「最終予選の初戦を落とした国がW杯に出場したことがない」
ロシアW杯アジア最終予選UAE戦を前に、改めて“初戦”の重要性を訴えるような報道が相次いだ。加えて、連覇を逃した昨年のアジアカップで日本を破ったUAEを警戒する記事も多かった。そうした中、試合終了を告げる笛は鳴った。結果は1−2の負け。初戦に限らず、ホームでの敗戦は97年フランス大会予選以来。“まさか”の結果だった。


11分、清武のFKから本田が先制点をマークする。守備を固めた相手から奪ったゴールは“初戦”の難しさを払しょくしてくれるだろうという空気ができた。しかし、19分カウンターからマブフートのドリブルを許し、それを止めた吉田がイエローカード。与えたFKのボールは西川の手を弾き、ゴールネットを揺らす。ほとんど攻撃に出てこなかったUAEの一撃で、日本のアドバンテージは無くなってしまった。

右アウトサイドで起用された清武は持ち味であるパスで攻撃を演出し、1トップの岡崎はポジションを変えながら、パスコースを作る。本田と香川のコンビネーションで中央突破を仕掛ける場面も数多く見られたが、ワン・ツーとパスが繋がっても3本目に狙いを定めたDFによって、簡単にクリアーされてしまう。

動きなおしてパスを待っても、巧くパスが通らず、停滞感もうまれていた。惜しいシュートが何本かあったものの、1−1のまま前半が終了し、迎えた後半。前半には相手エースのオマル・アブドゥルラフマンを警戒してか、なかなか攻撃参加のなかった酒井高徳が高い位置でプレーする機会が増え、中央に偏りがちだった日本の攻撃に“幅”が生まれた。けれど、クロスボールからチャンスは生まれない。初出場の大島が中央に空いたスペースから、豪快なミドルシュートを放ったがGKにはじかれてしまう。

そして、52分、自陣でボールを受けた長谷部がドリブルで持ち上がろうとしたところでボールを奪われてしまう。その流れでアルハンマディがボールキープ。日本も3人の選手が対応するも大島がファールをおかし、PKの判定。逆転ゴールを許してしまった。

それでもまだ時間がある。粘り強く戦い続けて、チャンスをモノにしてきた歴史もある。ハリルホジッチ監督の打つ手を見守る。

続きを読む