26日ラウンド16の3試合が行われ、フランス、ドイツ、ベルギーが順当に勝ち上がった。

アイルランドと対戦したフランスは開始2分にPKを献上し失点、勢いに乗ったアイルランドの攻守に魂のこもった戦いぶりに前半はいいところなく終わったが、後半開始から、警告を受けていたカンテに代えてより攻撃的なコマンを投入しフォーメーションを変更、これでスペースを与えられたグリーズマンが同点と逆転ゴールを決めて試合をひっくり返すと、退場者を出したアイルランドに盛り返す術はなかった。

カンテは、楽に勝てる相手に負けるのではないかと全員が「心配した」し、パイェも「最悪のシナリオ」と話し、デシャン監督もアイルランドのせいで「いやな感じ」だったと前半を終えての心境を吐露。

マンオブザマッチのグリーズマンは、「前半はいいプレーができなかった。ハーフタイムのロッカールームで話をした。監督も話をした。後半の僕らは全力を尽くして、別の顔を見せることができた。リヨンは僕のホームタウンだから家族もスタンドにいたし、感動もひとしおだ。これからもこうしてチームの力になりたい」と話した。


ドイツとベルギーも、それぞれスロヴァキア、ハンガリーを退けた。
ここまでの結果、準々決勝は、ポーランド対ポルトガル、ウェールズ対ベルギーの組みわせが決まり、ドイツは27日に行われるイタリア対スペインの勝者、フランスはイングランド対アイスランドの勝者との対戦となる。

続きを読む