ウェールズ : FOOTBALL WEEKLY

ウェールズ

[ユーロ2016]ウェールズ強し、ベルギー破って4強

1日に準々決勝の2試合目、ウェールズ対ベルギーが行われ、今大会でアイスランドと並んで台風の目となっているウェールズが、優勝候補の一角ベルギーに逆転勝ちして、ベスト4進出を決めた。

先発の選手の平均年齢が24歳242日と、1968年大会以来の最も若いイレブンを揃えたベルギーは13分にはナインゴランが22メートルの強烈なミドルシュートを突き刺して先制する。しかし、それを合図に目を覚ましたウェールズの攻撃陣はボールを保持しながら相手陣内に攻め込み、31分にはセットプレーから闘将ウィリアムズが頭で決めて同点に追いつく。後半開始からベルギーはフェライニを投入し、高さを生かして反撃に出るがウェールズの守備の前にゴールまでは至らず。押され気味だったウェールズは55分にラムジーのクロスをロブソン=カヌが決めて逆転に成功。その後もベルギーの攻撃にさらされたウェールズだが、86分には交代出場の巨漢ヴォークスがダメ押し点を決めた。
 この結果、ウェールズは準決勝でポルトガルと対戦。この日はゴールのなかったエースのガレス・ベイルと、レアル・マドリーのチームメート、クリスティアーノ・ロナウドとのなんとも魅力的な対決が実現した。ただし、ウェールズはこの日も要所で大事な仕事をしたラムジーを出場停止で欠く。
<ベイルは自らのTwitterで、「まだ帰国したくない!」と>

ウェールズ代表のクリス・コールマン監督は試合後、次のように語っている。
「グループリーグを抜けた時点でベルギーと対戦するチャンスはあると知っていた。トップチームだよ。最高の試合をしないと勝てないと思っていたし、選手たちはその通りにやってくれた。最高のパフォーマンスだった。優勝なんてことはまだ考えられない。最初の挑戦はグループリーグを抜けること、次に北アイルランドを倒すこと、そしてベルギーを破ること。次はポルトガルだ
「(次戦出場停止のラムジーについては)本当に残念だ。彼は見事なプレーをしてきている。大会のベストプレイヤーの一人だからね。彼もがっくりしてるよ。我々はなすべきことを知っているし、チームのためにカードをもらうことだってある。ただ、このレベルでイエロー2枚で出場停止というのはちょっと厳しいね。ラムジーと(同じく出場停止となるDFの)ベン・デイヴィスがいないのは大きな損失だ。彼ら二人がいなかったらここまで来ていなかっただろうから。でもルールはルールだからね」

続きを読む

【football newsを読む】ベイル、3カ月半ぶりの公式戦出場なるか?

インターナショナルデイの6日、日本は大阪・長居でグアテマラと親善試合を行うが、欧州ではW杯予選が佳境に入る。1億ユーロでレアル・マドリーに移籍したガレス・ベイルの動向に注目したのがスペインのマルカ紙。なんといっても、今季は移籍が決まるまで一切公式戦に出場していないベイルがどんなプレーを見せるのか、マドリーの広報紙ともいえるマルカが気にならないわけがない。

ウェールズ代表のトレーニングを取材して、「ベイルのフィットネスに対する疑問は、チームメイトとの練習する姿を見て一掃された。プレミアリーグの昨季最終戦5月19日以来公式戦ではプレーしていないベイルだが、金曜日のマケドニア戦には出場するだろう。明らかに準備はできている」と報じたのだ。

「ベイルは楽しそうにチームメイトと同じ練習をこなした。ミニマッチでもプレーし、ボールタッチも、他の選手とのコンタクトも問題ない。体調は万全で、代表でのプレーを心待ちにしているようだ」とも報告している。

続きを読む

記録更新のギグス、シーズン終盤の連戦を楽しむ

マンチェスター・ユナイテッドのMFライアン・ギグス(37歳)が、また新たな記録を樹立した。2−1で勝利したCLのチェルシー戦で、ヨーロッパにおける大会でのクラブのフィールドプレーヤー最年長出場記録を塗り替えたのだ。これまでの記録保持者は2002−2003年に所属していたDFローラン・ブランだった。

試合後、この新記録を伝えらえたギグスは、「まったく気付いていなかった。でも、その記録もすぐに忘れ去られるだろう。僕は今回のような試合のパフォーマンスに関われたことをただ嬉しく思う」とコメント。
続きを読む

ウェールズ大打撃、ベイルはイングランド戦欠場

ウェールズ代表のガレス・ベイルが26日のユーロ2012予選対イングランド戦を欠場することになった。ライバル相手に勝利を目指すチームにとっては、大きな打撃だ。

ベイルは19日に行われたプレミアリーグのウェストハム戦で、「筋肉に違和感を覚えた」という。腰痛で1カ月間戦列を離れていたベイルにとって、この試合は復帰以来初めてのフル出場だった。代表に合流し、火曜日の練習はウォームアップだけで中止。そして24日の検査で、ハムストリングのケガと診断された。

続きを読む

イングラド代表に挑むウェールズ代表ベイル「目指すは勝利!」

26日に行われるユーロ2012予選のイングランド戦に臨むウェールズ代表のガレス・ベイルが、勝利を目指すと意気込みを語った。

同じ英国ながら別々のサッカー協会を持つ両チームは、カーディフのミレニアム・スタジアムで激突する。

ウェールズはここまで3連敗で、昨年12月にガリー・スピード監督に代わって初の試合。予選突破へのかすかな希望をつなぐためにも勝利が必要だ。一方ファビオ・カペッロ監督のイングランドは3試合で勝ち点7とまずまずの成績できている。

所属のトッテナムで世界的な評価を得るに至ったベイルは記者会見で、「ビッグゲームだよ。国際試合という観点から言えば、地元のダービーマッチということになる。楽しみでしかたがない」と話した。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ