ヴォルフスブルク : FOOTBALL WEEKLY

ヴォルフスブルク

【試合後コメント】長谷部「勝たないと意味がない」

3月2日 ヴォルフスブルグ対シャルケ戦後(取材/寺野典子)

右サイドバックで先発出場した長谷部誠。同点弾の起点となるプレーを見せたが、再度リードを奪われ76分に交代。チームはその後、2失点し、ホームで1−4で敗れた。

----------------------

前半も相手にチャンスを作られ、先制点を決められた、こっちもチャンスがあった。お互い締まりのない試合かなというのもあった。ハーフタイムでは、もう少しアグレッシブに行こうという感じの話をしていて、後半早い時間に追いつけたので、これは行けるなと思ってたけど、2点目をああいう風に簡単にとられてしまった。

バイエルン戦ならリベリとか、今日ならバストスとか、ああいう強烈な選手を抑えるという意味で自分が試合に出ていると思うので。そういう選手に決定的な仕事をさせないというのが、自分の仕事ではある。今日もそれは出来たと思うけれど、結局はチームが勝たないと意味がない。試合に出たときは、自分のサイドからは失点させないというテーマで挑んでいるけれど。もう少し攻撃でボールを呼び込みたい。ボールを触れてば、もっと攻撃的なプレーできると思うので。

続きを読む

【寺野典子コラム】1カ月ぶりの実戦、キャプテン長谷部の決意

 フランス、ブラジルという世界のトップレベルとの親善試合を控えた日本代表は、10月8日からパリ郊外で合宿をスタートさせた。
 その2日目の練習前に前田遼一が前日の練習で左もも裏に痛みがあるという理由で帰国することと、代わりに佐藤寿人の招集が発表される。10月7日の試合でふくらはぎを打撲した本田は、グラウンドに姿を見せたが、しばらくしてホテルに戻り、前日同様にホテルで別メニュー調整となった。
 
 初日の練習後「思いっきりサッカーをやったなって感じはあるかなぁ」と笑顔で、取材に応じた長谷部誠。
 所属するヴォルフスブルクでは、今季は試合出場機会がない。彼の処遇については、ドイツメディアでもいろいろ報道されている。
続きを読む

長谷部守備で貢献、ヴォルフスブルク降格圏脱出

29日に行われたブンデスリーガの試合で、ヴォルフスブルクがヴェルダー・ブレーメンに1−0で勝利し、残留に望みをつなげた。

アウェイのヴォルフスブルクは前半途中にシセロのシュートのリバウンドをリーターが決めて先制。66分から途中出場した長谷部誠はその直後にFKをラインぎりぎりでクリアするなど守備に貢献し、チームは2連勝とした。

続きを読む

ジェコ、リーグ初ゴールでシティの勝利に貢献

土曜日のリーグ戦でチェルシーのフェルナンド・トーレスが移籍後初ゴールを決めたと思ったら、今度はマンチェスター・シティのエディン・ジェコが待望のリーグ戦初ゴールを決めた。

ボスニア代表の長身ストライカーは25日に行われたリーグ戦のブラックバーン戦で、貴重な決勝点を決め、1−0の勝利に貢献。チームはCL圏内の4位を堅持した。

ジェコは1月に2700万ポンドでヴォルフスブルクから移籍も、その得点力をプレミアの舞台で発揮することはできなかった。これまでヨーロッパリーグとFAカップの試合ではゴールを決めているものの、なんといっても大事なリーグ戦で音無しが続いたことから、指揮官の信頼も薄らぎ、出場機会も減っていたのだ。

続きを読む

ヴォルフスブルクにマガト監督復帰と独報道

ドイツのメディアは17日、シャルケ04を解任されたフェリックス・マガトが、2009年にブンデスリーガ優勝に導いたヴォルフスブルクの監督に就任すると報じた。

マガトは16日にシャルケの監督を解任されたが、キッカー誌とビルト紙の電子版はともに、マガトが18日にヴォルフスブルクで就任記者会見を行うと報じている。ヴォルフスブルクからコメントは発表されていない。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ