釜本邦茂 : FOOTBALL WEEKLY

釜本邦茂

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第2回

 今月初めに出版された『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』(Football Weekly編集部訳)のなかに、日本サッカーのファンには懐かしい顔が登場している。デットマール・クラマーさんだ。
 しかし、クラマーさんの登場にはいささか驚いたというのが本音だった。というのも、本書は最新戦術とトレーニングを紹介している本であり、引用されている監督も現代サッカーを代表するペップ・グアルディオラであり、ジョゼ・モウリーニョであったりするからだ。サッカーの基本を語る時に、クラマーさんのことが引用されているのは、クラマーさんをリアルに知っている世代としては、素直に嬉しかったし、欧州におけるクラマーさんの偉大さを改めて思い知らされた。

 彼の言葉として引用されたのは「『より良いこと』が可能ならば、『良い』は十分ではない」というものだ。さらに上を目指すものにとっては当たり前の言葉だろうが、クラマーさんはそれを適確に表現していた。
 そこで、クラマーさんの生んだ最高傑作といえる、日本を代表するFW釜本邦茂(サッカー協会顧問)さんにクラマーさんのことなどを聞いてみた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最高ができるなら、最良ではだめ」というのはよく言われていたね。ベターではだめ、ベストになれって。

 クラマーさんと初めて会ったのは16歳の頃だから、はや半世紀を越えているね。僕らの頃は、ただ、蹴って走ってゴールを目指せばいいという時代だから、まず、サッカーに必要なのは3Bとクラマーさんに言われた時には、いささか驚いた。Ballコントロール、Bodyバランスと体力、Brain頭なんだが、それが実際の練習でも常に問われていたんだ。

 練習ではボールをつまらないミスで逃すと本当に怒られた。とにかくクラマーさんがいると集中していたね。でも、クラマーさんが目を離すとつい気が抜けてミスするんだ、そうすると「正確に=genauゲンナウ」ってドイツで叫ばれる。どこで見ていたのか、しっかり横目で見ていたのかもしれないけど、こちらは見てないと思っていたから、驚いたね。

続きを読む

「FWはMFの家来ではない」いまなお響く釜本氏の言葉

coverザックジャパンは順調に船出した。親善試合とはいえ、アルゼンチンに1−0で初めて勝ち、韓国とは0−0で引き分けたものの、90分間にわたって有効な攻めを繰り広げた。しかし、この2試合に関するメディアの評価は「日本的」だと思う。攻めのプロセスは良い。だから、期待感を抱かせる。そういう論点から高評価を与えているようだ。

しかし、最後に点が取れない状況がそう簡単に解決できないという現実が続くことを示した2試合でもあったはずだ。今のメンバーを見渡すと、絶対的に頼れるFWという存在はいない。アルゼンチン戦で相手GKのこぼれ球にいち早く反応してゴールを決めた岡崎慎司が、辛うじて「期待できる」存在ではあるが、「頼れる」次元には至っていない。注目を浴びるのは香川真司であり、本田圭佑である。みんな生粋のFWではない。日本は相変わらず、中盤王国なのだ。

そういえば日本には過去、絶対的といえるストライカーがいた。1968年メキシコ五輪得点王の釜本邦茂氏である。国際Aマッチ76試合で75得点。岡崎が35試合で18点。比べものにならない。もちろん、釜本氏の75得点には弱小フィリピン相手の6得点やスリランカ戦の5得点が含まれており、今の日本代表より、アジアの弱小国と当たることが多かったことは差し引かなければいけないだろう。ただ、日韓戦に限って紐解いてみると、釜本氏は15試合で7得点。代表通算89試合55得点の三浦知良も53試合21得点の中山雅史も、韓国戦に限ればいずれも8試合で3得点だったから、やっぱり釜本氏はすごいのだ。

その釜本氏の近著「最前線は蛮族たれ」(集英社新書)を読んだ。その歯切れの良さは、批判の プロ、セルジオ越後と双璧かもしれない。自分を「チームのために自分が生きようとなりふり構わず走り、周囲から突き抜けている蛮族だ」と自認し、「FWはMFの家来ではない」「点が取れないFWが『守備への貢献した』などというのは言い訳だ」「点の取り方は監督の戦術に左右されるものではない」と言い放つタフな精神性は、あまりに本質を突いていて痛快極まりない。

たぶん、釜本氏は誤解されやすい人なのだと思う。歯に衣着せぬ言動しかできず、嘘がつけない人なのだろう。日本サッカー協会では最近まで副会長を務めていたが、今は追い出されてしまったはずだ。不器用だけど、本質を突くようなことを言う人を抱えておける懐の広さが日本サッカー協会にもあればいいのだけど、率直な人を煙たく感じる空気はどの組織にもあるものだ。

この本を精読すると、釜本氏のゴールラッシュには合理性があったことがよくわかる。「チームとしてゴールを入れる型を作っておかなければいけない。それを主導するのはFW自身だ。『ボールをこう出してほしい』『こういう状況でパスが出てくればこう動く』とFWが周囲に言い続け、個人としてもチームとしてもベストの形を作っていく」というのは、FWには絶対的に必要なことになのに、おそらく日本代表クラスの選手でも、今はそれができていないと思われる。ぜひ選手にも読んで欲しい本だ。

文/おかの徹

About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ