ジェノア : FOOTBALL WEEKLY

ジェノア

元イタリア代表FWトニ、減給でもユーヴェ入り

ユヴェントスは7日、ジェノアから元イタリア代表ルカ・トニをフリートランスファーで獲得したと発表した。

33歳の長身ストライカーは、これまでフィオレンティーナやバイエルン・ミュンヘンでもプレーし、代表では47試合に出場し16得点。ユーヴェとは1年半契約を結んだ。
続きを読む

【移籍】ミランがガーナ代表プリンス獲得

ミランは18日、ガーナ代表MFケヴィン・プリンス・ボアテング(23歳)をジェノアから期限付き契約で獲得したと発表した。ジェノアは同日、プレミアリーグから2部に降格したポーツマスからボアテングを獲得したばかりだった。契約には、シーズン末に完全移籍で獲得するオプションがついている。

ドイツ人の母、ガーナ人の父のもとにベルリンで生まれたボアテングは、今年になってガーナ代表を選択し、W杯のアメリカ戦ではゴールを決めている。弟のジェロームはドイツ代表で、最近マンチェスター・シティに移籍した。

インテルへ旅立つスクッリ、ファンに別れの挨拶

憧れだったインテルへの移籍が決まったジェノアのウィンガー、ジュゼッペ・スクッリ(29歳)が、ファンにお別れの挨拶をした。

マリオ・バロテッリをマンチェスター・シティへ売却し、スクッリを迎える準備を整えたインテル。スクッリとは3年間の契約を結ぶと見られる。

スカイ・イタリアに対して、スクッリは「僕のことを常に信頼してくれたファンとクラブ、そしてチームメイトたち。僕にとって皆がとても大切な存在だったし、感謝の気持ちでいっぱいだ。これまで素晴らしい経験をしてきているが、僕にとってインテルは夢の最高点になるだろう。彼らは世界一のチームだからね。僕がそんな一流のユニフォームを着る機会に恵まれたことにチームメイトですら喜んでいるよ」とコメント、これまで自分を支えてくれた人々に感謝の気持ちを述べた。

【移籍】ジェノアがM・ヴェローゾ獲得

スポルティング・リスボンは30日、ポルトガル代表MFミゲウ・ヴェローゾ(24歳)がジェノアに移籍したと発表した。移籍金は非公開だが、条件の一つとしてジェノアからアルベルト・サパテルがスポルティング入りする。

ヴェローゾはスポルティングのアカデミー育ちで51試合に出場、2007年にはポルトガル代表デビューし14試合出場。南アフリカW杯のメンバーで、グループステージの2試合で終盤に途中出場している。

サパテルはスペイン人の守備的MFで昨年サラゴサからジェノアに加入していた。

【移籍】ジェノア、新鋭スクリーニをレンタルで獲得

アルゼンチンの新鋭MFフランコ・スクリーニが、所属先のホッフェンハイム1899からジェノアへ1年間レンタル移籍するになった。

2009年に母国アルゼンチンのラシン・クルーブからドイツのホッフェンハイムへ移籍したスクリーニは、7試合に出場し1得点を決めている。U-21アルゼンチン代表でレギュラーとして活躍するMFの元には複数のクラブからオファーが届いていたが、このたび1年間ジェノアでプレーすることが決定した。
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ