モウリーニョ : FOOTBALL WEEKLY

モウリーニョ

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第2回

 今月初めに出版された『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』(Football Weekly編集部訳)のなかに、日本サッカーのファンには懐かしい顔が登場している。デットマール・クラマーさんだ。
 しかし、クラマーさんの登場にはいささか驚いたというのが本音だった。というのも、本書は最新戦術とトレーニングを紹介している本であり、引用されている監督も現代サッカーを代表するペップ・グアルディオラであり、ジョゼ・モウリーニョであったりするからだ。サッカーの基本を語る時に、クラマーさんのことが引用されているのは、クラマーさんをリアルに知っている世代としては、素直に嬉しかったし、欧州におけるクラマーさんの偉大さを改めて思い知らされた。

 彼の言葉として引用されたのは「『より良いこと』が可能ならば、『良い』は十分ではない」というものだ。さらに上を目指すものにとっては当たり前の言葉だろうが、クラマーさんはそれを適確に表現していた。
 そこで、クラマーさんの生んだ最高傑作といえる、日本を代表するFW釜本邦茂(サッカー協会顧問)さんにクラマーさんのことなどを聞いてみた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最高ができるなら、最良ではだめ」というのはよく言われていたね。ベターではだめ、ベストになれって。

 クラマーさんと初めて会ったのは16歳の頃だから、はや半世紀を越えているね。僕らの頃は、ただ、蹴って走ってゴールを目指せばいいという時代だから、まず、サッカーに必要なのは3Bとクラマーさんに言われた時には、いささか驚いた。Ballコントロール、Bodyバランスと体力、Brain頭なんだが、それが実際の練習でも常に問われていたんだ。

 練習ではボールをつまらないミスで逃すと本当に怒られた。とにかくクラマーさんがいると集中していたね。でも、クラマーさんが目を離すとつい気が抜けてミスするんだ、そうすると「正確に=genauゲンナウ」ってドイツで叫ばれる。どこで見ていたのか、しっかり横目で見ていたのかもしれないけど、こちらは見てないと思っていたから、驚いたね。

続きを読む

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第1回

_SX350_BO1,204,203,200_ Footbal Weekly編集部では、『日本人に教えたい 戦術的ピリオダイゼーション入門』(東邦出版)の翻訳を手がけた。編集部で翻訳というのは、いささか奇異に感じられるかもしれないが、本書は実践トレーニングなどにもわたっており、単純に翻訳をすれば良いというものではないので、幾人かの人の手を煩わせることとなり、最終的な責任は編集部にあるという形で、訳者名として表記している。
 モウリーニョ、グアルディラ、クロップ、ファン・ハールをはじめとするトップクラスの指導者が実際に練習で用いている63種類ものトレーニングに関しては、V・ファーレン長崎のアカデミーダイレクター、寺峰輝さんに翻訳のチェックをお願いした。


 3回にわたってその内容の一部を掲載するが、1回目は「戦術的ピリオダイゼーションとは何か」について説明した部分を紹介する。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
続きを読む

【鷲津正美コラム】ロンドンが呼んでいる? 高まるモウリーニョ待望論

レアル・マドリーの指揮官ジョゼ・モウリーニョが来季プレミアリーグに帰ってくるといった憶測はかねてから流れているが、25日に行われたブラジル対ロシアの親善試合を観戦しに、古巣スタンフォード・ブリッジに足を運んだ際にモウリーニョが当地マスコミのインタビューに応じ、ロンドンをこよなく愛していること、そしてチェルシー復帰の可能性があることを否定しなかったため、チェルシーを世界有数のビッグクラブへと導いたモウリーニョの復帰を願う声が一段と高まっている。

今シーズン限りでレアル・マドリーを去ると見られているモウリーニョが次にどこへ行くのか? プレミアだけでも、アレックス・ファーガソン監督の後任を探すマンチェスター・ユナイテッド、選手たちとの不和が報じられるロベルト・マンチーニ監督率いるマンチェスター・シティ、ここ数年メジャータイトルから見放されているアーセナル、そして古巣のチェルシーといったクラブがモウリーニョ招聘に興味を示しているともっぱらの噂だ。

続きを読む

アウェイのバルサがクラシコ勝利、両指揮官は冷静

10日に行われたエル・クラシコ、レアル・マドリーのホームでのバルセロナ戦は、3−1でバルセロナが勝利。両者は勝ち点37で並び、対戦成績でバルサが首位に立った。ただし、クラブW杯出場の関係で試合消化数はバルサが1試合多い。

マドリーは開始23秒にGKバルデスのミスをついたベンゼマが先制点を決め、幸先良いスタートを切ったように見えた。しかし、バルサは30分にアレクシス・サンチェスが同点ゴールを決めると、53分にはバルサでの600試合出場達成のチャビのシュートが相手に当たってコースを変えゴール。ツキも味方したバルサは、66分にはセスクがダイビングヘッドでだめ押し点を入れた。マドリーはメッシ、チャビと並んでバロンドール最優秀候補で今季これまで17ゴールを決めているロナウドがチャンスをものにできなかったのが痛かった。

続きを読む

ヴィラス・ボアス監督「私を“スペシャル・ワン”と呼ばないで」

チェルシーの新監督となったアンドレ・ヴィラス・ボアス(33歳)が、自分を、ジョゼ・モウリーニョ(現レアル・マドリー監督)のニックネームである“スペシャル・ワン”と呼ぶのは、クラブで成功を収めてからにしてほしいと訴えた。

ビッグクラブの陣頭指揮を任されたヴィラス・ボアス監督は、自分の使命はマンチェスター・ユナイテッドからプレミアリーグ王者の称号を奪還すること、そして悲願のCL優勝を果たすことだと明かした。

それでかでも、このポルトガル人監督の肩に圧し掛かるプレッシャーは相当なものだが、このロンドンのクラブに数々のタイトルをもたらした同胞ジョゼ・モウリーニョ監督と常に比較されることが更なるプレッシャーとなっている。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ