刈部謙一 : FOOTBALL WEEKLY

刈部謙一

【刈部謙一コラム】香港の新年サッカーと日本人選手たち

香港の旧暦新年を記念して行われるAET CUPにFC東京が参加した。この大会、以前はカールズバーグカップとも呼ばれ、日本代表も1996年と2000年に、93年はB代表が参加した、歴史ある大会でもある。正月を旧暦で祝う、香港人には意義深い大会だ。

FC東京は今年の旧暦の新年である1月31日に行われた1回戦で、ポルトガル1部リーグに所属するオルハネンセと戦い、1−1と引き分けたが、決勝進出を決めるPK戦で5−6と敗れた。さらに3日後の2月3日に行われた3、4位決定戦でもロシア1部リーグに所属するクリリヤ・ソヴェトフ・サマーラに0−1で負け、4位という結果だった。

DSCN1973試合の詳細はFC東京のHPを参考にして欲しいが、FC東京はわずか1点しか取れなかった。この結果をどう見るかだが、現地のサッカージャーナリストはFC東京のコンディションが悪く、どうこう言えるものではなく、結果は関係ないと言う。確かにFC東京の試合内容はいずれも悪いものではなかったが、点が取れず、どこか乗り切れていないように見えた。就任して数週間で公式戦並の戦いを迎えたマッシモ・フィッカデンティ監督にしても、わずか10日ほどの全体練習、それもフィジカルを中心にしたもので、チームとしては始動してまもない中での、この結果には満足しているとも言っていた。

続きを読む

【FW編集人より】「新国立競技場」建設に反対する

 Football Weeklyの編集部は千駄ヶ谷にある。国立競技場から歩いて3分というほどの距離だ。個人的にも東京オリンピックの想い出も含め、サッカーの「聖地」と化していった国立競技場にはさまざま意味でお世話になっている。その「聖地」が大きく変わろうとしている。

 7年後の東京オリンピックに向けて、新しい「国立競技場」を建設するために、現在の競技場は解体される。しかし、その「新国立競技場」の評判がきわめて悪い。デザインとしては世界最新とも言えるものだというが、出来上がった姿がはめ込まれた想像図を見ると、明治公園はもとより、近辺の風景がかなり変わってしまって、やたら偉容ばかりが際立っていて、まさに「異様」になっている。

 千駄ヶ谷の住民にもすこぶる評判が悪い。なぜなら、千駄ヶ谷側である北参道駅を利用して「新国立」へ向かうとすると、先ずは高さがあるので競技場の先端を見ることになるが、近づくに連れ、目にするは壁だからだ。外苑西通りに面した側は壁なのだ。

続きを読む

【刈部謙一コラム】日本代表、戦いすんで見えたもの

 8月14日のインターナショナルデイ、日本は宮城スタジアムで、前回南アフリカW杯で4位となり南米の古豪が復活と言われたウルグアイとの戦いを組んだ。この日の仙台は、このところの全国的な猛暑と比較するとかなり過ごしやすく、夏のサッカー日和としては心地よいほどでもあった。その気候がどちらに味方するのかも興味のあるところだ。

 日本にとってこの戦いは、最終章の最初の頁とも言えるものだ。来年の戦場でもあるブラジルで開催されたコンフェデの戦いで得たもの、東アジア選手権で発掘したであろう新戦力との融合、そうしたものを計るに相応しい相手であり、本番への最後の備えをするためのスタートの試合だからだ。また、それは単に予選のように結果にこだわらずに、内容にこだわることが最大の課題でもある。

 そして、結果は2−4の完敗。この結果をどうみるのか、試合後の日本は、選手も監督も多少のニュアンスの差があっても、異口同音に失点が痛かったという。先に点を取られたことで、自分たちのペースに持ち込めなかったというようなものだった。さらにいえば、自分たちのやっていることは間違っていなくて、ミスで負けたというものでもあった。

 確かに、最終章に達したのだから、いまさらやり方を変えることは無理だというのは、よく解る。変えるための手っ取り早いやり方は、選手の交代か、監督の交代。監督は選手の選択を変えようとしないし、監督を代えようという発想など、サッカー協会サイドに毛頭ない。ということは、この体制であるかぎり、やり方を問うことはできないということになるのだ。

続きを読む

【特別対談】「人生に必要なことはすべてサッカーで学べる!?かもしれない」〜木村元彦氏に訊く(第2回)

Jビレッジから日本を考える その2

刈部:Jビレッジの話だけでなく、原発、震災に関して、今はいろんな形を変えて言わないとわからない、あるいは伝わらないってところがあると思います。何度も繰り返す必要があると思いますね。

木村:ええ、大事なことは言い続けないといけない。このあいだの選挙もそうですけれど、日本人は忘れやすい民族で、震災も原発も忘れたのかと思うような結果ですからね。

刈部:今回の選挙の結果というのは、「貧すれば鈍す」で、鈍した人たちが動くとこうなるんだという例です。完全にお金のために「票を買った」というのがはっきりわかります。自分たちの仕事がこれでできると一部の人達は思ったわけですからね。

木村:さらにいうと自民党が伸びたわけじゃないんですよね。他の政党に絶望して投票自体を辞めた人が多くいた。それで相対的に自民が圧勝した。

刈部:そこが、小選挙区制という制度の在り方の典型で、一方的にどちらかが勝つという問題が露骨にあらわになりましたね。

 ところで、Jビレッジの話に戻りますが、Jビレッジそのものの考え方としては、復興、あるいは再開への目処はどんなふうに考えているんですか?

木村:昨年2012年は株主総会を2回やって、復興計画案というのが取締役会で出されて承認されましたが、あえて年限がいれなかったと。

刈部:収束に関しては、誰もいえないところありますからね。

木村:年限を入れると拙速になる可能性もあるし、それに縛られる可能性もある。

 廃炉にいつできるかは神のみぞ知るという事故であと30年掛かるとも言われています。東電は国会事故調査委員会に虚偽の説明をして視察を断念させ、結果的に調査を妨害していた。むしろ国と東電がこれで「終わった」といっても信じられませんからね。去年野田前首相が「冷温停止状態」というわけのわからない収束宣言を出したじゃないですか。言語としても滑稽で地元の人は誰も信じていない。現実には何も解決されていないのですから。

 逆に言うと本当に収束したというのでなければ、Jヴィレッジを返しちゃいけない。もっと言うと、Jビレッジがまだサッカー界に返ってきてないということは、福島の問題が終わっていないということなります。

続きを読む

【特別対談】「人生に必要なことはすべてサッカーで学べる!?かもしれない」〜木村元彦氏に訊く(第1回)

Jビレッジから日本を考える その1

刈部:日本には「一芸に秀でたものは……」のように一つのことをからいろいろなことを学べるという考え方があります。だったら、サッカーで人生に必要なことは学べることも可能だと思うので、サッカーから横断的にさまざまなことをドキュメントしているジャーナリスト木村元彦さんに登場いただき、サッカー界と社会の距離を考えてみたいと思います。

 ジャーナリストである木村さんがサッカーを通じて、ものを表現しようということになったきっかけはなんですか。

木村:サッカーそのものは、おやじフットサルですが、やるのも好きですし、見るのも好きです。サッカーを通じて取材を最初にしようと思ったのは、ユーゴです。取材対象を考えるときに、文化的なアプローチにせよ、歴史的なアプローチにせよ、必然があって、それはそれでいろんな学者やジャーナリストがやられていると思うんですけど、僕の場合はそのアプローチをサッカーで考え見たわけです。

 サッカーってその表出してくる瞬間が面白いんです。当たり前ですけど、一つのルールの上に乗って、11人対11人がやっているわけです。そこではどんな政治的、文化的なバックグラウンドを持っていようが関係なく、その絶対的なルールの上で戦っているわけです。ただ選手レベルで考えるとサッカーの場合は他競技と比べても、かなり自由度がある。野球みたいに一挙手一投足を監督がサインを送るというのではなくて、全部自分自身の判断でチョイスしていくという。

 それと、やっぱりサッカーはワールドワイドなスポーツであるということが大きいですね。世界というと日本人はグローバル・スタンダードという考えを持ち出しますが、でもそれは結局、アメリカのスタンドードでしかないというところがあるじゃないですか。決して世界的なものではなかったりするんですね。

 それに違った価値観というのは、いわゆる発展途上の貧しい国だろうが、紛争地帯だろうが、一つ一つ根付いていますし、可視化できるものとして非常に興味深いものなんです。これはよく考えると必然だったんですけど、ユーゴを回っていて、民族紛争の現場とかに行って、識者に聞いたり、現場を踏んだり、普通のアプローチで行きますよね。でもなんかもう一つ迂回したもので、新しい見方なり情報が欲しいとなって、サッカー協会へ行くようにしていたんですよ。そこで見えてくるものというのが結構面白かったですね。
続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ