槇野 : FOOTBALL WEEKLY

槇野

香川が最終戦出場、岡崎2試合連続ゴール、長谷部のヴォルフスは残留決定

14日にブンデスリーガ最終節の全試合が同時キックオフで行われ、すべての順位が決定。最後までもつれた残留争いは、3−1でホッフェンハイムに逆転勝ちしたヴォルフスブルクが残留を決めた。

すでに9季ぶり7度目の優勝を決めているボルシア・ドルトムントはホームを黄色に染めたファンの声援を受け、アイントラハト・フランクフルトに3−1の逆転勝利。88分には、1月のアジアカップでケガをして以来戦列を離れていた香川真司が久しぶりにピッチに登場し、大歓迎を受けた。

また、バイヤー・レヴァークーゼンはフライブルクを1−0で下して、ドルトムントに次ぐ2位でフィニッシュ。フライブルクの矢野貴章は90分に途中出場。

バイエルン・ミュンヘンはシュトゥットガルトに2−1で逆転勝ちしたが、レヴァークーゼンに3ポイント及ばず3位。なお、シュトゥットガルトの先制点を上げた岡崎慎司は前節に次ぐ2試合連続ゴールだった。

続きを読む

ブンデスリーガ、日本代表所属クラブが残留争い

3日に行われたブンデスリーガの試合で、ヴォルフスブルクはアイントラハト・フランクフルトと1−1で引き分けた。長谷部誠はベンチ入りしたものの出場機会はなかった。しかし、勝ち点を28に伸ばしたことで、チームは順位を1つ挙げ、降格プレーオフの16位へ。すぐ上には勝ち点30で岡崎慎司所属のシュトゥットガルトがいる。

また、ケルンはニュルンベルクに1−0で勝利した。槇野智章はメンバー外だったが、この勝利で勝ち点を35に伸ばして、シャルケ04をかわして10位に浮上。内田篤人の所属するそのシャルケは、中止となったザンクト・パウリ戦について、勝利が認められれば勝ち点は36となる。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ