Jリーグ : FOOTBALL WEEKLY

Jリーグ

VIVA! ROASSO 熊本地震からの歩み 

第5回 「J2残留決定。」  文・山雄樹


「僕らを支えてくれたサポーターや、熊本の皆さんに、感謝の気持ちしかないですし、点数で言うと、かなり低いパフォーマンスだったと思いますけど、残留できましたし、未来につながるような1年だったと僕自身は思っています。今年、経験した事を、今後も継続して、自分達のチームの中で共有して、来年はJ1を目指せるようなポジションに行きたい」と、巻誠一郎は語った。

ロアッソは、11月12日(土)、今シーズンの41試合目、ホーム最終戦で、FC岐阜に1対0で勝ち、J2残留を決めた。

うまかな・よかなスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第41節、ロアッソ熊本対FC岐阜。ロアッソのホーム最終戦は、勝点43で18位のロアッソと、勝点40で19位の岐阜、ともにJ2参入9年目、J2残留をかけた「同期対決」だった。ロアッソは引き分け以上で、J2残留が決まる。つまり、残留まで、あと勝点1まで漕ぎ着けていた。
 
ファンやサポーターの入場口近くのコンコースに、Jリーグクラブを中心に全国のサッカークラブのフラッグが縫い合わされた「絆のフラッグ」なるものが飾られていた。フラッグとともに掲示されていた資料によると、45チームの74枚のフラッグをつなぎ合わせたものだ。それぞれにメッセージが書き込まれていた。普段は、宮城県南三陸町の伊里前福幸商店街に飾られ、東日本大震災からの復旧、復興を応援している。

そのフラッグを、この日のために運んできたという長野県松本市に住むJ2松本山雅FCサポーターの男性が、ミサンガを配っていた。「潮風でフラッグが駄目になってしまうんですよ。でも、そのフラッグで、このミサンガを作っています」。そして、こう続けた。「まだ、皆さん、仮設住宅に住まれています。『復興』という言葉が『元通りになる』という意味なら、まだ0%ですよ」と、穏やかだが、力強い口調だった。

男性から勧められるままにミサンガを1本、受け取った。色は、もちろん、ロアッソのチームカラーである赤を選んだ。男性は「浦和かもしれないですよ」と笑った。
「大丈夫です。ロアッソ(当時ロッソ)が県内で最初に対外試合を行ったのが浦和レッズですから」と、クラブが発足した2005年2月20日に、このスタジアムで行われた練習試合の事を話そうと思ったが、スカパー!Jリーグ中継の放送開始時刻が迫り、時間もなかったので、後ろ髪を引かれる思いで、7階にある放送席に向かうことにした。もちろん、サッカーファミリーの絆の強さや、復興の難しさ、そして、実況アナウンサーとして、この一戦を伝えられるありがたさを感じながら。

続きを読む

【セルジオ越後コラム】南米選手権不参加はタダじゃ済まない

日本代表の南米選手権参加の雲行きが怪しくなっているね。ホスト国であるアルゼンチンの複数メディアは、大会組織委員会のメイスネル会長が「日本の参加は非常に難しい状況だ」と語ったと報じ、アメリカのメディアは「日本の代わりにコスタリカが出場することになる」と書いている。南米サッカー連盟のフィゲレド副会長も、出演したラジオ番組内でコスタリカの代替出場を示唆したという。現地では日本の不出場は確定的となっているようだ。

日本では核心的なことがほとんど明かされず、海外から情報が入ってくるというのは、まるでどこかで聞いたような話だが、いずれにしろ、残念ながら日本が出場しない可能性は高まっている。


続きを読む

【セルジオ越後コラム】スタジアムでサッカーを叫べ

今週末からいよいよJリーグが再開する。地震発生から1ヶ月以上経った今も、被災地は復興の目処が立たず、放射能汚染の危機はすぐ目の前にあるが、リーグ戦の再開をもって、サッカー界も本当の意味で日常を取り戻す一歩を踏み出すことになる。

観戦に行ける人は、どんどんスタジアムに詰め掛け、チームを応援してほしい。チャリティマッチだけがサッカーじゃない。リーグ戦こそがサッカーの本分なのだから、できるだけスタジアムに行って、停滞しているサッカー界の血流をよくしてほしい。そうした経済活動は、日本の復興につながるものだよ。

サッカーだけでなく、日本のスポーツ界の将来は、今回の震災による影響で非常に厳しいものとなった。
続きを読む

【石井紘人レポート】Jリーグ開幕 今季の判定基準はいかに

■『フットボールコンタクト』に注目すべし
待ちに待ったJリーグが開幕した。早速、鹿島×大宮戦などエンターティメント溢れる“撃ち合い”も行われたが、それに一役買っているのが審判員だ。昨シーズンはすでにこの時期に混乱が起きていた判定基準。『ホールディング(手の不正使用)をしっかりと見極めよう』には選手だけでなく、「審判員のなかにも正当なものを不正使用としてしまった問題もある」と日本サッカー協会(JFA)審判部・松崎委員長は振り返る。

たとえば、「相手がどこにいるか探る手でファウルをとってしまっていた」という。実際は、そこに不用意な力が働いているかの見極めが重要なのに、だ。続きを読む

【セルジオ越後コラム】Jリーグのあり方には改革が必要

今週末26日に、シーズンの到来を告げるゼロックススーパーカップ(名古屋対鹿島 13:35KO)が開催される。その翌週にはいよいよリーグが開幕するね。

期待と不安、興奮が入り混じる、待ちに待った開幕。そうあってほしいのだけど、果たして世間的な盛り上がりはどうだろうか。

あまりネガティブなことは言うべきではないとの意見もあるけれど、Jリーグ人気が突き抜けない現状、観客動員数が減少している事実を考えると、そんな呑気なことは言っていられないよ。この国のサッカー界には改善すべき部分がたくさんあるのだから。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ