良くなる」とスタンド観戦の内田

リーグ戦開幕から5連敗で最下位に沈むシャルケは、9月29日、ヨーロッパリーグ第2節、ホームにザルツブルグを迎えた。ザルツブルグは今季9試合を終えてリーグ2位に位置している。

9月25日のホッヘンハイム戦から4人のメンバーを代えて挑んだシャルケは、15分にゴレツカのゴールが決まり1−0のリードで迎えた後半早々の47分にオウンゴールで加点し、58分に3点目をマーク。ホーム今季初勝利を大きく引き寄せた。

ベンチスタートだったザルツブルグの南野は、65分に出場。72分にザルツブルグは1点を返したが、試合は3−1でと終了する。

「組み立てのところで、やりたいように形になりつつあるところがあって、それは自分たちでも意識しているんですけど、やっぱり最後のシュートのところが少なかった。後ろからの組み立てのところは落ち着いてやれているんですけど、最後のところで高い質ではできなかった。国内でやっていたらもっとチャンスはあるし、そういうのと比べると今日は、ひとつ格が上がった相手にこんなもんなのかなっていう感じですね」

3−0という状況で途中出場した南野が試合を振り返り、ヨーロッパリーグ2連敗という現状を「国外クラブとの試合の難しさがある」と語った。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ