左から来たパスを右足でトラップ。クルリとターン。正面に立つDFとゴールキーパーの間、角度もスペースもない状況で大迫が左足で放ったシュートがゴールネットを揺らした瞬間、スタジアムの観客席は総立ち。両手を高くあげ、気持ちの良い笑顔でそれに応える大迫の姿が青い空に映えていた。

「あぁいう形は練習でもイメージしているし、落ち着いて、気持ち良く打てました」

開始早々に先制点を許したケルンは大迫のゴールで同点に追いついた。



今季開幕から3勝1分けの4戦負けなしで、2位と好成績を残しているケルン。9月25日第5節、昇格組ながらドルトムントを破るなど2勝2分と躍進しているライプチヒをホームに迎えた一戦は、ケルンのサポーターがライプチヒの選手バスのスタジアム到着を妨害したこともあり、キックオフは15分遅れた。
 
開幕戦こそ途中出場だったが、その後は先発に定着し、この日4戦連続スタメンとなった大迫が2トップの1角に立つ。4分にはさっそくミドルシュートを放った。5分に先制点を決めたのはライプチヒだったが、7分には大迫が中央で楔のパスを受けて、ターンし、前線のモデストへパスを送る。これはオフサイドになってしまったが、その後も大迫はパスを引き出すプレーで、ケルンの攻撃を演出していた。

続きを読む