チャンピオンズリーグ : FOOTBALL WEEKLY

チャンピオンズリーグ

出場機会に恵まれないレスター岡崎、「地道に何年も何十年も日本人選手がもがけるか? 僕はこの状態で粘りたい」

9月27日、欧州チャンピンズリーグ第2節。レスターは、ホームにポルトを迎えた。

奇跡のリーグ優勝を遂げたレスターにとって、チャンピンズリーグ出場もまた“ミラクル”の続きなのだろう。キックオフ前から、スタンドを埋めたサポーターは非常に高いテンションで盛り上がっていた。しかも第1節のブルージュ戦に勝利し、グループリーグ1位につけている。その時はベンチ外だった岡崎慎司はベンチスタート。9月24日のマンチェスターユナイテッド戦で1−4と大敗したにも関わらず、レスターの先発メンバーはその試合と同じだった。

キックオフ直後からポルトは、低い位置からのカウンター攻撃でレスターのゴールへ迫った。戦況はポルト有利かと思われたが、数少ない攻撃チャンスでレスターが先制点をマーク。迎えた後半はじりじりとポルトに押し込まれて、DFラインが深く下がってしまう。セカンドボールも拾えず、防戦一方のレスターだったが、シュート精度の低いポルトの攻撃に救われて、1−0と逃げ切った。岡崎はこの日も出場することはなかった。

9月14日のブルージュ戦でベンチ外となった岡崎は、その後リーグ戦ではベンチ入りするものの出場機会は訪れないままだ。9月20日のリーグカップ対チェルシー戦で2ゴールを決めたものの、アルジェリア代表のスリマリに先発ポジションを奪われた状況は変わらない。

続きを読む

【寺野典子コラム】内田悔し、シャルケ敵地で勝利も敗退

■マドリー相手に勝利、しかしCLベスト16で散る
 試合終了の笛と同時にサンチャゴベルナベウのスタンドからは容赦ないブーイングの声が飛んでいた。レアル・マドリーのサポーターは指笛を慣らすことを止めなかった。そして、ドイツ人からは温かい拍手と声援がシャルケの選手たちに送られていた。

 ファーストレグを0−2で落とし、敵地へ乗り込んだシャルケに対する世間の目は冷たかった。昨季同様に無様な負け方をすると予想する人は少なくなかったはずだ。ドイツ人ですら、そんな風に考えていたかもしれない。

 しかし、試合序盤から敵陣へ攻め込んだのはシャルケだった。何度かのシュートチャンスを逃しながらも、20分フクスの先制ゴールが決まる。その5分後、Cロナウドにあっさりと同点弾を決められた。それでも40分にフンテラールが追加点。しかし、再びCロナウドの見事なシュートでレアル・マドリーが追いついた。

 ハーフタイム。身体を動かすチームメイトに遅れて参加した内田篤人は、初めてのサンチャゴベルナベルのスタンドをしげしげと見上げていた。先発を予想されながらもベンチスタート。膝の調子が思わしくないに違いない。ジャージをはいたままアップを続ける内田の姿に今日の出場はないだろうと思った。

続きを読む

【内田篤人 CLガラタサライ戦コメント(抜粋)】

2013年3月12日 CLシャルケ×ガラタサライ

アウェイのファーストレグを1−1で終えたシャルケは、ガラタサライをホームに迎えた。シャルケのホームタウンにはトルコ移民が多く、スタジアムにはたくさんのガラタサライサポーターがかけつけ、アウェイとは思えない力強い声援を送っていた。

そんな中キックオフされた試合、フンテラールを怪我で欠いたシャルケは、ボールをキープすることが出来ず、開始早々からガラタサライのカウンターの脅威にさらされる場面が続く。それでも前半17分シャルケが先制ゴールを決める。しかし、ガラタサライの攻撃が厚みを増し、シャルケの選手たちは追い込まれた。そして、37分にFKから同点弾を許すと、42分にも失点。1−2とされる。

2試合合計2−2ではアウェイゴールで負けてしまうため、シャルケに必要なのはあと2点。攻めに出てカウンターでやられる危険性もある中、後半開始早々からシャルケは攻勢をしかける。そして、63分GKが弾いたボールをゴール正面で受けた内田は落ち着いて、右のバストスへパス。それが決まり、シャルケは追いつく。次なる1点を目指し、その後も猛攻を続けたが実らず、逆にロスタイムにカウンターから失点。2−3で試合は終了した。

■試合後の内田篤人のコメント
 勝てないなら、こんな感じでしょ。点を取られて、点が取れず、最後カウンターでやられるってね。そういう試合は何回も見てきたけど。相手がカウンターを狙っているのはわかっていたのに。前半残り10分で試合が決定づけられた。リスタートとかミスからの失点。防ぎようがあったんじゃないかと思う。

 ドルトムントに勝っていい雰囲気で試合を迎えられたはずなのに、前半からセカンドボールを相手に拾われて、自分たちでボールを回す時間が作れなかった、ホームなのに試合の主導権を握る時間が短かった。しっかりとボールを持って、ゲームを運べないと、チャンピオンズリーグのここから上の試合は難しい。ボールが行ったり来たりしているようではダメなんだ。

 やっぱりスナイデルが不気味だったね。イヤラシイところにボールを出すし、それで周りも生きてくるから、ああいうチームを勢いに乗らせたら強い。今日はガラタサライのサポーターもたくさんいたからね。
続きを読む

【CL試合結果】香川決勝点アシスト

19日にチャンピオンズリーグE組からH組までの8試合が欧州各地で行われた。マンチェスター・ユナイテッドは香川のアシストでキャリックが決めた序盤のゴールが決勝点となり、1−0でホーム先勝。同じイングランド勢のチェルシーはホームでユヴェントスに追いつかれ2−2のドロー。バルセロナはホームでスパルタク・モスクワに一時逆転を許したが、メッシの連続得点で3−2で勝利。バイエルン・ミュンヘンはバレンシアに2−1でホーム白星発進とした。

続きを読む

【CL】マンチェスターの両雄、ベスト16に進めず

7日にチャンピオンズリーグのグループAからDの最終節が行われ、マンチェスターの両雄がグループステージで姿を消すことになった。チャンピオンズリーグが優勝チーム以外のチームにも門戸を開いて以来、プレミアリーグのチームが2チーム、グループリーグで敗退したのはこれが初めてとなる。

グループCのマンチェスター・ユナイテッドはアウェイでのバーゼル戦で引き分け以上で勝ち抜けが決まる。しかし、ホームのバーゼルは9分にシュトレラーのゴールで先制すると、組織だったプレーと固い守備で優勢に試合を進め、84分にはだめ押しとも言えるフライのゴールで2点をリード。ユナイテッドも89分にジョーンズが1点を返し、ロスタイムにバーゼルゴール前に押し寄せるが、奇跡を起こすことはできず、2−1で敗れた。
バーゼルはこれで旋風を巻き起こした2002-03シーズン以来の16強。ユナイテッドは2005-06以来のグループリーグ敗退となった。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ