アジアカップ : FOOTBALL WEEKLY

アジアカップ

【寺野典子コラム】日本代表「辛酸をなめたからこそ、質実剛健なチームに」

●練習試合の意義。深まるコニュニケ―ション

 これから本格的な夏へ向かおうとしている南半球のオーストラリアでのアジアカップ。陽が沈めば過ごしやすくはなるものの、暑熱対策が重要なカギとなる大会だ。
「4年前のカタール大会でも暑さはありましたが、湿度がとても低かった。しかし、オーストラリアは高温多湿です。初戦10日前に入り、日中に練習することで高温多湿に慣れ、しっかり汗線を開くトレーニングを行いました。試合時間は夕方なので、湿度も下がってくる。そうすると身体も動きやすくなりますから」と霜田技術委員長。

 チームは1月3日からセスノックという小さな町で5日間の合宿を実施。到着翌日には、早速オークランドシティとの練習試合、翌々日の5日は、控え組を中心に地元クラブチームと非公開で30分ハーフの試合を行っている。
 12月29日から始まった国内合宿を経ての長距離フライト。疲労を抱えた状態での試合だったが、選手の身体に暑さを実感させるために必要なトレーニングマッチだった。

 シーズンが終了しているJリーグに所属する選手にとっては、試合勘を取り戻すきっかけになり、欧州組にとっても、オーストラリアの気候を体感する絶好の機会となった。指揮官が掲げた「無失点」という課題は2試合ともにクリアしているが、連携面での課題を残す内容でもあった。

 しかし、そんな試合のあと、ピッチでは選手たちが会話を交わす光景が印象的だった。芝生に座り話し込む選手たちの輪が次第に大きくなったり、小さくなったり。ジョギングをしながら手振り身振りで熱心に話している者もいる。

「監督からいろんなアドバイスはあるけれど、『ピッチで表現するのは選手だ』ということをいつも言われている」とアギーレ監督就任第一戦目のあと、岡崎慎司が話していたし、その後も多くの選手が同じようなことを語っていた。だからこそ「選手間のコミュニケーションが増えている」と。そして、アジアカップを前にして、その質や量が一層増したようにも思える。

「ブラジルW杯のときよりも選手同士が話している時間は滅茶苦茶増えましたね。監督は『これをやりなさい』とはっきり言っているわけではないので。いくつかのオプションの中で、自分たちでちゃんと考えて解決しなさいという指導方法なんです。やっぱり日本人が次のステップへ行くためには、自分たちで判断して、考えて、ピッチの中で結論を出す選手になってほしいと思っています。そういう意味では選手たちの意識もだいぶ上がってきています。選手たちがピッチの中で考えて、判断して、選択するという余地がサッカーには絶対にある。それを大前提としてスタートしているので。公開練習を皆さんにも見てもらったと思いますけど、練習の中でもそういうメニューがたくさんあるし、決まりきったパターン練習というよりは、自分たちが判断して、ピッチの中でお互いのコンビネーションを合わせるという練習が多いので」

 霜田技術委員長が語る通り、ほとんどの練習が対人練習で、GKを交えての実戦形式が中心だ。
「ザックさんのときは、GKだけで練習する時間のほうが長かったけれど、フィールドプレーヤーと一緒にやっているアギーレさんの練習は、新鮮です」と西川周作が話していた。試合で起こりうる状況を想定しての練習は、自然と選手たちの集中力も高まり、ピッチには活気が満ち溢れている。

続きを読む

香川、手術のために緊急帰国

ボルシア・ドルトムントの日本代表FW香川真司が、骨折した足の手術を日本で受けるために、29日にドイツから急きょ帰国した。

香川はアジアカップ準決勝の韓国戦で負傷し戦列を離れた。その後、所属クラブのボルシア・ドルトムントに戻って、クラブドクターの診察を受け、手術が必要な診断された。
続きを読む

パク・チソン&イ・ヨンピョ代表引退、若い世代に托す

韓国代表のパク・チソンとイ・ヨンピョが代表引退を発表、若い世代にチームを托すことになった。

韓国代表のチョ・グァンレ監督は、アジアカップ3位決定戦でウズベキスタンを3−2で破った試合後、パク・チソンが代表引退を発表した。また、イ・ヨンピョは今週初めにすでに発表していた。
続きを読む

アルジャジーラ記者、決勝戦「日本は不用意に攻めないほうがいい」

カタール戦で「開始20分に気をつけろ」とアドバイスしてきたジャーナリストがいる。ドーハに本社を置く、アルジャジーラのスポーツウェブサイトを担当するシニア・ジャーナリスト、アハメド・エルネフィキィ氏だ。予想は的中し、日本は苦戦を強いられた。そのエルネフィキィ氏は日本とオーストラリアの決勝をこう予想する。
続きを読む

内田篤人「韓国は疲れているのかと思った」

TK1101251198+2●内田篤人
「韓国の右サイドが結構ルーズでしたから、思ったよりも狙いどおりにできたと思います。立ち上がりは、韓国のいつもの出足というか切り替えがなかったので、疲れているのかと思いました。だから前半のうちに2点目、3点目を獲ることができれば楽になったと思います。僕を含めて守備ラインの3人がイエローカードを受けたから、厳しくいけなくなった部分がありました。

でも最後のFKの場面とかでも、残りの時間を考えて厳しくいくのかどうするのかということを考えなければいけなかったと思います。無駄なファウルはしたくない。

最後はDFを5人並べて、その前にMFを3人並べました。放り込まれた後のセカンドボール対策があったから。やられちゃいましたけど。同点に追いつかれた後は、この雰囲気がPK戦に繋がってしまうから、顔を上げていこうよと声を掛けあっていました」続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ