寺野典子 : FOOTBALL WEEKLY

寺野典子

格上シャルケに敗れるも「やりたいことはできた」と南野 。「いい選手はいるから慣れてくれば良くなる」とスタンド観戦の内田

リーグ戦開幕から5連敗で最下位に沈むシャルケは、9月29日、ヨーロッパリーグ第2節、ホームにザルツブルグを迎えた。ザルツブルグは今季9試合を終えてリーグ2位に位置している。

9月25日のホッヘンハイム戦から4人のメンバーを代えて挑んだシャルケは、15分にゴレツカのゴールが決まり1−0のリードで迎えた後半早々の47分にオウンゴールで加点し、58分に3点目をマーク。ホーム今季初勝利を大きく引き寄せた。

ベンチスタートだったザルツブルグの南野は、65分に出場。72分にザルツブルグは1点を返したが、試合は3−1でと終了する。

「組み立てのところで、やりたいように形になりつつあるところがあって、それは自分たちでも意識しているんですけど、やっぱり最後のシュートのところが少なかった。後ろからの組み立てのところは落ち着いてやれているんですけど、最後のところで高い質ではできなかった。国内でやっていたらもっとチャンスはあるし、そういうのと比べると今日は、ひとつ格が上がった相手にこんなもんなのかなっていう感じですね」

3−0という状況で途中出場した南野が試合を振り返り、ヨーロッパリーグ2連敗という現状を「国外クラブとの試合の難しさがある」と語った。
続きを読む

出場機会に恵まれないレスター岡崎、「地道に何年も何十年も日本人選手がもがけるか? 僕はこの状態で粘りたい」

9月27日、欧州チャンピンズリーグ第2節。レスターは、ホームにポルトを迎えた。

奇跡のリーグ優勝を遂げたレスターにとって、チャンピンズリーグ出場もまた“ミラクル”の続きなのだろう。キックオフ前から、スタンドを埋めたサポーターは非常に高いテンションで盛り上がっていた。しかも第1節のブルージュ戦に勝利し、グループリーグ1位につけている。その時はベンチ外だった岡崎慎司はベンチスタート。9月24日のマンチェスターユナイテッド戦で1−4と大敗したにも関わらず、レスターの先発メンバーはその試合と同じだった。

キックオフ直後からポルトは、低い位置からのカウンター攻撃でレスターのゴールへ迫った。戦況はポルト有利かと思われたが、数少ない攻撃チャンスでレスターが先制点をマーク。迎えた後半はじりじりとポルトに押し込まれて、DFラインが深く下がってしまう。セカンドボールも拾えず、防戦一方のレスターだったが、シュート精度の低いポルトの攻撃に救われて、1−0と逃げ切った。岡崎はこの日も出場することはなかった。

9月14日のブルージュ戦でベンチ外となった岡崎は、その後リーグ戦ではベンチ入りするものの出場機会は訪れないままだ。9月20日のリーグカップ対チェルシー戦で2ゴールを決めたものの、アルジェリア代表のスリマリに先発ポジションを奪われた状況は変わらない。

続きを読む

ケルン大迫同点弾、周囲の信頼を得て主役級の活躍

左から来たパスを右足でトラップ。クルリとターン。正面に立つDFとゴールキーパーの間、角度もスペースもない状況で大迫が左足で放ったシュートがゴールネットを揺らした瞬間、スタジアムの観客席は総立ち。両手を高くあげ、気持ちの良い笑顔でそれに応える大迫の姿が青い空に映えていた。

「あぁいう形は練習でもイメージしているし、落ち着いて、気持ち良く打てました」

開始早々に先制点を許したケルンは大迫のゴールで同点に追いついた。



今季開幕から3勝1分けの4戦負けなしで、2位と好成績を残しているケルン。9月25日第5節、昇格組ながらドルトムントを破るなど2勝2分と躍進しているライプチヒをホームに迎えた一戦は、ケルンのサポーターがライプチヒの選手バスのスタジアム到着を妨害したこともあり、キックオフは15分遅れた。
 
開幕戦こそ途中出場だったが、その後は先発に定着し、この日4戦連続スタメンとなった大迫が2トップの1角に立つ。4分にはさっそくミドルシュートを放った。5分に先制点を決めたのはライプチヒだったが、7分には大迫が中央で楔のパスを受けて、ターンし、前線のモデストへパスを送る。これはオフサイドになってしまったが、その後も大迫はパスを引き出すプレーで、ケルンの攻撃を演出していた。

続きを読む

土壇場で追いつかれたヘルタベルリン 原口は「不完全燃焼」

9月24日ブンデスリーガ第5節が行われた。
前節終了時点、勝ち点9で4位のフランクフルトは、同じく勝ち点9で5位のヘルタベルリンをホームに迎えた。19分ヘルタがPKを決めて先制。その後攻勢に出たフランクフルトが39分、45分とゴールを決めて逆転。しかし、58分、65分にヘルタが途中出場の右アウトサイドのエッスヴァインの活躍で加点し、2−3とリードしたが、終了間際にフランクフルトが同点に追いつく劇的な幕切れとなった。

第1節、第2節と連続マン・オブ・ザ・マッチに輝いたヘルタの原口元気は、前半こそ得意のドリブル突破で見せ場を作ったが、右サイドでの展開が続いた後半はほとんどボールを触る機会もなかった。
「落ち着いてはプレーできていましたし、後半もボールはこないけど仕方ないと思って、自分のやるべきことだけやろうとは思っていました。(パスが)1本あればいいなとは思ってましたけど、まぁなかったんで……」と、90分間プレーした原口は「不完全燃焼だった」と悔しさをにじませた。



続きを読む

[日本代表]あの時から時計が止まっている……

「難しい試合だったけどね。勝てて良かった」
 試合終了後、チームのもとへ向かう田嶋幸三会長とすれ違う。
「おめでとうございます」というこちらの言葉に、シンプルに安堵感の伝わる返事が返ってきた。

9月1日のUAE戦敗退から5日後の9月6日、バンコクで行われたタイとの最終予選2戦目を日本は2−0と勝利。
「新しい選手を試し、競争を促したい」という指揮官は、UAE戦から3人のメンバーを入れ替えた。1トップを岡崎から浅野に、左ウィングは清武から原口。ボランチには大島に代わり山口を起用した。そして原口が先制点、浅野が追加点を決め、采配が功を奏したことになる。

それでも……UAE戦に続き、この日も数多くのシュートを打ったが、ゴールはわずか2点だけ。「もっと多くのゴールを手にできたはずだ」という印象は消えない。守備力に定評のある山口を起用したことで、相手の攻撃を封じ込めることはできたが、それでも70分、GKとの1対1というピンチを招いた。西川のセーブによって助けられた。75分に浅野の追加点が決まるまでは、アドバンテージを握っているという余裕はピッチ上からも感じられはしなかった。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ