シャルケ : FOOTBALL WEEKLY

シャルケ

【寺野典子コラム】いま日本代表にほしい自分たちで変える力

 ホームでは6−0と圧勝したヨルダンに、アウェイでは2点を先制されて敗れてしまった日本代表。W杯出場権獲得はお預けとなったけれど、ここまで最終予選は4勝1分と順調に進んできただけに、やっと「アジア最終予選ぽくなったな」という気持ちもある。「アジアの予選は簡単じゃない。厳しい戦いなんだ」と口々にそう語ってきた代表選手たちにとってもその思いを新たにした試合だったに違いない。
 
 カナダ戦後も2回の練習をドーハで行い、3月24日夕方遅くに、チームはアンマンへ到着。3月25日の公式練習前には、ザッケローニ監督からは「簡単な試合などない。しっかり集中していこう」と訓示があり、チームは本番モードへとうまく切り替えられたという。

 ヨルダン戦の舞台となるキング・アブドゥラ・インターナショナルスタジアムは、アンマン市内から車で30分ほどのところにある古いスタジアムだ。ヨルダンはここでオーストラリアを破った。試合前日会見でヨルダンの監督は「前回日本で対戦したときは、移動直後で選手たちには疲れが残っていた。しかし今回は違う。いい準備をして、ホームで試合ができる。オーストラリアに勝ったスタジアムで戦えるというだけで、気持ちがハッピーになる」と語っている。

 ヨルダンにはシリア、イラク、パレスチナ、イスラエルからの難民やその子孫が多く暮らす。代表チームに対する愛情は、日本のそれとはまた違った熱さがあり、それが奇跡的な勝利を生み出してきた。

続きを読む

【清武&内田 試合後コメント】「ニュルンベルクはキヨが中心」

ニュルンベルク対シャルケ
 16日のリーグ戦で、前節アウェイのアウブスブルク戦で約1カ月ぶりの勝利を飾ったニュルンベルクは、ホームにシャルケを迎えた。前節のルールダービーで勝利を収めたシャルケだったが、チャンピオンズリーグガラタサライ戦では、攻めながらもゴールを決めきれず、逆にカウンターで失点を重ねてしまった。「この敗戦をリーグ戦に引きずりたくない」と語っていた内田は、ベンチスタート。
 前節は先制ゴールを決めた清武は今日も先発出場。金崎はベンチとなった。
 動きの鈍いシャルケのDFラインの裏をニュルンベルクが効果的なカウンターで脅かし、31分に先制ゴールを決める。後半に入ると運動量が落ちたシャルケの中盤のスペースで清武がボールを触る機会が増えていく。シャルケも何度かゴールチャンスを迎えるが、決めきれない。そして69分に追加点をあげ、さらに勢いにのるニュルンベルクは、87分に清武のアシストで3点目をマークし、勝利を確実のものとした。



■清武コメント
——気持ちの良い勝利でしたね。
はい。でも、ただシャルケは疲れてたと思うんで。まあまずは勝って良かったです。
——先制点が決まり、チームとしてやりたいことができたのでは?
まあでもシャルケはポスト2本くらいありましたし、そこで決められていたらどうなっていたか。今日はまあ運が良かったんじゃないかと思いますけど。
——開始早々から、いつもより守備ができたと思うが、気持ちの面で違いがあったのか?
いや、いつも通り僕は変わらず、試合に入りました。ただ、今日勝ってたら大きいですし。まあ勝てて良かったです。
続きを読む

【内田篤人 CLガラタサライ戦コメント(抜粋)】

2013年3月12日 CLシャルケ×ガラタサライ

アウェイのファーストレグを1−1で終えたシャルケは、ガラタサライをホームに迎えた。シャルケのホームタウンにはトルコ移民が多く、スタジアムにはたくさんのガラタサライサポーターがかけつけ、アウェイとは思えない力強い声援を送っていた。

そんな中キックオフされた試合、フンテラールを怪我で欠いたシャルケは、ボールをキープすることが出来ず、開始早々からガラタサライのカウンターの脅威にさらされる場面が続く。それでも前半17分シャルケが先制ゴールを決める。しかし、ガラタサライの攻撃が厚みを増し、シャルケの選手たちは追い込まれた。そして、37分にFKから同点弾を許すと、42分にも失点。1−2とされる。

2試合合計2−2ではアウェイゴールで負けてしまうため、シャルケに必要なのはあと2点。攻めに出てカウンターでやられる危険性もある中、後半開始早々からシャルケは攻勢をしかける。そして、63分GKが弾いたボールをゴール正面で受けた内田は落ち着いて、右のバストスへパス。それが決まり、シャルケは追いつく。次なる1点を目指し、その後も猛攻を続けたが実らず、逆にロスタイムにカウンターから失点。2−3で試合は終了した。

■試合後の内田篤人のコメント
 勝てないなら、こんな感じでしょ。点を取られて、点が取れず、最後カウンターでやられるってね。そういう試合は何回も見てきたけど。相手がカウンターを狙っているのはわかっていたのに。前半残り10分で試合が決定づけられた。リスタートとかミスからの失点。防ぎようがあったんじゃないかと思う。

 ドルトムントに勝っていい雰囲気で試合を迎えられたはずなのに、前半からセカンドボールを相手に拾われて、自分たちでボールを回す時間が作れなかった、ホームなのに試合の主導権を握る時間が短かった。しっかりとボールを持って、ゲームを運べないと、チャンピオンズリーグのここから上の試合は難しい。ボールが行ったり来たりしているようではダメなんだ。

 やっぱりスナイデルが不気味だったね。イヤラシイところにボールを出すし、それで周りも生きてくるから、ああいうチームを勢いに乗らせたら強い。今日はガラタサライのサポーターもたくさんいたからね。
続きを読む

【寺野典子コラム】シャルケ・セカンドチームに見るACL飛躍のヒント

 ACL出場権獲得がかかる天皇杯だが、来季のACLは2月27日から始まり、3月1試合、4月4試合と例年にない過密日程となっている。決勝トーナメント1回戦がホーム&アウェイとなり1試合増えたことや、代表戦の日程などが影響したのだろう。

 以前からACLとリーグ戦を並行して戦い、勝つためには、選手起用のターンオーバーが不可欠だと語られてきた。よって、保有選手数を増やし、選手層を厚くすることをクラブ首脳陣は考えるに違いない。しかし、ACLをグループリーグで敗退すれば5月以降には、余剰選手が生まれてしまう可能性も高い。ましてや欧州チャンピオンズリーグのように、出場することで多額の収入が得られるほどACLは成熟していない。アウェイへの移動費出費だけでなく、ホームでの試合開催ですら収入増にはつながらないケースもあるという。

 とはいえ、ここ数年、ACLにおけるJリーグ勢の成績は芳しくない。選手層の薄さもそのひとつの原因なのかと思ったりもした。しかし、である。
「シャルケは今季CLを18名から19名の選手を入れ替えながら戦っていますね」
 深夜のCLのテレビ中継で、解説者の言葉が耳にとまった。
 そして、シャルケのトップチームの所属選手数を公式HPで調べたところ、24名しかいなかった。ドルトムントでは30名、バイエルンは27名。マンチェスター・ユナイテッドも29名だ(11月下旬現在)。

続きを読む

【寺野典子コラム】シャルケ内田、3年目の自覚

 9月1日、ブンデスリーガ第2節、シャルケ対アウブスブルク戦。
 前半終了間際のシーンだった。相手にCKを許し、守備陣形を整える場面で、内田篤人は両手をパンパンと叩き、チームメイトを鼓舞するように声を出していた。ゲームの流れが悪くなり、気持ちが切れそうな嫌な空気が漂っている時間でもあった。そして、内田以外にそんな行動をとる選手も少なかった。でもだからこそ、ここで声を張り上げる必要を察知したのだろう。ドイツでも日本代表でもあまり見られなかった内田の姿に、少し驚いた。きっと、普段は大人しい日本人選手の怒鳴り声に、チームメイトたちもハッとしたかもしれない。

 試合開始から、パスを繋ぎながら、攻め上がるシャルケ。しかし、ボールを失い、相手にインターセプトされ、カウンター攻撃を許してもいた。相手のシュートミスに救われる場面や、ディフェンダーの体を張った守備で失点は免れていたが、落ち着きのない展開が続く。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ