日本代表 : FOOTBALL WEEKLY

日本代表

[日本代表]最終予選初戦敗戦で抱くべきは未来への危機感だ

「最終予選の初戦を落とした国がW杯に出場したことがない」
ロシアW杯アジア最終予選UAE戦を前に、改めて“初戦”の重要性を訴えるような報道が相次いだ。加えて、連覇を逃した昨年のアジアカップで日本を破ったUAEを警戒する記事も多かった。そうした中、試合終了を告げる笛は鳴った。結果は1−2の負け。初戦に限らず、ホームでの敗戦は97年フランス大会予選以来。“まさか”の結果だった。


11分、清武のFKから本田が先制点をマークする。守備を固めた相手から奪ったゴールは“初戦”の難しさを払しょくしてくれるだろうという空気ができた。しかし、19分カウンターからマブフートのドリブルを許し、それを止めた吉田がイエローカード。与えたFKのボールは西川の手を弾き、ゴールネットを揺らす。ほとんど攻撃に出てこなかったUAEの一撃で、日本のアドバンテージは無くなってしまった。

右アウトサイドで起用された清武は持ち味であるパスで攻撃を演出し、1トップの岡崎はポジションを変えながら、パスコースを作る。本田と香川のコンビネーションで中央突破を仕掛ける場面も数多く見られたが、ワン・ツーとパスが繋がっても3本目に狙いを定めたDFによって、簡単にクリアーされてしまう。

動きなおしてパスを待っても、巧くパスが通らず、停滞感もうまれていた。惜しいシュートが何本かあったものの、1−1のまま前半が終了し、迎えた後半。前半には相手エースのオマル・アブドゥルラフマンを警戒してか、なかなか攻撃参加のなかった酒井高徳が高い位置でプレーする機会が増え、中央に偏りがちだった日本の攻撃に“幅”が生まれた。けれど、クロスボールからチャンスは生まれない。初出場の大島が中央に空いたスペースから、豪快なミドルシュートを放ったがGKにはじかれてしまう。

そして、52分、自陣でボールを受けた長谷部がドリブルで持ち上がろうとしたところでボールを奪われてしまう。その流れでアルハンマディがボールキープ。日本も3人の選手が対応するも大島がファールをおかし、PKの判定。逆転ゴールを許してしまった。

それでもまだ時間がある。粘り強く戦い続けて、チャンスをモノにしてきた歴史もある。ハリルホジッチ監督の打つ手を見守る。

続きを読む

【日本代表】東アジア杯、終盤の失点で黒星発信

 78分、88分に連続でゴールを決めた北朝鮮が歓喜に沸いていた。「決定的なチャンスはたくさんあったが仕事をしきれなかった」と苦虫を噛み潰したような表情で振り返ったヴァイッド・ハリルホジッチ監督ら、日本代表の面々は疲れ切った様子だった。

 序盤の3分、右サイドを駆け上がった遠藤航のクロスに武藤雄樹が飛び込むという、ともに代表初選出の選手が活躍したことで幸先の良いスタートを切ったように見えたが、その後、いくつもあった決定機を逃すと、アバウトでも前線にロングボールを蹴り込む北朝鮮の攻撃に押し込まれるようになる。後半途中から出場したパク・ヒョンイルの高さを封じることができず、1−2の逆転負けを喫した。

 高温高湿のなかでの試合を分けたのは、交代選手のパフォーマンスだったと言えるだろう。序盤の内容こそ圧倒的に日本が質の高さを見せたが、この暑さではその内容を90分間も持続できるはずもない。中国の「4大かまど」と称されてきた武漢での試合では、交代が勝負を分けることは事前にわかっていたはずだ。しかし、ハリルホジッチ監督の交代策はほとんど功を奏さなかった。交代した選手が1ゴール1アシストの活躍を見せた北朝鮮とは対照的だった。

続きを読む

【日本代表】イラクに快勝、これで予選の準備は万全?!

ワールドカップ予選を迎える日本代表にとって、アジアカップでベスト4に進んだイラク代表との対戦は最高のテストマッチとなった。

3月の初陣2試合を勝利で終えたハリルホジッチ監督は、「また今回の2試合も勝つぞ」と選手に発破をかけたという。その狙いは「勝利のスパイラル」を生むことだ。

就任以来、日本にはポテンシャルがあると言い続けてきた新指揮官は、先のW杯とアジアカップで結果を残せなかったことで、チームには「その失望が残っている」と見ている。底に沈んだ状態から浮上するためには勝ち続けることが最良と考えているのだろう。ただ、それも目先のことを考えての要求ではない。指揮官の選手起用は、はっきりと本大会を視野に入れた強化策を準備していることをうかがわせるものだったからだ。

「シンガポール戦は第一段階ですけど、第二段階もすぐにやってきて、W杯出場を決めるとなるともっと強いチームと戦わないといけない。世界でも有数の国とやらなければならない。そうすれば、またそこで結果を出さないといけない。W杯予選は明日(11日)に始まると思っています。イラク戦でしっかり準備して、シンガポール戦に向かいたい。W杯への準備は1カ月ではなく4年かかります。4年で本大会3試合の準備をするのです」

そう言って選手を送り出した監督に、イラク戦に臨んだ選手たちは序盤から高い集中力で応えて見せた。

続きを読む

【寺野典子コラム】日本代表「辛酸をなめたからこそ、質実剛健なチームに」

●練習試合の意義。深まるコニュニケ―ション

 これから本格的な夏へ向かおうとしている南半球のオーストラリアでのアジアカップ。陽が沈めば過ごしやすくはなるものの、暑熱対策が重要なカギとなる大会だ。
「4年前のカタール大会でも暑さはありましたが、湿度がとても低かった。しかし、オーストラリアは高温多湿です。初戦10日前に入り、日中に練習することで高温多湿に慣れ、しっかり汗線を開くトレーニングを行いました。試合時間は夕方なので、湿度も下がってくる。そうすると身体も動きやすくなりますから」と霜田技術委員長。

 チームは1月3日からセスノックという小さな町で5日間の合宿を実施。到着翌日には、早速オークランドシティとの練習試合、翌々日の5日は、控え組を中心に地元クラブチームと非公開で30分ハーフの試合を行っている。
 12月29日から始まった国内合宿を経ての長距離フライト。疲労を抱えた状態での試合だったが、選手の身体に暑さを実感させるために必要なトレーニングマッチだった。

 シーズンが終了しているJリーグに所属する選手にとっては、試合勘を取り戻すきっかけになり、欧州組にとっても、オーストラリアの気候を体感する絶好の機会となった。指揮官が掲げた「無失点」という課題は2試合ともにクリアしているが、連携面での課題を残す内容でもあった。

 しかし、そんな試合のあと、ピッチでは選手たちが会話を交わす光景が印象的だった。芝生に座り話し込む選手たちの輪が次第に大きくなったり、小さくなったり。ジョギングをしながら手振り身振りで熱心に話している者もいる。

「監督からいろんなアドバイスはあるけれど、『ピッチで表現するのは選手だ』ということをいつも言われている」とアギーレ監督就任第一戦目のあと、岡崎慎司が話していたし、その後も多くの選手が同じようなことを語っていた。だからこそ「選手間のコミュニケーションが増えている」と。そして、アジアカップを前にして、その質や量が一層増したようにも思える。

「ブラジルW杯のときよりも選手同士が話している時間は滅茶苦茶増えましたね。監督は『これをやりなさい』とはっきり言っているわけではないので。いくつかのオプションの中で、自分たちでちゃんと考えて解決しなさいという指導方法なんです。やっぱり日本人が次のステップへ行くためには、自分たちで判断して、考えて、ピッチの中で結論を出す選手になってほしいと思っています。そういう意味では選手たちの意識もだいぶ上がってきています。選手たちがピッチの中で考えて、判断して、選択するという余地がサッカーには絶対にある。それを大前提としてスタートしているので。公開練習を皆さんにも見てもらったと思いますけど、練習の中でもそういうメニューがたくさんあるし、決まりきったパターン練習というよりは、自分たちが判断して、ピッチの中でお互いのコンビネーションを合わせるという練習が多いので」

 霜田技術委員長が語る通り、ほとんどの練習が対人練習で、GKを交えての実戦形式が中心だ。
「ザックさんのときは、GKだけで練習する時間のほうが長かったけれど、フィールドプレーヤーと一緒にやっているアギーレさんの練習は、新鮮です」と西川周作が話していた。試合で起こりうる状況を想定しての練習は、自然と選手たちの集中力も高まり、ピッチには活気が満ち溢れている。

続きを読む

【寺野典子コラム】オランダ戦、それぞれの収穫

■勝ちきれない問題

「3点目が取れる試合だった。相手も後半はメンバーを落としていたし、勝てなかったことが本当に残念だった」

 11月16日のオランダ戦、前半に2失点するものの前半終了間際に1点を返し、後半には何本もパスを繋いで同点弾を決めた。しかし、試合後、引き分けたことを悔やむ選手が多かった。後半から途中出場した遠藤の言葉は厳しいものだった。

「今日も勝たないといけない試合だったし、後半のビッグチャンスはうちらのほうが多かったし、勝ちきらなくちゃいけないとは思います。いい形もどんどんできたので、ゴールを決める、決めないは、シュートを打つ選手の精度の問題なので。ビッグチャンスが(柿谷)耀一郎とかにもありましたし、それは本人が一番わかっていることだと思うので。チャンスをたくさん作れたのは前向きに捉えていいと思う。前半にバックパスから失点したけれど、それまではうちらのペースでやっていたので、あぁいう何でもないミスをしてしまうと、2−0とか3−0になる可能性もあるので、前は精度を高めてやっていかなくちゃいけない」

 夏の東アジア選手権以降、出場機会を得ながらもゴールを決めていない柿谷。しかし、彼への期待は高まる一方で、徐々にそれが彼にとってのプレッシャーになっているのではないかと感じる。オランダ戦での先発起用に応え、1ゴール1アシストと結果を残した大迫の存在もまた柿谷にのしかかっているのかもしれない。

 後半28分に大迫に代わりピッチに立った柿谷は33分、香川からのパスを受けてGKと1対1という絶好のチャンスを迎えたがシュートは枠を外れてしまった。
 終了の笛が鳴り、肩を落とすか柿谷の元へ歩みより、その肩を叩いていたのが清武だった。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ