チェルシーのフランク・ランパードが、今季終了までにMFジョー・コールとの契約延長交渉を成立するよう、クラブに求めている。

交渉は2008年から続いているものの、J・コールは未だ新しい契約書にサインしていない。夏になればフリーエージェントで移籍できることから、トッテナム・ホットスパーやマンチェスター・シティといったプレミア勢がJ.・コールに注目している。

ランパードは「ジョーはファンタスティックな選手だ。チェルシーが彼を引き留めるのを僕は本当に望んでいるし、クラブ関係者全員が同様に考えていると思う。クラブにおける彼の個人的な位置づけは知らないけれど、チェルシーは彼を残留させたがっているし、選手たちも彼が留まるのを望んでいるのは確かだ」と語り、J・コールの必要性を主張している。