惨敗に終わった東アジア選手権対韓国戦の翌日、岡田監督が犬飼会長に呼び出されての面談が行われた。中で何があったのかはわからないけど、結局岡田監督の続投が宣言された。
韓国戦が終わってから、メディアとファンによる岡田バッシングが高まりを見せ、呼び出し面談が終わる前までは、解任もあるか、という期待感にも似た空気があったね。ここまでひっ迫した状態になったのは岡田監督就任後初めてだ。
今さら言っても仕方がないが、それにしてもタイミングが遅すぎる。大手メディアは手の平を返したようにバッシングを始め、ファンもブーイングをし出したけれど、これまでの過程の中でもそうすべきタイミングはあった。
なんだか、ここへきて急に僕の仲間が増えた感じだよ。

いずれにしろ、岡田監督の続投は決まった。明らかにドイツW杯時よりレベルが低く、固定メンバーによる結果の出ない試合を繰り返してきたチームではあるが、最高責任者である会長はそう決めたんだ。
ならば、会長にはその責任を取るという態度を見せてもらいたいね。フランスW杯の時を思い出してほしい。故長沼健元サッカー協会会長は、コーチから急遽昇格させた岡田監督をフォローし、W杯後には敗戦の責任を取って本当に辞めたじゃないか。長沼さんの覚悟があったからこそ、岡田監督は戦えたのだ。
肝の据わった本来のリーダーシップだ。果たして今の会長にそれはあるのかな。

韓国戦後の面談は、犬飼会長、岡田監督、原強化委員長の三者で行われた。本来の体制図でいえば、監督の上にいるのは強化委員長で、その上に会長がいるのだけど、前任者の流れを受けているのか、とにかく前へ出てくるのは会長だ。試合後のコメントも恒例になっているが、普通は原さんの声がまず先に出てくるはずだよ。
そう考えると、原さんの位置づけは何だろう。いざというときに責任を取らされるだけの、防波堤にされているのかもしれないね。
「世界を驚かす覚悟はあるか?」と煽る前に、会長が自らの進退をかける覚悟を持つ方が先じゃないか?

それから最後にひとつ、犬飼会長は、協会への抗議電話の件数が200件と聞かされ、「たった200件?」と答えたというが、確かにそれほど堪えていないのだろう。昔は生卵も飛んだし、空港で水がかけられたなんてこともあった。何かを変えるには、今のブーイングはまだかわいい。もっともっと声を上げるべきだ。(了)

セルジオ越後 (サッカー解説者) 
18歳でサンパウロの名門クラブ「コリンチャンス」とプロ契約。ブラジル代表候補にも選ばれる。1972年来日。藤和(とうわ)不動産サッカー部(現:湘南ベルマーレ)でゲームメーカーとして貢献。魔術師のようなテクニックと戦術眼で日本のサッカーファンを魅了。1978年より(財)日本サッカー協会公認「さわやかサッカー教室」(現在:アクエリアスサッカークリニック)認定指導員として全国各地青少年のサッカー指導。現在までに1000回以上の教室で延べ60万人以上の 人々にサッカーの魅力を伝えてきた。辛辣で辛口な内容のユニークな話しぶり にファンも多く、各地の講演活動も好評。現在は日光アイスバックス シニアディレクターとしても精力的に活動中

●主な活動 テレビ朝日:サッカー日本代表戦解説出演「やべっちF.C.」「Get Sports」  日本テレビ:「ズームイン!!SUPER」出演中 日刊スポーツ:「ちゃんとサッカーしなさい」連載中 週刊サッカーダイジェスト:「天国と地獄」毎週火曜日発売 連 載中 週刊プレイボーイ:「一蹴両断!」連載中 モバイルサイト FOOTBALL@NIPPON:「越後録」連載中。セルジオ越後氏への各種ご依頼・お問い合わせはこちら