大迫 : FOOTBALL WEEKLY

大迫

バイエルンと引き分け、ケルン大迫にさらなる自信

今季負けの無い3位ケルンは、10月1日絶対王者バイエルンミュンヘンのホームスタジアム、アリアンツアリーナへ乗り込んだ。1部に昇格後、リーグ戦では4度バイエルンと対戦しているケルンだが、1度も勝っていない。アリアンツアリーナでは4−1、4−0と大敗を喫している。

1位対3位の上位対決ではあったが、キックオフ早々から、力の差を感じさせられる展開が続いた。ボールを繋ぎ、敵陣へと攻め入るバイエルン。ケルンはその攻撃を受け止める立場に立たざるを得ない。しかし、ケルンは決して受け身ではなかった。相手のパスをインターセプトして、カウンター攻撃を仕掛けるシーンを作ることには成功していた。

22分には大迫が抜けだし、ドリブルでゴールを狙う。シュートはノイアーにキャッチされたが、2戦連続ゴールと調子をあげているからこその力みの抜けた柔らかいプレーだった。当初はほとんどパスが来なかったが、30分過ぎからケルンが “らしい”プレーを展開し始める。カウンターだけでなく、DFラインからパスを繋ぎ、ボールを運んだのだ。

しかし、39分、先制点を決めたのはバイエルンミュンヘンだった。

「1−0になっても慌てずに戦えたことがもっとも良かった」と振り返った大迫は、後半早々の48分CKからヘディングシュートを放ったが、わずかに外してしまう。けれど、この試合の後半はケルンペースの試合になったと言ってもいい。果敢に縦パスを入れて、得点機を作ろうとチャレンジしていた。その軸になっているのはもちろん大迫。2トップでコンビを組むモデストとの相性も良く、横並び、縦並びとポジションを変えながら、味方のパスを引き出している。

そして63分、モデストのゴールで同点に追いついたケルンは、ゲームの主導権を握った。もちろん、ボールを保持していたのはバイエルンだったし、シュート数は少なくはなかったが、ケルンはおちついてゲームをコントロールしていた。

続きを読む

【寺野典子コラム】オランダ戦、それぞれの収穫

■勝ちきれない問題

「3点目が取れる試合だった。相手も後半はメンバーを落としていたし、勝てなかったことが本当に残念だった」

 11月16日のオランダ戦、前半に2失点するものの前半終了間際に1点を返し、後半には何本もパスを繋いで同点弾を決めた。しかし、試合後、引き分けたことを悔やむ選手が多かった。後半から途中出場した遠藤の言葉は厳しいものだった。

「今日も勝たないといけない試合だったし、後半のビッグチャンスはうちらのほうが多かったし、勝ちきらなくちゃいけないとは思います。いい形もどんどんできたので、ゴールを決める、決めないは、シュートを打つ選手の精度の問題なので。ビッグチャンスが(柿谷)耀一郎とかにもありましたし、それは本人が一番わかっていることだと思うので。チャンスをたくさん作れたのは前向きに捉えていいと思う。前半にバックパスから失点したけれど、それまではうちらのペースでやっていたので、あぁいう何でもないミスをしてしまうと、2−0とか3−0になる可能性もあるので、前は精度を高めてやっていかなくちゃいけない」

 夏の東アジア選手権以降、出場機会を得ながらもゴールを決めていない柿谷。しかし、彼への期待は高まる一方で、徐々にそれが彼にとってのプレッシャーになっているのではないかと感じる。オランダ戦での先発起用に応え、1ゴール1アシストと結果を残した大迫の存在もまた柿谷にのしかかっているのかもしれない。

 後半28分に大迫に代わりピッチに立った柿谷は33分、香川からのパスを受けてGKと1対1という絶好のチャンスを迎えたがシュートは枠を外れてしまった。
 終了の笛が鳴り、肩を落とすか柿谷の元へ歩みより、その肩を叩いていたのが清武だった。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ