ケルン : FOOTBALL WEEKLY

ケルン

バイエルンと引き分け、ケルン大迫にさらなる自信

今季負けの無い3位ケルンは、10月1日絶対王者バイエルンミュンヘンのホームスタジアム、アリアンツアリーナへ乗り込んだ。1部に昇格後、リーグ戦では4度バイエルンと対戦しているケルンだが、1度も勝っていない。アリアンツアリーナでは4−1、4−0と大敗を喫している。

1位対3位の上位対決ではあったが、キックオフ早々から、力の差を感じさせられる展開が続いた。ボールを繋ぎ、敵陣へと攻め入るバイエルン。ケルンはその攻撃を受け止める立場に立たざるを得ない。しかし、ケルンは決して受け身ではなかった。相手のパスをインターセプトして、カウンター攻撃を仕掛けるシーンを作ることには成功していた。

22分には大迫が抜けだし、ドリブルでゴールを狙う。シュートはノイアーにキャッチされたが、2戦連続ゴールと調子をあげているからこその力みの抜けた柔らかいプレーだった。当初はほとんどパスが来なかったが、30分過ぎからケルンが “らしい”プレーを展開し始める。カウンターだけでなく、DFラインからパスを繋ぎ、ボールを運んだのだ。

しかし、39分、先制点を決めたのはバイエルンミュンヘンだった。

「1−0になっても慌てずに戦えたことがもっとも良かった」と振り返った大迫は、後半早々の48分CKからヘディングシュートを放ったが、わずかに外してしまう。けれど、この試合の後半はケルンペースの試合になったと言ってもいい。果敢に縦パスを入れて、得点機を作ろうとチャレンジしていた。その軸になっているのはもちろん大迫。2トップでコンビを組むモデストとの相性も良く、横並び、縦並びとポジションを変えながら、味方のパスを引き出している。

そして63分、モデストのゴールで同点に追いついたケルンは、ゲームの主導権を握った。もちろん、ボールを保持していたのはバイエルンだったし、シュート数は少なくはなかったが、ケルンはおちついてゲームをコントロールしていた。

続きを読む

ケルン大迫同点弾、周囲の信頼を得て主役級の活躍

左から来たパスを右足でトラップ。クルリとターン。正面に立つDFとゴールキーパーの間、角度もスペースもない状況で大迫が左足で放ったシュートがゴールネットを揺らした瞬間、スタジアムの観客席は総立ち。両手を高くあげ、気持ちの良い笑顔でそれに応える大迫の姿が青い空に映えていた。

「あぁいう形は練習でもイメージしているし、落ち着いて、気持ち良く打てました」

開始早々に先制点を許したケルンは大迫のゴールで同点に追いついた。



今季開幕から3勝1分けの4戦負けなしで、2位と好成績を残しているケルン。9月25日第5節、昇格組ながらドルトムントを破るなど2勝2分と躍進しているライプチヒをホームに迎えた一戦は、ケルンのサポーターがライプチヒの選手バスのスタジアム到着を妨害したこともあり、キックオフは15分遅れた。
 
開幕戦こそ途中出場だったが、その後は先発に定着し、この日4戦連続スタメンとなった大迫が2トップの1角に立つ。4分にはさっそくミドルシュートを放った。5分に先制点を決めたのはライプチヒだったが、7分には大迫が中央で楔のパスを受けて、ターンし、前線のモデストへパスを送る。これはオフサイドになってしまったが、その後も大迫はパスを引き出すプレーで、ケルンの攻撃を演出していた。

続きを読む

ケルン快勝、槙野は終盤出場「被災地のみんなへ、ガンバレ!!」

ブンデスリーガの1試合が11日に行われ、ケルンがハノーファーに4−0と快勝した。

ホームのケルンは、プティ、ポドルスキ、そして終盤にノヴァコヴィッチが2ゴールを決めている。槙野智章は4点目が生まれる直前の87分に途中出場した。

また、槙野はアンダーシャツに日本へ向けたメッセージを書き、被災地にエールを送っている。

「被災地のみんなへ、ガンバレ!! 一人でも多くの命が救われますように!!」続きを読む

移籍最終日悲話、ファックス故障で移籍実現せず

ドイツ・ブンデスリーガは3日、ハンブルガーSVのカメルーン代表FWエリック・マキシム・チュポ・モティング(21歳)のケルン移籍を認めるようにとのクラブからの申請を退けた。両クラブは、ファックスが故障したために、移籍に必要な書類の提出が移籍市場締め切り期限に間に合わなかったと主張していた。続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ