第6回 「10月30日、首位札幌に勝った日」  文・山雄樹


熊本地震に負けず、J2残留を決めたロアッソ熊本。シーズン終盤、首位北海道コンサドーレ札幌を相手に挙げた勝利は、残留に近づく、そして、クラブの理念である「県民に元気を」「子ども達に夢を」「熊本に活力を」届ける大きな勝点となった。その試合を振り返りたい。

「めっちゃ楽しい試合!」
10月30日(日)にホーム・うまかな・よかなスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第38節、ロアッソ熊本対北海道コンサドーレ札幌。勝点40で18位のロアッソが、勝点78で首位、早ければ、この次の試合でJ1昇格(自動昇格の2位以内)が決まるという札幌を迎えての一戦だった。

この試合に合わせて、「くまもとサッカーフェスタ」と銘打った年に一度のイベントが行われた。「ロアッソ熊本をJ1へ」県民運動推進本部という県体育協会や県サッカー協会が中心となって2009年に設立された団体(前身は2004年12月に発足した「熊本にJリーグを」県民運動推進本部)や、県サッカー協会、ロアッソの運営会社アスリートクラブ熊本、地元新聞社の熊本日日新聞社がつくる「みんなで行こうJ実行委員会」が主催し、私が勤務する熊本放送も協賛社に名を連ねている。

このイベントは今年で10回目を迎える。県内の自治体が制作したゲートフラッグが飾られたり、県内各地のマスコットキャラクターが集まってパフォーマンスを披露したりして、スタジアムは、楽しげな空気に包まれる。

そして、今年は、「復興支援企画」として、熊本地震で特に大きな被害を受けた7町村(大津町・南阿蘇村・西原村・御船町・嘉島町・甲佐町・益城町)の住民が無料招待された。

「めっちゃ楽しい試合!」という言葉は、招待チケット受け取りブースで、話をきいた男子児童の言葉である。大津町から来たという父、母、児童2人の4人家族に「きょう、どんな試合をしてほしいですか」とたずねたところ、その男子児童が周囲に響き渡るほどの大きな声で、少し飛び跳ねながら、答えてくれたのだ。

続きを読む