■欧州予選
ここまでイタリアとオランダがW杯出場を決めているが、11日に行われた試合でベルギー、ドイツ、スイスがブラジル行きを決めた。

A組ではベルギーがアウェイでクロアチアと対戦、ルカクが2ゴールを決め、1−2で勝利し、W杯出場を決めた。クロアチアは2位でプレーオフにまわる。

B組ではすでに出場を決めているイタリアがアウェイでデンマークと対戦。デンマークはベントナーの2ゴールで一時はリードするが、後半追加タイムにイタリアはアクイラーニがゴールを決めて2−2のドロー。ブルガリアがアウェイでアルメニアに2−1で敗れたので、デンマークは勝利すれば2位に浮上できたのだが、引き分けに終わったため、勝点13でブルガリアに並んだものの得失点差で3位のまま。最終戦はブルガリアがチェコ、デンマークはマルタと対戦する。

C組では、ドイツがアイルランドと対戦、ケディラ、シュールレ、エジルのゴールで3−0と勝利し、本大会出場を決めた。また、スウェーデンはイブラヒモヴィッチの決勝点でオーストリアに2−1で勝利し、プレーオフ出場を決定した。

D組は、すでに出場を決めているオランダだが、ハンガリーに容赦なく襲いかかり、ファン・ペルシのハットトリックなどで、8−1で勝利した。2位争いは熾烈で、トルコ、ルーマニアが共に勝利で勝点を16に伸ばし、ハンガリーが14で続く。最終戦でトルコはオランダと対戦、ルーマニア、ハンガリーは下位のチームとの対戦となる。プレーオフ出場は3チームにチャンスがあるため、最後まで目が離せない組となった。

続きを読む