内田篤人 : FOOTBALL WEEKLY

内田篤人

内田篤人が語った“これから”の生き様 「無理してもがんがん行くよ、俺は」

「長い間休んでいたんだから、時間がかかるのはしょうがない」

「ここはいいスタジアムだよね、今日なんて4分に退場者が出て10人になったけど、(スタンドを埋めた人たちは)本当に12人目の選手だった。ファンじゃないサポーター。選手は戦えるし、走れるよ。最後はやられちゃったけど。本当にいいスタジアムのチームに居させてもらえているなって思う。入団前に1度見に来て、いいスタジアムだなって思ったけど、やっぱり日を重ねる毎にその思いが強くなるよ。苦しいときに助けてくれるなからね」

 開始4分でセンターバックのナルドが一発退場。それでも、守備を固めながら粘り強く戦ったシャルケ。89分に失点し、敗れてしまったものの途切れることなく、歌い、手を叩き、コールをおくり続けたサポーターを内田篤人が称えた。

 12月8日ヨーロッパリーグ対ザルツブルグ戦で83分に途中出場し、1年9カ月ぶりに公式戦復帰を果たした。消化試合ではあったが先制点を許した状況での起用。「長いリハビリを頑張りましたっていう、ご褒美みたいなものだけれど、監督には感謝している。次の目標はホームのフェルティンス・アレーナでプレーすること」と話していた。

 しかし、この日の試合はベンチ外だった。
「この前の試合は消化試合だったし、メンバーもだいぶ変わっている中で、ある程度チャンスを貰えるかなとは思っていたけれど、今日みたいに誰かがすぐに退場したり、怪我をしたときに、『お前90分ちゃんとできるのか?』って言われたら、『いやまだ10分しかやってません』っていう状況だからね。そこらへんはわかっているけど、早く出たいっていうか、時間がね、やっぱり、もどかしいなとは思う。監督がどういう風に使おうと思っているのかは、監督の考えだから。長い間休んでいたんだから、練習も含めて長い期間プレーしないと次へは進めないのかなとも思う。だから、少しずつ少しずつ。時間がかかるのはしょうがない」

続きを読む

【寺野典子コラム】内田悔し、シャルケ敵地で勝利も敗退

■マドリー相手に勝利、しかしCLベスト16で散る
 試合終了の笛と同時にサンチャゴベルナベウのスタンドからは容赦ないブーイングの声が飛んでいた。レアル・マドリーのサポーターは指笛を慣らすことを止めなかった。そして、ドイツ人からは温かい拍手と声援がシャルケの選手たちに送られていた。

 ファーストレグを0−2で落とし、敵地へ乗り込んだシャルケに対する世間の目は冷たかった。昨季同様に無様な負け方をすると予想する人は少なくなかったはずだ。ドイツ人ですら、そんな風に考えていたかもしれない。

 しかし、試合序盤から敵陣へ攻め込んだのはシャルケだった。何度かのシュートチャンスを逃しながらも、20分フクスの先制ゴールが決まる。その5分後、Cロナウドにあっさりと同点弾を決められた。それでも40分にフンテラールが追加点。しかし、再びCロナウドの見事なシュートでレアル・マドリーが追いついた。

 ハーフタイム。身体を動かすチームメイトに遅れて参加した内田篤人は、初めてのサンチャゴベルナベルのスタンドをしげしげと見上げていた。先発を予想されながらもベンチスタート。膝の調子が思わしくないに違いない。ジャージをはいたままアップを続ける内田の姿に今日の出場はないだろうと思った。

続きを読む

【寺野典子リポート】シャルケ内田、2カ月ぶりの無失点に貢献

 国際Aマッチーデーのために中断していたブンデスリーガが3月30日に再開。前節アウェイでニュルンベルクに0−3と敗れて、連勝が3でストップしたシャルケがホームにホッヘンハイムを迎えた。残留争い中のホッヘンハイムだが、前々節を勝利で飾り、前節は6位マンイツ戦を0−0と引き分け、勝ち点を積み上げている。
 シャルケ内田は先発出場、ホッヘンハイムの宇佐美はベンチスタートとなった。

 立ち上がり、内田が立て続けにクロスを放ち、チャンスを演出するが、ゴールには至らなかった。その後もシャルケがゲームの主導権を握ってはいたもののゴールは生まれない。しかし71分ペナルティエリア内で、ボールを受けたファルファンが、左へ流したパスをボランチのヘイガーが決めて、シャルケが先制すると、79分には途中出場のラファエウが得点。83分にはそのラファエウのアシストを交代出場したばかりのプッキが決めて、3−0とシャルケが快勝する。

 フル出場した内田は1月26日アウブスブルク戦以来の無失点に貢献した。しかしこの試合はスコアレスドローだったため、無失点勝利は10月27日のニュルンベルク戦以来となる。

続きを読む

【寺野典子コラム】内田篤人 アジア予選の先にあるもの

 3月19日夕方、カタール・ドーハで日本代表は約1時間半あまりのトレーニングを行った。そのほとんどの時間を使ったのが、11対11の実戦形式の練習だった。

「大事じゃない練習はないからね」
 練習を終えた内田篤人がそう言って笑う。全体練習後には大津と共にザッケローニ監督から個別指導を受けていた。

「前の選手がボールを持ったとき、上がれそうなら上がれという話です。それはこの練習に限ったことじゃなくて、いつも言われていること。今日の練習中、『上がろうかなぁ』と迷って、結果行かない場面があったから。それで呼ばれたんだと思う。監督は本当によく見ているから。絞らなくちゃいけない場面で絞らないと『ウッチー』って、すぐに言われるし。まるで上から見ているみたいに細かい指示が飛ぶんだ」

続きを読む

【寺野典子コラム】内田篤人、厳しい現実を前に

内田篤人

 2月19日のヴォルフスブルク戦で、久しぶりに先発フル出場を果たした内田篤人。チャンピオンズリーグの決勝トーナメントでも奮闘していた昨季に比べると、今季リーグ戦先発はこの日も含めてわずか7試合。ベンチ外という試合も多い。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ