笹木勇一郎 : FOOTBALL WEEKLY

笹木勇一郎

【笹木ヘンドリクス・コラム】フットボール・アンセム8

第8回 小野伸二という贈り物

メインアー写切り抜き小



 ボールを持つだけで、敵チームのサポーターから容赦ないブーイングが起きる。
 しかし、彼が放つパスがその罵声を悲鳴に変えてしまう。
 決定的な得点チャンスを生み出す小野伸二選手のパスは、受け手に優しいベルベットパスと呼ばれているけれど、僕にとっては「ハチのひと刺し」というか、一瞬にして相手の急所を突く、怖さのある縦パスの印象が強い。

 地元、コンサドーレ札幌を応援することでサッカーに興味を抱いた少年時代。
 敵ながら、敵だからこそ、僕は小野伸二選手に魅了されてしまった。
 初めて小野選手を見たのは2000年7月16日、室蘭で行われたコンサドーレ対レッズ戦だった。弟がサッカー少年団の一員としてスタジアムへ観戦に出かけていて、引率者として帯同していた父ともども、「テレビに映るんじゃないか?」ということで、僕は母親と一緒に自宅でテレビ観戦していた。

 どんなに狭いスペースであっても、小野選手がボールを持った瞬間、まるで空気が止まったみたいに生まれる不思議な“間”は、他のJリーガーには生み出せない特別なものだった。
 執拗なマークにも微動だにせず、パスを受けるとさらりと相手をいなして、味方へ横パスを出すこともある。その姿はとても優雅だ。そして、再度パスを受けるとスパッと、鋭い縦パスが蹴り出される。
もちろん、抜群の技術の高さの持ち主だけれど、コンダクターのように試合のリズムを変えてしまうプレイこそ、日本人離れした小野伸二選手の魅力だと思う。

 その2週間後となる7月29日、札幌・厚別でもレッズ戦が予定されていた。
「あの小野選手が見られるなら、行ってみたい!」
 サッカー少年団に入っている弟たちに比べると、若干サッカー熱の低かった僕のJリーグ・デビューがこの試合となった。J2でのライバル同士の対決。アウエイまで大勢のサポーターが駆けつけた浦和レッズ。それを迎えるコンサドーレのサポーターは、大きな人文字を作りキックオフ前を盛り上げた。対する浦和の横断幕……まったく想像していなかった熱気に僕はやられてしまった。
 しかも試合は2対1でコンサドーレが勝利! 小野選手がベンチ入りすらしていなかったことも忘れて歓喜に酔いしれていた。
 厚別でサッカーの、そしてJリーグの虜になった僕。
 僕にスタジアムへ行きたいと思わせてくれたのは、小野伸二選手だったのだ。

 そんな僕にとってのナンバー1アイドルの小野伸二選手が、なんと、なんとコンサドーレ札幌の一員になる。

続きを読む

【笹木ヘンドリクス・コラム】フットボール・アンセム7

第7回 ブラジルの裏側で。東京・下北沢のセブンカラーズカフェ


キックオフ直前、店内は静まり返った。

 晴れ晴れとした休日の朝。8時に開店した店に、続々とブルーのユニフォームを来た人たちが集まってきた。キックオフまであと2時間。地球の反対側での決戦を見ようとやってきたのだ。お店の常連さんはもちろん、サッカー好きのおじさんや、お兄さんやお姉さん、みんなが思い思いにサッカー談義を交わしている。

「1トップは大迫か柿谷か? それとも大久保か」「長谷部は間に合うのか?」「4年前はこうだった」「ドイツのときはああだった」

 話が尽きることはない。普段なら満員電車に揺られているだろう時間なのに、冷たいビールや特製W杯カクテルを飲み、話がどんどん盛り上がっている・

 キックオフ1時間前。僕はそんな店内のステージに立ち、歌わせてもらった。
 日本代表のW杯初戦を前にして、気持ちがどんどん高まってくる。その興奮を共有したいと歌った。普段のライブとは違う空気が気持ちよかった。
「星のかけら」と「VOLARE / gipsy kings」の2曲を歌ったあと、今度はトークショーにも参加させてもらった。

笹木615引き写真 ベガルタ仙台のコーチ就任が決まったばかりの小林慶行さんと、サッカー・ジャーナリストの柴原貴彦さんと3人で、いよいよ始まる試合について話した。
 話せば話すほど、キックオフが待ち遠しい。日本はいったいどんなサッカーを世界舞台で表現してくれるのか? 「やってくれる」という確信が胸の中で広がった。


続きを読む

【笹木ヘンドリクス・コラム】フットボール・アンセム6

第6回 小林慶行さんと。 パート3「いよいよ日本対コートジボワール戦」
 
hendrix26月15日に下北沢のカフェ、Seven Colorsで行われる「W杯を見たい! 聞きたい! 歌いたい! feat.笹木ヘンドリクス&Football Weekly」開催を記念して、スペシャルゲストの笹木ヘンドリクスと小林慶行さんの対談を3回に分けてお届けしています。
最終回のパート3は5回目のワールドカップを迎える日本代表について。

※イベントのチケットはおかげさまで完売いたしました。



青山はJリーグで一番の
ボランチだと思っている


笹木 W杯メンバー発表以降、国内とアメリカで親善試合3試合を戦い、3連勝で本番を迎えられるのは、選手にとっても自信になりますよね。
小林 自分たちの攻めきるサッカーで、結果が出たのは良かったけれど、でもアメリカでの2試合で、先制点を許しているというのは、大きな課題として残ったんじゃないかな。後半に逆転できたのも相手の運動量が切れたから。いかにいい試合の入り方が出来るかというのが、W杯でも鍵になるはず。
笹木 怪我人がいたことや、コンディション調整という意味で、多くの選手が起用され、チームとしてオプションが増えたような気がします。
小林 そうだね。ザンビア戦では途中出場の大久保を最初は1トップで使い、ゲーム中に右MFへとスライドさせたりね。そして、同点にされた直後に、投入した青山が結果を残した。
笹木 青山選手のファーストタッチのパスが、大久保選手のアシストになったシーンですね。
小林 実は僕、青山はJリーグで一番いいボランチだと思っているんだよね。この4,5年くらい前から。
笹木 実際、対戦されて実感した青山選手の魅力とは?
小林 広島であれば、佐藤寿人というトップの選手を常に見続けているところ。だから、一発のパスで決めちゃえる。そのパスもすごく精度が高いしね。ボールの回転や、高さ、受け手が受けやすいボールを蹴ることができる。視野も広いから遠くの味方も見逃さない。同時に動き続けることができるしね。そしてディフェンスもがっつりいける。総じてテクニックレベルも高いからね。
笹木 Jリーグ2連覇の原動力?
小林 そう思うよ。広島には良い選手がいて、それらの力が結集しての2連覇だと思うけど、やっぱり青山の存在はデカいと思うな。
笹木 代表チームのキーマンをあげるとしたら、どの選手ですか?
小林 それはやっぱり遠藤。遠藤がいるか、いないかで、チームがコロッと変わってしまうなという印象はずっとある。確かに最近は、90分やれるのか? という風に感じる試合もあるけれど。でも、遠藤は試合のリズム、テンポが変えられる選手。日本が目指すサッカーをするなら、そういう選手がいないと厳しいと思う。そうじゃないと攻撃が一辺倒になっちゃうから。
 自分たちがボールを持って、ゲームの主導権を握りながら、同時にテンポも変えて攻撃できる。そして、本田や香川を活かすという意味でも遠藤がいないと難しい。遠藤のわざと遅い球で、相手を引き付けてから、ポンとパスを入れる……そういう冷静かつひょうひょうとしたプレーは、周りがバタバタしているときに、ゲームに落ち着きをもたらす。そういう能力で、遠藤は飛びぬけた存在だからね。


続きを読む

【笹木ヘンドリクス・コラム】フットボール・アンセム5

第5回 小林慶行さんと。 パート2「規律正しいブラジルは無敵か?」

hendrix26月15日に下北沢のカフェ、Seven Colorsで行われる「W杯を見たい! 聞きたい! 歌いたい! feat.笹木ヘンドリクス&Football Weekly」開催を記念して、スペシャルゲストの笹木ヘンドリクスと小林慶行さんの対談を3回に分けてお届けします。
パート2は、ワールドカップブラジル大会の注目国について。

※イベントのチケットはおかげさまで完売いたしました。


前回覇者のスペインはどうだ?

笹木 ワールドカップを前にして、あれなんですけど、今季のバルセロナについてどう感じていますか? リーガも勝てば優勝という最終節で、CL同様アトレチコ・マドリーに勝ちきれなかった。6シーズンぶりの無冠だったわけですが、過渡期を迎えたのかなぁ……という風にも感じるんですよね。
小林 一番大きいのは監督が代わったことじゃないかな。
笹木 アシスタントコーチだったビラノバが、グラウディオラのあとを引き受けたけれど、のちに健康問題で退任(2014年4月死去)し、13−14シーズンから、アルゼンチン人のマルティーノが就任しましたね。
小林 ビラノバは長くグラウディオラのもとにいた人だったから、サッカーのスタイルも継承されていたと思うし、ビラノバが病気治療で不在中もそれを維持していたけど、マルティ―ノが来てからは、もう少し早く前へいこうとするスタイルに変わった。そうなると、日々のトレーニング内容も変わってくるはず。長く積み重ねてきたバルセロナの武器を磨く時間は削られたと思うんだよね。たとえ長年やってきたサッカーであっても、トレーニングをしていないと、その質は当然下がってくるからね。
笹木 新しいスタイルでうまくいかないから、じゃあ、自分たちのよりどころ、強みだったサッカーに立ち返ろう、戻ろうと思っても、うまくいかない、と。
小林 もちろん、どんな環境や状況でも相変わらず高いレベルでプレーできる選手もいるけれど、戸惑いを感じたり、共有すべきイメージ持てないという選手も出てくると思うんだよね。いわゆる“バルセロナのサッカー”は、選手全員が高いレベルでそのスタイルを追求しないと成立しない。そういう一体感が表現できなかったことが、結果につながっているように思うよ。
笹木 そんなバルセロナの来季の新監督がルイス・エンリケに決まりました! 名選手が名監督になれるのか? また楽しみが増えましたね。
小林 ローマではうまく行かなかったけど、古巣で力を発揮してほしいよね。

続きを読む

【笹木ヘンドリクス・コラム】フットボール・アンセム4

第4回 小林慶行さんと。 パート1「ザッケローニの自信」



IMG_11406月15日に下北沢のカフェ、Seven Colorsで行われる「W杯を見たい! 聞きたい! 歌いたい! feat.笹木ヘンドリクス&Football Weekly」開催を記念して、スペシャルゲストの笹木ヘンドリクスと小林慶行さんの対談を3回に分けてお届けします。
 パート1の今回は監督について。

※イベントのチケットはおかげさまで完売いたしました。






「指導者と選手」「プロデューサーとアーティスト」との共通点

笹木 こんにちは。初めまして。今回はイベントへのゲスト出演を引き受けてくださって、ありがとうございます。
小林 楽しみにしています。ところで、笹木君は(西)大伍(鹿島アントラーズ)と同級生だったんだって?
笹木 はい。中学校が同じで。高校は別だったですけど、通学途中などに会って、中学時代よりもよく話していたかも。そっか、小林さんはアルビレックス新潟で大伍とはチームメイトだったんですね。
小林 年齢は離れているんだけど、いっしょにいる時間が長かったなぁ。だから、笹木君が同級生だったって聞いて、こういうのも縁だなぁと思って(笑)。
笹木 ほんとにそうですね。小林さんは2年前に現役を引退されたわけですが、サッカーの見方というのは、変わりましたか?
小林 今は、指導者としての道を歩み始めているんだけど、やっぱり“指導者としての目線”でサッカーを見ているなって、すごく感じますね。もちろんそういう目線も大事だけど、選手のときの感覚も忘れないようにしなくちゃといけないと考えているんだよね。
笹木 CDを制作するときにプロデューサーの力を借りることがあります。今の話をきいて、「プロデューサーとアーティスト」の関係が「指導者と選手」に似ているような気がしました。プロデューサーの仕事を一言で説明するのは難しいんですけど、簡単にいうといろいろ相談に乗ってくれて、アーティストの力を引き出してくれる……という感じの人なのですが、アーティスト活動の経験があるかないかで、いろいろ違う。やっぱり、現役のアーティストとして活動されていた人のほうが、ちょっとしたワガママも許してくれるんですよね(笑)。
小林 指導者の立場からいうと、それはアーティスト、選手の「甘え」だな(笑)。でも、ワガママを許してしまう気持ちもわかるかも。自分が選手だったら……というふうに感じてしまう部分も理解できるからね。


続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ