ドイツ・ブンデスリーガは3日、ハンブルガーSVのカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ・モティング(21歳)のケルン移籍を認めるようにとのクラブからの申請を退けた。両クラブは、ファックスが故障したために、移籍に必要な書類の提出が移籍市場締め切り期限に間に合わなかったと主張していた。続きを読む