W杯予選 : FOOTBALL WEEKLY

W杯予選

[日本代表]最終予選初戦敗戦で抱くべきは未来への危機感だ

「最終予選の初戦を落とした国がW杯に出場したことがない」
ロシアW杯アジア最終予選UAE戦を前に、改めて“初戦”の重要性を訴えるような報道が相次いだ。加えて、連覇を逃した昨年のアジアカップで日本を破ったUAEを警戒する記事も多かった。そうした中、試合終了を告げる笛は鳴った。結果は1−2の負け。初戦に限らず、ホームでの敗戦は97年フランス大会予選以来。“まさか”の結果だった。


11分、清武のFKから本田が先制点をマークする。守備を固めた相手から奪ったゴールは“初戦”の難しさを払しょくしてくれるだろうという空気ができた。しかし、19分カウンターからマブフートのドリブルを許し、それを止めた吉田がイエローカード。与えたFKのボールは西川の手を弾き、ゴールネットを揺らす。ほとんど攻撃に出てこなかったUAEの一撃で、日本のアドバンテージは無くなってしまった。

右アウトサイドで起用された清武は持ち味であるパスで攻撃を演出し、1トップの岡崎はポジションを変えながら、パスコースを作る。本田と香川のコンビネーションで中央突破を仕掛ける場面も数多く見られたが、ワン・ツーとパスが繋がっても3本目に狙いを定めたDFによって、簡単にクリアーされてしまう。

動きなおしてパスを待っても、巧くパスが通らず、停滞感もうまれていた。惜しいシュートが何本かあったものの、1−1のまま前半が終了し、迎えた後半。前半には相手エースのオマル・アブドゥルラフマンを警戒してか、なかなか攻撃参加のなかった酒井高徳が高い位置でプレーする機会が増え、中央に偏りがちだった日本の攻撃に“幅”が生まれた。けれど、クロスボールからチャンスは生まれない。初出場の大島が中央に空いたスペースから、豪快なミドルシュートを放ったがGKにはじかれてしまう。

そして、52分、自陣でボールを受けた長谷部がドリブルで持ち上がろうとしたところでボールを奪われてしまう。その流れでアルハンマディがボールキープ。日本も3人の選手が対応するも大島がファールをおかし、PKの判定。逆転ゴールを許してしまった。

それでもまだ時間がある。粘り強く戦い続けて、チャンスをモノにしてきた歴史もある。ハリルホジッチ監督の打つ手を見守る。

続きを読む

【日本代表】イラクに快勝、これで予選の準備は万全?!

ワールドカップ予選を迎える日本代表にとって、アジアカップでベスト4に進んだイラク代表との対戦は最高のテストマッチとなった。

3月の初陣2試合を勝利で終えたハリルホジッチ監督は、「また今回の2試合も勝つぞ」と選手に発破をかけたという。その狙いは「勝利のスパイラル」を生むことだ。

就任以来、日本にはポテンシャルがあると言い続けてきた新指揮官は、先のW杯とアジアカップで結果を残せなかったことで、チームには「その失望が残っている」と見ている。底に沈んだ状態から浮上するためには勝ち続けることが最良と考えているのだろう。ただ、それも目先のことを考えての要求ではない。指揮官の選手起用は、はっきりと本大会を視野に入れた強化策を準備していることをうかがわせるものだったからだ。

「シンガポール戦は第一段階ですけど、第二段階もすぐにやってきて、W杯出場を決めるとなるともっと強いチームと戦わないといけない。世界でも有数の国とやらなければならない。そうすれば、またそこで結果を出さないといけない。W杯予選は明日(11日)に始まると思っています。イラク戦でしっかり準備して、シンガポール戦に向かいたい。W杯への準備は1カ月ではなく4年かかります。4年で本大会3試合の準備をするのです」

そう言って選手を送り出した監督に、イラク戦に臨んだ選手たちは序盤から高い集中力で応えて見せた。

続きを読む

【W杯予選】ベルギー、ドイツ、スイス、コロンビアがブラジル行き

■欧州予選
ここまでイタリアとオランダがW杯出場を決めているが、11日に行われた試合でベルギー、ドイツ、スイスがブラジル行きを決めた。

A組ではベルギーがアウェイでクロアチアと対戦、ルカクが2ゴールを決め、1−2で勝利し、W杯出場を決めた。クロアチアは2位でプレーオフにまわる。

B組ではすでに出場を決めているイタリアがアウェイでデンマークと対戦。デンマークはベントナーの2ゴールで一時はリードするが、後半追加タイムにイタリアはアクイラーニがゴールを決めて2−2のドロー。ブルガリアがアウェイでアルメニアに2−1で敗れたので、デンマークは勝利すれば2位に浮上できたのだが、引き分けに終わったため、勝点13でブルガリアに並んだものの得失点差で3位のまま。最終戦はブルガリアがチェコ、デンマークはマルタと対戦する。

C組では、ドイツがアイルランドと対戦、ケディラ、シュールレ、エジルのゴールで3−0と勝利し、本大会出場を決めた。また、スウェーデンはイブラヒモヴィッチの決勝点でオーストリアに2−1で勝利し、プレーオフ出場を決定した。

D組は、すでに出場を決めているオランダだが、ハンガリーに容赦なく襲いかかり、ファン・ペルシのハットトリックなどで、8−1で勝利した。2位争いは熾烈で、トルコ、ルーマニアが共に勝利で勝点を16に伸ばし、ハンガリーが14で続く。最終戦でトルコはオランダと対戦、ルーマニア、ハンガリーは下位のチームとの対戦となる。プレーオフ出場は3チームにチャンスがあるため、最後まで目が離せない組となった。

続きを読む

【鷲津正美コラム】ランパード感慨、代表100キャップ達成

イングランド代表MFフランク・ランパードが、10日のW杯予選対ウクライナで代表通算100試合出場を達成した。試合結果は生憎スコアレスドローで、勝ち点1を加算したイングランドはH組首位をかろうじてキープ。ランパードは「自分にとって特別な夜だった。非常にタフな試合だったからゲームだけに集中しようと努めた。でも代表100キャップを振り返ると長い道のりだったし、記録を達成出来てすごく嬉しいよ」と試合後のインタビューで語っている。

代表デビューは1999年10月。当時所属していたウェスト・ハムでの一貫したパフォーマンスが評価されて、ベルギーとの親善試合でデビューを飾った。試合は、いとこのジェイミー・レドナップが決勝ゴールを決めて2−1で勝利を飾っている。

ランパード自身の代表初ゴールは2003年8月のクロアチア戦。負傷したニッキー・バットに代わりピッチに立ったランパードがゴールを決めて、3−1で勝利した。途中出場前、ドレッシングルームでガレス・サウスゲイトが緊張する自分を落ち着かせようと言葉をかけてくれたことは、今でも鮮明に覚えているという。

続きを読む

【W杯予選】ベルギー、スペイン、イタリアなど突破に王手

■欧州予選
6日に行われたW杯欧州予選で、ウェールズはマケドニアに2−1で敗れたが、ガレス・ベイルに出場機会はなかった。ウェールズはこの敗戦で5位に後退、予選敗退が決まった。もともと2ヵ月半も公式戦出場がないベイルのフル出場はないと見られていたが、ゴールが必要なときに、少しの時間もプレーしなかったのには欧州のメディアも驚きを隠せないようだ。

ウェールズと同じA組のベルギーはアウェイでスコットランドを2−0で破り、W杯出場に王手をかけた。

B組では、首位のイタリアがジラルディ—ノのゴールで2位のブルガリアに1−0で勝利した。3位のチェコがホームでアルメニアに1−2で敗れたため、イタリアは10日のチェコ戦に勝てば2試合を残して突破が決まる。

C組では、ドイツがオーストリアに3−0と快勝し、2位に5ポイント差をつけ、こちらも王手をかけた。この日先制点を決めたクローゼ(35歳)は、往年の点取り屋ゲルト・ミュラー(当時西ドイツ)が39歳で記録した最多得点68点に並んだ。

D組は、6連勝中のオランダがアウェイでエストニアと対戦、ロスタイムにファン・ペルシがPKを決め、なんとか2−2で引き分けた。これでオランダは予選無敗記録を維持、予選突破にも大きく近づいた。


続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ