長谷部誠 : FOOTBALL WEEKLY

長谷部誠

土壇場で追いつかれたヘルタベルリン 原口は「不完全燃焼」

9月24日ブンデスリーガ第5節が行われた。
前節終了時点、勝ち点9で4位のフランクフルトは、同じく勝ち点9で5位のヘルタベルリンをホームに迎えた。19分ヘルタがPKを決めて先制。その後攻勢に出たフランクフルトが39分、45分とゴールを決めて逆転。しかし、58分、65分にヘルタが途中出場の右アウトサイドのエッスヴァインの活躍で加点し、2−3とリードしたが、終了間際にフランクフルトが同点に追いつく劇的な幕切れとなった。

第1節、第2節と連続マン・オブ・ザ・マッチに輝いたヘルタの原口元気は、前半こそ得意のドリブル突破で見せ場を作ったが、右サイドでの展開が続いた後半はほとんどボールを触る機会もなかった。
「落ち着いてはプレーできていましたし、後半もボールはこないけど仕方ないと思って、自分のやるべきことだけやろうとは思っていました。(パスが)1本あればいいなとは思ってましたけど、まぁなかったんで……」と、90分間プレーした原口は「不完全燃焼だった」と悔しさをにじませた。



続きを読む

【アルビレックス新潟 田中達也 連載コラム18】ReSTART

09_tatsuya_1FW第18回「24時間サッカーのために」



----------------------------------------------------------------------
 
先日の鳥栖戦で、ゴールを決めました。
今季2点目……。なかなか得点という形でチームに貢献できなかったので、格別な嬉しさがありました。最近少し意識してトレーニングをしていた、インサイドシュートでのゴールだったので、成果がでたのかもしれませんね。でも喜びもつかの間、もっともっとという想いが高まりました。

そんな僕のゴールを祝ってくれるメールがドイツから届きました。
ハセ(長谷部誠選手)からでした。今季からはフランクフルトでプレーしています。って、多分、僕が紹介しなくても、みなさんのほうが良くご存知かもしれませんね(笑)。

ハセは浦和レッズ時代の1年後輩の選手です。
でも、ハセ自身は“後輩”という意識がないんじゃないかな。僕のことを「達也」って呼びますし、僕自身もハセは後輩という風には考えてないから。同世代の友だちであり、ライバルです。
ハセが浦和にいたころは、いっしょに食事をしたりと、プライベートでも共に過ごす時間が長く、家族ぐるみの付き合いという感じでした。うちの子どもが産まれたときは、病院へ一緒に駆けつけたし、ハセが娘にミルクをあげている写真を見ると懐かしく思いますね。

ドイツへ移籍し、日本代表のキャプテンとして、ワールドカップで活躍し、ベストセラーを生み出すほどの影響力を持つようになったハセ。「真面目か!」とかって、イジられているのをテレビで見たり、キャプテンとしての凛々しい姿を目にする機会も増えました。でも、実際はまったく何も変わっていません。俺らの長谷部はずっと同じだなぁって思っています。
だからこそ、僕の中になる「ハセには負けられない」という気持ちも、出会ったころと同じなんですよ。

続きを読む

【アルビレックス新潟 田中達也 連載コラム4】ReSTART

09_tatsuya_1FW第4回「楽しさと厳しさと」



----------------------------------------------------------------------

 新潟へ来てもう半年が過ぎました。
 サッカー面での環境も素晴らしいけれど、新潟は本当に生活がしやすい街です。お米はもちろん、お魚も美味しいし、本当に充実しています。ただひとつ問題というか、まだ慣れていないことがあります。それは練習場までの運転。
 僕は車の運転がそれほど好きじゃないので、レッズ時代は5分くらいで練習場に到着していたんです。でも今は30分ちょっとかかるので、その移動が面倒というか……。まあこれもだんだん慣れていくんだろうなと思っています。


 5月18日の大分戦でやっと今季リーグ戦初ゴールを決めることができました。試合には負けてしまったけれど、「ゴールおめでとう」とたくさんの方から祝福をいただき、喜びとともに、「もっともっと活躍しなくちゃいけないなぁ」と改めて感じました。

 それでもリーグ中断前に決められたことで、ホッとした気持ちもあります。ずっと起用してもらっているのに、ゴールが決められないという現実に、焦っていたわけではないけれど、やっぱり「早くゴールを」という思いがずっとありました。サポーターの声援に応えるにはやっぱりゴールが一番だから。
続きを読む

【寺野典子コラム】1カ月ぶりの実戦、キャプテン長谷部の決意

 フランス、ブラジルという世界のトップレベルとの親善試合を控えた日本代表は、10月8日からパリ郊外で合宿をスタートさせた。
 その2日目の練習前に前田遼一が前日の練習で左もも裏に痛みがあるという理由で帰国することと、代わりに佐藤寿人の招集が発表される。10月7日の試合でふくらはぎを打撲した本田は、グラウンドに姿を見せたが、しばらくしてホテルに戻り、前日同様にホテルで別メニュー調整となった。
 
 初日の練習後「思いっきりサッカーをやったなって感じはあるかなぁ」と笑顔で、取材に応じた長谷部誠。
 所属するヴォルフスブルクでは、今季は試合出場機会がない。彼の処遇については、ドイツメディアでもいろいろ報道されている。
続きを読む

長谷部守備で貢献、ヴォルフスブルク降格圏脱出

29日に行われたブンデスリーガの試合で、ヴォルフスブルクがヴェルダー・ブレーメンに1−0で勝利し、残留に望みをつなげた。

アウェイのヴォルフスブルクは前半途中にシセロのシュートのリバウンドをリーターが決めて先制。66分から途中出場した長谷部誠はその直後にFKをラインぎりぎりでクリアするなど守備に貢献し、チームは2連勝とした。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ