ランパード : FOOTBALL WEEKLY

ランパード

【鷲津正美コラム】ランパード感慨、代表100キャップ達成

イングランド代表MFフランク・ランパードが、10日のW杯予選対ウクライナで代表通算100試合出場を達成した。試合結果は生憎スコアレスドローで、勝ち点1を加算したイングランドはH組首位をかろうじてキープ。ランパードは「自分にとって特別な夜だった。非常にタフな試合だったからゲームだけに集中しようと努めた。でも代表100キャップを振り返ると長い道のりだったし、記録を達成出来てすごく嬉しいよ」と試合後のインタビューで語っている。

代表デビューは1999年10月。当時所属していたウェスト・ハムでの一貫したパフォーマンスが評価されて、ベルギーとの親善試合でデビューを飾った。試合は、いとこのジェイミー・レドナップが決勝ゴールを決めて2−1で勝利を飾っている。

ランパード自身の代表初ゴールは2003年8月のクロアチア戦。負傷したニッキー・バットに代わりピッチに立ったランパードがゴールを決めて、3−1で勝利した。途中出場前、ドレッシングルームでガレス・サウスゲイトが緊張する自分を落ち着かせようと言葉をかけてくれたことは、今でも鮮明に覚えているという。

続きを読む

【鷲津正美コラム】ランパード、記録樹立も契約延長微妙?

チェルシーMFフランク・ランパードが、23日のアストン・ヴィラ戦でプレミアリーグ500試合出場記録を樹立した。しかもチームは8−0と大勝、ランパードも自ら通算130得点目となるゴールを決めてチェルシーの歴代最多ゴール数記録も塗り替えるという、クラブの歴史に刻まれる重要な試合となった。ロングレンジのシュートを決めてお役御免となった際に彼が受けたサポーターたちからの盛大な拍手は、ランパードがスタンフォード・ブリッジで築き上げた地位を裏付けるものであった。

気がかりなのは、ランパードの今後だ。今シーズン限りで契約が満了する34歳のMFに対して、クラブは契約延長のオファーを提示するかどうか決めかねているのだ。

続きを読む

クラウチ&ランパード、カペッロ監督に反撥

ファビオ・カペッロ監督の人心掌握術に再び疑問符がつく出来事があった。2−2で引き分けたスイス戦後、ピーター・クラウチとフランク・ランパードがカペッロのやり方を批判したのだ。

カペッロ監督になって出場した試合ではすべてゴールを決めてきたクラウチだが、この試合ではベンチ入りもなし。これについて相当頭に来たクラウチは、カペッロが監督にいる限り、代表招集に応じる気がしないとまで発言した。もっとも、イングランド代表招集はとてつもない名誉だけに、カペッロ監督の仕打ちに耐えながら代表は続けるだろうというのが大方の見方だ。

また、ハーフタイムで下げられたランパードは、チーム不調のスケープゴートにされたと憤慨。不機嫌そうな顔で、ロッカールームを真っ先に去ったという。
続きを読む

チェルシー逆転勝利でマンU優勝に待った

30日に行われたプレミアリーグの試合で、チェルシーがトッテナムとのロンドン・ダービーを2−1で制し、少なくとも1週間は優勝の望みをつないぐことになった。

トッテナムは25分にサンドロのロングシュートが決まって先制したが、前半終了間際にランパードのシュートをトッテナムのGKゴメスがファンブル、ボールはそのままゴールのほうに転がった。慌てて体を反転させたゴメスは、ボールが完全にゴールラインを越える前に止めたように見えたが、主審はゴールを認め、チェルシーが追いつく。その後チェルシーは再三チャンスを作っても、ことごとくはね返されていたが、62分にトーレスに代わって途中出場していたカルーがついに89分にネットを揺らして決勝点とした。

ランパードは試合後、「僕らは最後まで戦うんだ。シーズン途中の2カ月ほど勝ち点を落としたことがあったが、こうして優勝レースに復帰することができたんだからね。(この試合の)ゴールは論議の的になるだろうけど、我々のプレーは勝利にふさわしかった。あれはラインを越えなかったけど、ゴールを認めてもらって当然だよ。夏には大きなのを逃したんだから。それにチャンスは十分作った」と、昨夏のW杯でラインを越えたのに認められなかったイングランドのゴールについて触れた。

続きを読む

諦めないチェルシー、勝ち点3に希望の火

7日にプレミアリーグのブラックプール対チェルシー戦が行われ、アウェイのチェルシーが3−1で勝利して、タイトル争いへわずかながら望みをつなげた。

チェルシーは20分にテリーが頭で先制点を決めたものの、攻撃がかみ合わず、ようやく55分にドログバに代わってカルーが入って流れを引き寄せた。63分にはカルーが倒されて得たPKをランパードがきっちり決めて2点目。その3分後にはカルーのパスからランパードがだめ押し点。ブラックプールは果敢に攻めるもの、終盤に1点を返すのがやっとだった。

1週間前には首位マンチェスター・ユナイテッドとの差は15ポイントに開き、優勝争いから脱落したのは誰の目にも明らかだったチェルシー。しかし、マンチェスター・ユナイテッドとの直接対決に勝利し、しかもユナイテッドがリヴァプールに敗れて連敗となったことから、消えた希望の灯火にかすかに明かりが灯ったのだ。続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ