チェルシーの新監督となったアンドレ・ヴィラス・ボアス(33歳)が、自分を、ジョゼ・モウリーニョ(現レアル・マドリー監督)のニックネームである“スペシャル・ワン”と呼ぶのは、クラブで成功を収めてからにしてほしいと訴えた。

ビッグクラブの陣頭指揮を任されたヴィラス・ボアス監督は、自分の使命はマンチェスター・ユナイテッドからプレミアリーグ王者の称号を奪還すること、そして悲願のCL優勝を果たすことだと明かした。

それでかでも、このポルトガル人監督の肩に圧し掛かるプレッシャーは相当なものだが、このロンドンのクラブに数々のタイトルをもたらした同胞ジョゼ・モウリーニョ監督と常に比較されることが更なるプレッシャーとなっている。

続きを読む