長谷部 : FOOTBALL WEEKLY

長谷部

【寺野典子リポート】長谷部・清武、直接対決を語る

 シーズン開幕戦で勝利を飾り、第2節にもドルトムントに引き分け好スタートを切ったニュルンベルクだが、その後失速し、5勝5分7敗という成績でシーズン前半を終了。しかし、ウィンターブレイク後はドルトムントに敗れたものの、その後の7試合を3勝4分という粘り強さを見せている。前節ではホームでシャルケを3−0と粉砕。3連勝をかけ、3月31日ヴォルフスブルクのホームへ乗り込んだ。

 ヴォルフスブルクは、勝ち点31で14位だが、11位のニュルンベルクとの勝ち点差はわずかに3。今季ホームでの13試合は、2勝5分6敗と分が悪い。しかし、開始3分にジエゴがFKから見事なゴールを決めて先制すると、27分にはオリッチが加点。その後も反撃に出るニュルンベルクの裏を狙い何度かチャンスを作るが、前半は2−0で終わる。
 長谷部は右サイドバックで、清武もトップ下で先発出場し、後半もピッチに立った。

 後半はニュルンベルクが攻勢をしかけ、61分にはシモンズが蹴ったミドルシュートがゴールイン。本人も驚くミラクルゴールで2−1にし、ヴォルフスブルクを圧倒。66分には清武のFKをニルソンが決めて同点に追いつく。その後、ホームのヴォルフスブルクが攻めに出たが、追加点を決めることは出来ず、試合は2−2で終了。
 長谷部、清武ともにフル出場。ニュルンベルクの金崎は試合終了間際の89分に途中出場している。

 この結果、ニュルンベルクは11位のままだが、ヴォルフスブルクは勝ち点を伸ばし12位に浮上した。

続きを読む

【試合後コメント】長谷部「勝たないと意味がない」

3月2日 ヴォルフスブルグ対シャルケ戦後(取材/寺野典子)

右サイドバックで先発出場した長谷部誠。同点弾の起点となるプレーを見せたが、再度リードを奪われ76分に交代。チームはその後、2失点し、ホームで1−4で敗れた。

----------------------

前半も相手にチャンスを作られ、先制点を決められた、こっちもチャンスがあった。お互い締まりのない試合かなというのもあった。ハーフタイムでは、もう少しアグレッシブに行こうという感じの話をしていて、後半早い時間に追いつけたので、これは行けるなと思ってたけど、2点目をああいう風に簡単にとられてしまった。

バイエルン戦ならリベリとか、今日ならバストスとか、ああいう強烈な選手を抑えるという意味で自分が試合に出ていると思うので。そういう選手に決定的な仕事をさせないというのが、自分の仕事ではある。今日もそれは出来たと思うけれど、結局はチームが勝たないと意味がない。試合に出たときは、自分のサイドからは失点させないというテーマで挑んでいるけれど。もう少し攻撃でボールを呼び込みたい。ボールを触れてば、もっと攻撃的なプレーできると思うので。

続きを読む

【26日の日本人選手@欧州】

26日の日本人選手@欧州】
■香川真司 (ボルシア・ドルトムント/ドイツ)シャルケ戦78分からプレー。2−0勝利で暫定首位。
■内田篤人(シャルケ/ドイツ)ボルシア・ドルトムント戦フル出場、2−0敗戦で4位。
■細貝萌(アウグスブルク/ドイツ)ヴォルフスブルク戦フル出場、2−0でようやく今季2勝目も再開脱出はならず。
■長谷部誠(ヴォルフスブルク/ドイツ)アウグスブルク戦86分までプレー。2−0敗戦で12位に後退。
■矢野貴章(フライブルク/ドイツ)ホッフェンハイム戦ベンチ外、1−1のドローで17位。

■森本貴幸(ノヴァラ/イタリア)パルマ戦ベンチ外、2−1勝利。

■阿部勇樹(レスター/イングランド2部)ポーツマス戦ベンチ外、1−1のドロー。

■宮市亮(アーセナル/イングランド)フラム戦ベンチ外(ケガで離脱中)、1−1のドロー。

■松井大輔(ディジョン/フランス)ナンシー戦ベンチ外、2−1勝利。

■吉田麻也(VVVフェンロ/オランダ)デフラースハップ戦フル出場2−1敗戦。
■カレン・ロバート(VVVフェンロ/オランダ)デフラースハップ戦86分からプレー。2−1敗戦。

■川島永嗣(リールス/ベルギー)クラブ・ブリュージュ戦フル出場も1−0敗戦。

香川が最終戦出場、岡崎2試合連続ゴール、長谷部のヴォルフスは残留決定

14日にブンデスリーガ最終節の全試合が同時キックオフで行われ、すべての順位が決定。最後までもつれた残留争いは、3−1でホッフェンハイムに逆転勝ちしたヴォルフスブルクが残留を決めた。

すでに9季ぶり7度目の優勝を決めているボルシア・ドルトムントはホームを黄色に染めたファンの声援を受け、アイントラハト・フランクフルトに3−1の逆転勝利。88分には、1月のアジアカップでケガをして以来戦列を離れていた香川真司が久しぶりにピッチに登場し、大歓迎を受けた。

また、バイヤー・レヴァークーゼンはフライブルクを1−0で下して、ドルトムントに次ぐ2位でフィニッシュ。フライブルクの矢野貴章は90分に途中出場。

バイエルン・ミュンヘンはシュトゥットガルトに2−1で逆転勝ちしたが、レヴァークーゼンに3ポイント及ばず3位。なお、シュトゥットガルトの先制点を上げた岡崎慎司は前節に次ぐ2試合連続ゴールだった。

続きを読む

バイエルン大勝で3位以内確定、岡崎移籍初ゴールでシュトゥットガルト残留決める

7日にブンデスリーガ第33節の全試合が行われ、バイエルン・ミュンヘンがアウェイでザンクト・パウリと対戦、ゴメスのハットトリックにロッベン、リベリが2点ずつを決めるなど、8−1で大勝した。この結果、バイエルンはCL圏内の3位以内を確定。敗れたザンクト・パウリは1シーズンでの降格が決定した。

また、シュトゥットガルトは4位ハノーヴァーと対戦し、岡崎慎司の移籍初ゴールが決勝点となり、2−1で勝利。勝ち点を42に伸ばして11位に浮上し、残留を決めた。





続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ