バルセロナ : FOOTBALL WEEKLY

バルセロナ

【アルビレックス新潟 田中達也 連載コラム13】ReSTART

09_tatsuya_1FW第13回「「バルサの核はイニエスタ!」



----------------------------------------------------------------------
 

 バルサ、見事に逆転勝利を飾りましたね! 
 前半が終わって2−2。後半開始早々にレアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウドがPKで勝ち越し弾を決めたあと、メッシのPK2本でバルセロナが逆転。3−4というスコアとなった3月23日のリーガエスパニョールのクラシコ。7得点中3点がPKというのも珍しいとは思うけど、それだけ激しくデリケートな試合だったんだと思います。とにかく僕は、バルセロナが大好きなので、純粋にファンとして勝利を喜んでいます。

 10月のバルセロナホームのクラシコでの敗戦以来、負けなしだったレアルはこのゲームで2位に順位を下げ、続く試合で連敗し3位に。連勝したバルサが2位に浮上しました。(3月28日現在)首位のアトレチコが勝ち点73点。2位バルサが72点。3位のレアルが70点と上位争いは混戦模様です。残り8試合。本当に楽しみです。

 5月18日の最終節はバルセロナ対アトレチコ・マドリー戦。優勝争いはここまでもつれ込むような気がします。
 しかも、バルセロナは欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝でもアトレチコと対戦するので、その試合がリーグ戦にも大きな影響を与えるかもしれませんね。それにしても、ここでスペインのチーム同士が対戦するのは、とてももったいないですよね。どちらかのチームがここで敗退してしまうわけですから。

 僕としては、チャンピオンズリーグの決勝戦でバルサ対バイエルンのカードが見たいと思っています。グアルディオラ監督(以下ペップ)率いるバイエルンは、すでに史上最短でブンデスリーグ優勝を決めました。最強と言われるバイエルン相手に、バルサがどういうサッカーをするのか、想像するだけでワクワクしてきます。

続きを読む

【鷲津正美コラム】バルサ加入のネイマール「必死で涙をこらえた」

ブラジル代表FWネイマール(21歳)のバルセロナ移籍が完了し、3日カンプ・ノウで約5万5000人のファンにお披露目された。2日夜イングランド代表との親善試合(2−2)に出場した直後スペインへと旅立ったブラジルのスターは、メディカルチェックをパスし、バルセロナと移籍金5700万ユーロ(約74億円)、5年契約に合意した。

「カンプ・ノウに入場した時に浴びた歓声ときたら……必死で涙をこらえたよ。僕の夢が現実となった。世界で最高の選手になれるかどうか心配したことなど一度もない。世界最高はすでにここにいる。それはメッシだ。彼と一緒にプレーできるなんて、僕は世界で最も幸運な男の一人だし、光栄なこと。尊敬するメッシ、チャビ、イニエスタといった偉大な選手たちと共にプレーできる機会を得て、人生の新しいステージが始まった」とネイマールは語る。

バルセロナのライバルであるレアル・マドリーからも同等のオファーが舞い込んでいたが、ネイマールは最終的に自分の意志でバルセロナ入団を選択したという。

「家族で出した結論だけど、最終決定権を持っていたのは僕だ。家族全員お金が動機ではなかったし、僕も金目当てで仕事をしたくない。ヨーロッパのフットボールにいち早く適応して、クラブの役に立ちたい」

続きを読む

アウェイのバルサがクラシコ勝利、両指揮官は冷静

10日に行われたエル・クラシコ、レアル・マドリーのホームでのバルセロナ戦は、3−1でバルセロナが勝利。両者は勝ち点37で並び、対戦成績でバルサが首位に立った。ただし、クラブW杯出場の関係で試合消化数はバルサが1試合多い。

マドリーは開始23秒にGKバルデスのミスをついたベンゼマが先制点を決め、幸先良いスタートを切ったように見えた。しかし、バルサは30分にアレクシス・サンチェスが同点ゴールを決めると、53分にはバルサでの600試合出場達成のチャビのシュートが相手に当たってコースを変えゴール。ツキも味方したバルサは、66分にはセスクがダイビングヘッドでだめ押し点を入れた。マドリーはメッシ、チャビと並んでバロンドール最優秀候補で今季これまで17ゴールを決めているロナウドがチャンスをものにできなかったのが痛かった。

続きを読む

グアルディオラ監督「今はR・マドリーのほうがいいプレーをしている」

バルセロナのペップ・グアルディオラ監督が、4連覇を目指すのならプレーのレベルアップが必要と話した。

バルサは26日のヘタフェ戦に1−0で敗れ、ついに初黒星。今季はアウェイで弱いところを証明した形となり、首位レアル・マドリーの差は6ポイントに開いた。

両者は12月10日にベルナベウで行われる今季初のクラシコで対戦するが、今日29日のバジェカノ戦を前にした記者会見で、グアルディオラはマドリーの好調ぶりを認めた。なお、バジェカノ戦はバルサが12月に日本で開催されるクラブW杯に参加するため、前倒しで行われるもの。

「スポーツ選手として、ライバルに遅れをとった経験は過去にもある。レアル・マドリーには6ポイント差をつけられているが、それは今の彼らがうちよりもいいからだ。レアル・マドリーはとても強いし、うちがもっと頑張らないと追いつけないだろう。今の状態ではリーグ首位につける力はないから、我々はプレーのレベルを上げるしかない。それができなければ、相手の良さを誉めるだけだよ」

ホームでは6勝1分、得点30、失点0と完璧なだけに、2勝1敗3分、得点8、失点7というアウェイでの取りこぼしは歴然としている。
「現在、ホームでは安定感があるのに、アウェイでは手こずっている。それでも、対戦相手よりうちが悪かったわけではない。チャンスは相手よりも多く作っているんだ。ただ、試合に勝てないだけ。そこをこれからなんとかしていかなければならない」

バルサ幹部ロンドン入りも、アーセナルの言い値に届かず

セスク・ファブレガスの獲得を目指すバルセロナの幹部22日にロンドン入りして増額したオファー(3300万ポンドと見られる)を提示したと、英ガーディアン紙が報じた。しかし、まだ、アーセナルの言い値である4000万ポンド(約51億2100万円)には届いていない。

アーセナルは同日、親善試合のためにケルンへ飛んだが、ファブレガスは帯同していない。アジア遠征に参加しなかったのと同じ、負傷が理由となっている。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ