グアルディオラ : FOOTBALL WEEKLY

グアルディオラ

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第2回

 今月初めに出版された『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』(Football Weekly編集部訳)のなかに、日本サッカーのファンには懐かしい顔が登場している。デットマール・クラマーさんだ。
 しかし、クラマーさんの登場にはいささか驚いたというのが本音だった。というのも、本書は最新戦術とトレーニングを紹介している本であり、引用されている監督も現代サッカーを代表するペップ・グアルディオラであり、ジョゼ・モウリーニョであったりするからだ。サッカーの基本を語る時に、クラマーさんのことが引用されているのは、クラマーさんをリアルに知っている世代としては、素直に嬉しかったし、欧州におけるクラマーさんの偉大さを改めて思い知らされた。

 彼の言葉として引用されたのは「『より良いこと』が可能ならば、『良い』は十分ではない」というものだ。さらに上を目指すものにとっては当たり前の言葉だろうが、クラマーさんはそれを適確に表現していた。
 そこで、クラマーさんの生んだ最高傑作といえる、日本を代表するFW釜本邦茂(サッカー協会顧問)さんにクラマーさんのことなどを聞いてみた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最高ができるなら、最良ではだめ」というのはよく言われていたね。ベターではだめ、ベストになれって。

 クラマーさんと初めて会ったのは16歳の頃だから、はや半世紀を越えているね。僕らの頃は、ただ、蹴って走ってゴールを目指せばいいという時代だから、まず、サッカーに必要なのは3Bとクラマーさんに言われた時には、いささか驚いた。Ballコントロール、Bodyバランスと体力、Brain頭なんだが、それが実際の練習でも常に問われていたんだ。

 練習ではボールをつまらないミスで逃すと本当に怒られた。とにかくクラマーさんがいると集中していたね。でも、クラマーさんが目を離すとつい気が抜けてミスするんだ、そうすると「正確に=genauゲンナウ」ってドイツで叫ばれる。どこで見ていたのか、しっかり横目で見ていたのかもしれないけど、こちらは見てないと思っていたから、驚いたね。

続きを読む

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第1回

_SX350_BO1,204,203,200_ Footbal Weekly編集部では、『日本人に教えたい 戦術的ピリオダイゼーション入門』(東邦出版)の翻訳を手がけた。編集部で翻訳というのは、いささか奇異に感じられるかもしれないが、本書は実践トレーニングなどにもわたっており、単純に翻訳をすれば良いというものではないので、幾人かの人の手を煩わせることとなり、最終的な責任は編集部にあるという形で、訳者名として表記している。
 モウリーニョ、グアルディラ、クロップ、ファン・ハールをはじめとするトップクラスの指導者が実際に練習で用いている63種類ものトレーニングに関しては、V・ファーレン長崎のアカデミーダイレクター、寺峰輝さんに翻訳のチェックをお願いした。


 3回にわたってその内容の一部を掲載するが、1回目は「戦術的ピリオダイゼーションとは何か」について説明した部分を紹介する。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
続きを読む

【アルビレックス新潟 田中達也 連載コラム13】ReSTART

09_tatsuya_1FW第13回「「バルサの核はイニエスタ!」



----------------------------------------------------------------------
 

 バルサ、見事に逆転勝利を飾りましたね! 
 前半が終わって2−2。後半開始早々にレアル・マドリーのクリスチアーノ・ロナウドがPKで勝ち越し弾を決めたあと、メッシのPK2本でバルセロナが逆転。3−4というスコアとなった3月23日のリーガエスパニョールのクラシコ。7得点中3点がPKというのも珍しいとは思うけど、それだけ激しくデリケートな試合だったんだと思います。とにかく僕は、バルセロナが大好きなので、純粋にファンとして勝利を喜んでいます。

 10月のバルセロナホームのクラシコでの敗戦以来、負けなしだったレアルはこのゲームで2位に順位を下げ、続く試合で連敗し3位に。連勝したバルサが2位に浮上しました。(3月28日現在)首位のアトレチコが勝ち点73点。2位バルサが72点。3位のレアルが70点と上位争いは混戦模様です。残り8試合。本当に楽しみです。

 5月18日の最終節はバルセロナ対アトレチコ・マドリー戦。優勝争いはここまでもつれ込むような気がします。
 しかも、バルセロナは欧州チャンピオンズリーグ(CL)の準々決勝でもアトレチコと対戦するので、その試合がリーグ戦にも大きな影響を与えるかもしれませんね。それにしても、ここでスペインのチーム同士が対戦するのは、とてももったいないですよね。どちらかのチームがここで敗退してしまうわけですから。

 僕としては、チャンピオンズリーグの決勝戦でバルサ対バイエルンのカードが見たいと思っています。グアルディオラ監督(以下ペップ)率いるバイエルンは、すでに史上最短でブンデスリーグ優勝を決めました。最強と言われるバイエルン相手に、バルサがどういうサッカーをするのか、想像するだけでワクワクしてきます。

続きを読む

【アルビレックス新潟 田中達也 連載コラム12】ReSTART

09_tatsuya_1FW第12回「いよいよ開幕! キャンプではペップの本を読んでいました」



----------------------------------------------------------------------
 
 1月24日に静岡・沼津で始まったキャンプもその後、2月2日からは高知・春野で約2週間行われ、2月18日からは、静岡の清水へ移動し、2月23日に終了しました。

 雪の多いに新潟では、グラウンドでのトレーニングを行うのが難しいということで、アルビレックスのキャンプは、長期間に渡ります。キャンプ地が変わる合間のオフには新潟で家族と過ごすことができますが、約1カ月、家族と離れての暮らしは、当然寂しさも感じます。

 毎晩、子どもたちが就寝する前のタイミングで、家に電話をかけて娘と話をします。「今日はどんな1日だったの?」とか、他愛もない会話ですが、彼女たちの声を聞いていると、やはりリラックスできますね。僕が居ない間、子どもの入浴などいつもなら僕がやることを、全部奥さんにまかせっきりになるので、申し訳ないなという気持ちにもなります。とはいえ、僕がやっていることは大したことじゃないけど(笑)。感謝しなくちゃいけないと思っています。

 家族と会えないことを除けば、キャンプを苦痛に感じることはないですね。
 確かに毎日のトレーニング量は多いし、宿舎での生活は味気ないものではあるけれど、思う存分、サッカーに集中できる環境は、チームにとっても、僕自身にとっても貴重な時間になるので。
 去年、移籍してきたばかりの僕にとって、キャンプはチームメイトとの交流を深めるうえで、とても効果的な時間になりました。毎年移籍加入選手の多いアルビレックスでは、シーズン前の長いキャンプでチームの輪を強化することができるんだと思います。今シーズンの新加入選手たちは、すぐにチームに溶け込んでいましたね。長期キャンプも必要がないくらいに(笑)。

続きを読む

【閑話休題】監督の世界基準はマルチリンガル!!

コンフェデレーションズカップはいよいよ佳境に入りましたが、クラブシーンではすでに来季の準備が着々と進行中。

昨日はレアル・マドリーがアンチェロッティ監督の就任を発表しましたし、チェルシーにはモウリーニョ、バイエルン・ミュンヘンにはグラルディオラと大物監督も移動済み。早くもプレシーズンツアーに出ているチームもありますね。

ところで、グアルディオラ監督は24日に入団記者会見を行いましたが、その際に全編ドイツ語で通したことが話題になっています。

「こんにちは。昨年はニューヨークで過ごしたので、ドイツ語の勉強のためにはならなかったけれど、これからはもっとしゃべられるように努力します」という感じで、会見を始めました。少したどたどしさがあったので、その後はスペイン語か英語になるのかなと思ったら、最後までドイツ語でがんばりました。これでサポーターの心をぐっとつかんだだろうことは想像に固くありません。


この映像は冒頭の数分間です。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ