プレミアリーグ第23節は1月23日に行われ、マンチェスター・ユナイテッドがホームにサウサンプトンを迎えた。

前節ルーニーの一発で宿敵リヴァプールを倒し、プレミア4試合連続無敗と調子をあげてきたユナイテッド。一方のサウサンプトンも2連勝と勢いに乗ってのアウェイ、オールド・トラフォード。

前半からお互いに主導権を握ることができずほとんど見せ場のない展開となったこのゲーム。
ユナイテッドは4試合勝ち点を得続けているものの、前半はボールが落ち着かずチームとして上手く機能しているシーンを見せることが出来ない。枠内シュートもブリントのロングレンジからのシュートのみ。

後半に入って孤軍奮闘のルーニーがフェライニに代わって入ったマタとのコンビでリズムを作り出すも、サウサンプトン守備陣の前に決定機まで持っていくことが出来ない。

両者とも見せ場の作れない展開にシビレを切らしたのか、74分には思わぬお客さんがピッチに乱入。




オールド•トラフォードの小さな管理人(?)がオランダ人両監督に交代のきっかけを与えたか、80分にサウサンプトンのクーマンはこの試合何度もカメラに抜かれていたチャーリー・オースティンをマネに代えて投入。
85分にはファンハールがボースウィック・ジャクソンに代えヤヌザイを最後のカードとして切る。

続きを読む