岡崎慎司 : FOOTBALL WEEKLY

岡崎慎司

出場機会に恵まれないレスター岡崎、「地道に何年も何十年も日本人選手がもがけるか? 僕はこの状態で粘りたい」

9月27日、欧州チャンピンズリーグ第2節。レスターは、ホームにポルトを迎えた。

奇跡のリーグ優勝を遂げたレスターにとって、チャンピンズリーグ出場もまた“ミラクル”の続きなのだろう。キックオフ前から、スタンドを埋めたサポーターは非常に高いテンションで盛り上がっていた。しかも第1節のブルージュ戦に勝利し、グループリーグ1位につけている。その時はベンチ外だった岡崎慎司はベンチスタート。9月24日のマンチェスターユナイテッド戦で1−4と大敗したにも関わらず、レスターの先発メンバーはその試合と同じだった。

キックオフ直後からポルトは、低い位置からのカウンター攻撃でレスターのゴールへ迫った。戦況はポルト有利かと思われたが、数少ない攻撃チャンスでレスターが先制点をマーク。迎えた後半はじりじりとポルトに押し込まれて、DFラインが深く下がってしまう。セカンドボールも拾えず、防戦一方のレスターだったが、シュート精度の低いポルトの攻撃に救われて、1−0と逃げ切った。岡崎はこの日も出場することはなかった。

9月14日のブルージュ戦でベンチ外となった岡崎は、その後リーグ戦ではベンチ入りするものの出場機会は訪れないままだ。9月20日のリーグカップ対チェルシー戦で2ゴールを決めたものの、アルジェリア代表のスリマリに先発ポジションを奪われた状況は変わらない。

続きを読む

レスターがプレミアリーグ初優勝!

2日(日本時間3日早朝)の試合で、2位のトッテナムがチェルシーと2−2で引き分けたため、レスター・シティがプレミアリーグ初優勝を手にした。

1日のリーグ戦で勝てば優勝が決まるレスターだったが、アウェイのマンチェスター・ユナイテッド戦は1−1のドローに終わり、優勝決定はお預けになっていた。

レスターは132年のクラブ史上、1928-29年に2位というのが最高位で、優勝はこれが初めて。1997-78年にノッティンガム・フォレストが初優勝して以来の優勝経験のないチームがチャンピオンとなった。

昨シーズンは11月から4月まで最下位に甘んじ、終盤の9試合で7勝して、かろうじて降格を免れたレスター。7月にクラウディオ・ラニエリ監督が就任し、シーズン前は今季も降格候補と言われながら、終始安定した戦いぶりで、リーグ戦2試合を残しての優勝となった。



ジェイミー・ヴァーディの自宅では、フックス、フート、モーガン、岡崎慎司らが集まり、トッテナム戦をテレビ観戦、優勝の瞬間を味わった。

【寺野典子リポート】マインツ岡崎、1トップで強引に

「岡崎のシャツはすごく売れているよ」
 試合前にたくさんの買い物客が押し寄せ、入場制限を行うほどのにぎわいを見せるスタジアムに併設されたマインツのファンショップ。そこで働くスタッフはそう言って笑った。

 今季新加入した岡崎慎司は、開幕から11試合に出場。10月26日対ブラウンシュバイク戦ではホームで2得点をマークし、その存在感を見せつけた。そして11月10日にフランクフルトをホームに迎えてのダービーでは、マッチデイプログラムでもブラウンシュバイク戦で活躍した岡崎をクローズアップ。試合写真はもちろんのことスペシャルインタビューも掲載されている。

岡崎 MD1
      <マッチデイプログラムより>

 収容人数34000人と決して大きくはないが、真っ赤なシャツでぎっしり埋まったマインツのコファス・アレーナは、アットホームな温かい雰囲気が漂うスタジアムだ。
 フランクフルトで今季なかなか出番のなかった乾も、この日はミッドウィークのアウェイでのヨーロッパリーグに続いて先発。もちろん岡崎もスターティングイレブンに名を連ねた。

続きを読む

【寺野典子コラム】岡崎慎司のプライド。

「岡崎が加入したことで、サイドバックとセンターバックの穴を埋めることができたんですよ」
 ドイツで取材を続ける記者が話す。

 今年1月末、岡崎の移籍以降、下位に低迷していたシュトゥットガルトは順調に成績を回復した。攻撃的な選手でありながら、昨季はゴールがなかなか決められなかったが、それでも指揮官が彼を起用し続けた理由は、「前線からプレスをかけることで、コースを限定し、守備陣の負担が軽くできる」という、粘り強い岡崎の守備力を買ってのことだったようだ。

 そして、今季の岡崎はここまで3得点を決めているが、14試合中13試合出場のうち、フル出場は1試合しかない。途中交代、途中出場が続いている。

続きを読む

シャルケ連勝で9位浮上

9日に行われたブンデスリーガの試合で、フェリックス・マガトが早くもヴォルフスブルクを率いてゲルゼンキルヒェンに戻って来たが、試合はシャルケがフラドの後半のゴールで、1−0と勝利。内田篤人と長谷部誠は共にフル出場したが、最後に笑顔を見せたのは内田のほうだった。

シャルケはこれでCL戦含め3連勝、勝ち点を39に伸ばして、9位まで順位を上げた。ヴォルフスブルクは降格圏プレーオフの16位のまま。

また、シュトゥットガルトの岡崎慎司はホームのカイザースラウテルン戦にフル出場したが、ゴールは生まれず、チームも4−2で敗れた。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ