ヴェルダー・ブレーメンは18日、ペルー代表のクラウディオ・ピサロをチェルシーから獲得したと発表した。契約は3年間。

30歳になるストライカーは昨季、期限付き契約でブレーメンでプレーしたが、チェルシーに復帰後はカルロ・アンチェロッティ新監督の構想外となり、先週末のハル・シティとの開幕戦にもベンチ入りを果たせなかった。

ピサロは1999年から2001年までブレーメンでプレーし、その後はバイエルン・ミュンヘンで6シーズン過ごしている。チェルシーには2007年に移籍したが出場機会に恵まれず、昨季はブレーメンでリーグ戦26試合に出場し17ゴールを挙げ、完全移籍を望まれていた。

ピサロは、「ヴェルダーに戻りたかったんだ。だから、それが可能になってすごくうれしい。今は大きな家を探しているよ」と復帰を喜んだ。