内田 : FOOTBALL WEEKLY

内田

【寺野典子コラム】3連敗からのスタートも悪くない

 世界大会での3連敗は98年のW杯フランス大会以来となったコンフェデレーションズカップ。得点数は増えたが、失点も多く、数字だけを見れば得失点差−3の98年大会を下回る−5という結果だ。(もちろん、W杯では今回のような強豪国がひとつのグループに集まることは稀だとは思うけれど)。
 チームの半分以上を欧州のクラブに所属するメンバーで構成され、史上最強という呼び声も高かったザックジャパンだが、“勝てるチーム”ではなかった。

 6月4日のオーストラリア戦に引き分けて、世界最速でW杯出場権を獲得した日本だったが、獲得がかかった最初の試合、3月のヨルダン戦では敗れている。過去97年も05年も、そして09年も「この試合に勝てば出場が決まる」という試合を日本は落としたことがない。今代表は初めて、“持ち越した”チームだった。

 その試合から2日後にドイツで話を聞いた長谷部は、「勝てば決まるという試合を落としたのは、初めてでしょ? ヨルダン戦で決められなかった自分に本当に腹が立つんだ」と語った。「最高の準備をして挑んだけれど、それでも勝てない。それは自分たちにはまだまだ力がないということなんだ」と発する言葉には熱がこもっていた。

 親善試合のブルガリアにホームで敗れ、オーストラリア戦も勝ちきれなかった。イラクとの試合で勝利できたものの、すっきりとしない思いは残った。

 コンフェデレーションズカップ初戦のブラジルでは何もできずに終わる。2点をリードしたイタリア戦では善戦し、自信と手ごたえをつかんだが、4−3で勝てなかった。
「イタリアを相手に日本が成長しているというのを見せられたこと。イタリアの選手たちからユニフォームを交換しようと言ってもらえたのは素直に嬉しかったけれど、負けているからね」と語った長友をはじめ、誰一人喜んでいる選手はいなかった。

続きを読む

【寺野典子コラム】いま日本代表にほしい自分たちで変える力

 ホームでは6−0と圧勝したヨルダンに、アウェイでは2点を先制されて敗れてしまった日本代表。W杯出場権獲得はお預けとなったけれど、ここまで最終予選は4勝1分と順調に進んできただけに、やっと「アジア最終予選ぽくなったな」という気持ちもある。「アジアの予選は簡単じゃない。厳しい戦いなんだ」と口々にそう語ってきた代表選手たちにとってもその思いを新たにした試合だったに違いない。
 
 カナダ戦後も2回の練習をドーハで行い、3月24日夕方遅くに、チームはアンマンへ到着。3月25日の公式練習前には、ザッケローニ監督からは「簡単な試合などない。しっかり集中していこう」と訓示があり、チームは本番モードへとうまく切り替えられたという。

 ヨルダン戦の舞台となるキング・アブドゥラ・インターナショナルスタジアムは、アンマン市内から車で30分ほどのところにある古いスタジアムだ。ヨルダンはここでオーストラリアを破った。試合前日会見でヨルダンの監督は「前回日本で対戦したときは、移動直後で選手たちには疲れが残っていた。しかし今回は違う。いい準備をして、ホームで試合ができる。オーストラリアに勝ったスタジアムで戦えるというだけで、気持ちがハッピーになる」と語っている。

 ヨルダンにはシリア、イラク、パレスチナ、イスラエルからの難民やその子孫が多く暮らす。代表チームに対する愛情は、日本のそれとはまた違った熱さがあり、それが奇跡的な勝利を生み出してきた。

続きを読む

【清武&内田 試合後コメント】「ニュルンベルクはキヨが中心」

ニュルンベルク対シャルケ
 16日のリーグ戦で、前節アウェイのアウブスブルク戦で約1カ月ぶりの勝利を飾ったニュルンベルクは、ホームにシャルケを迎えた。前節のルールダービーで勝利を収めたシャルケだったが、チャンピオンズリーグガラタサライ戦では、攻めながらもゴールを決めきれず、逆にカウンターで失点を重ねてしまった。「この敗戦をリーグ戦に引きずりたくない」と語っていた内田は、ベンチスタート。
 前節は先制ゴールを決めた清武は今日も先発出場。金崎はベンチとなった。
 動きの鈍いシャルケのDFラインの裏をニュルンベルクが効果的なカウンターで脅かし、31分に先制ゴールを決める。後半に入ると運動量が落ちたシャルケの中盤のスペースで清武がボールを触る機会が増えていく。シャルケも何度かゴールチャンスを迎えるが、決めきれない。そして69分に追加点をあげ、さらに勢いにのるニュルンベルクは、87分に清武のアシストで3点目をマークし、勝利を確実のものとした。



■清武コメント
——気持ちの良い勝利でしたね。
はい。でも、ただシャルケは疲れてたと思うんで。まあまずは勝って良かったです。
——先制点が決まり、チームとしてやりたいことができたのでは?
まあでもシャルケはポスト2本くらいありましたし、そこで決められていたらどうなっていたか。今日はまあ運が良かったんじゃないかと思いますけど。
——開始早々から、いつもより守備ができたと思うが、気持ちの面で違いがあったのか?
いや、いつも通り僕は変わらず、試合に入りました。ただ、今日勝ってたら大きいですし。まあ勝てて良かったです。
続きを読む

【内田篤人 CLガラタサライ戦コメント(抜粋)】

2013年3月12日 CLシャルケ×ガラタサライ

アウェイのファーストレグを1−1で終えたシャルケは、ガラタサライをホームに迎えた。シャルケのホームタウンにはトルコ移民が多く、スタジアムにはたくさんのガラタサライサポーターがかけつけ、アウェイとは思えない力強い声援を送っていた。

そんな中キックオフされた試合、フンテラールを怪我で欠いたシャルケは、ボールをキープすることが出来ず、開始早々からガラタサライのカウンターの脅威にさらされる場面が続く。それでも前半17分シャルケが先制ゴールを決める。しかし、ガラタサライの攻撃が厚みを増し、シャルケの選手たちは追い込まれた。そして、37分にFKから同点弾を許すと、42分にも失点。1−2とされる。

2試合合計2−2ではアウェイゴールで負けてしまうため、シャルケに必要なのはあと2点。攻めに出てカウンターでやられる危険性もある中、後半開始早々からシャルケは攻勢をしかける。そして、63分GKが弾いたボールをゴール正面で受けた内田は落ち着いて、右のバストスへパス。それが決まり、シャルケは追いつく。次なる1点を目指し、その後も猛攻を続けたが実らず、逆にロスタイムにカウンターから失点。2−3で試合は終了した。

■試合後の内田篤人のコメント
 勝てないなら、こんな感じでしょ。点を取られて、点が取れず、最後カウンターでやられるってね。そういう試合は何回も見てきたけど。相手がカウンターを狙っているのはわかっていたのに。前半残り10分で試合が決定づけられた。リスタートとかミスからの失点。防ぎようがあったんじゃないかと思う。

 ドルトムントに勝っていい雰囲気で試合を迎えられたはずなのに、前半からセカンドボールを相手に拾われて、自分たちでボールを回す時間が作れなかった、ホームなのに試合の主導権を握る時間が短かった。しっかりとボールを持って、ゲームを運べないと、チャンピオンズリーグのここから上の試合は難しい。ボールが行ったり来たりしているようではダメなんだ。

 やっぱりスナイデルが不気味だったね。イヤラシイところにボールを出すし、それで周りも生きてくるから、ああいうチームを勢いに乗らせたら強い。今日はガラタサライのサポーターもたくさんいたからね。
続きを読む

【寺野典子リポート】内田復帰戦で活躍

 2月4日の日本代表対ラトビア戦で、右太ももを痛めた内田篤人が3月9日ホームのドルトムント戦で約1カ月ぶりに先発復帰した。CLの疲労からか、動きの鈍いドルトムントを攻め立てたシャルケ。12分にドラクスラー、35分にフンテラールがゴールを決める。共に右サイドの内田からのクロスを決めたものだ。その後1失点したもののシャルケが逃げ切り、ルールダービー2連勝を飾った。5位のフライブルクが敗れたため、暫定ながらシャルケは6位から4位へと順位をあげている。

■試合後の内田篤人のコメント
 今回は100%戻してから、チームに合流すると言っていた通り、火曜日(5日)にチーム練習に合流したときには、ドクターやトレーナーからも100%問題はないと言ってくれた。練習では(先発組として)ビブスを渡されていたし、行くのかなぁとは思っていた。使ってくれるかは監督が決めることだけど、選手としてはつかってもらいたいし、準備だけはしっかりやっておこうと。
 2日前に監督には「90分は難しい」と話したんだけど、監督は「あと2日あるから」と言っていた。
 アシストはおまけ。シュートも簡単じゃないから。ユリアン(ドラクスラー)も逆サイドに飛ばしながら決めてくれた。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ