ワールドカップ : FOOTBALL WEEKLY

ワールドカップ

【W杯準決勝2日目】アルゼンチンPK戦制して決勝進出

■オランダ 0−0 アルゼンチン
 PK戦2−4でアルゼンチンが決勝進出

前日のブラジル対ドイツ戦とはうってかわって、1点を巡る緊迫した攻防が続いたのがオランダ対アルゼンチン戦。アルゼンチンが優勝した1978年大会決勝と同じ顔合わせは、アルゼンチンが前半押し気味に進めるも決定的チャンスは少なく、後半も75分にイグアインのシュートはサイドネット、90分のロッベンのシュートはマスチェラーノが決死のクリアと、互いに唯一とも言えるチャンスにゴールは生まれずに、試合は延長戦に持ち込まれた。しかし、ここでも互いに集中力を切らさず、相手ゴールを割らせないまま、PK戦に突入。オランダはすでに120分以内に交代枠を3人使っているので、準々決勝のコスタリカ戦とは違い、ゴールは引き続きシレッセンが守る。ちなみにこれまでシレッセンはキャリアで一度もPKを止めたことがないという。

オランダはコスタリカ戦では蹴らなかったフラールが1人目のキッカーでGKロメロに止められると、3人目のスナイデルも止められた。アルゼンチンは4人目のマキシ・ロドリゲスまで落ち着いて決めた。
 
これで決勝戦はドイツ対アルゼンチンの顔合わせ。1986年メキシコ大会、1990年イタリア大会以来三度目の対戦となった。1986年にはマラドーナ擁したアルゼンチンが優勝、1990年には西ドイツとして出場した最後の大会で西ドイツが優勝している。

【W杯準決勝1日目】ブラジル崩壊、ドイツ7得点で決勝進出

■ブラジル 1−7 ドイツ
 【得点】11分:ミュラー、23分:クローゼ、24、26分:クロース、29分:ケディラ、69、79分:シュルレ、90分:オスカル(ブ)

エースのネイマールを負傷で、主将のチアゴ・シウヴァを累積警告で欠くブラジルと、ここまで抜群の安定感で勝ち上がってきたドイツとの準決勝。ブラジルは開催国として勝利を義務づけられて臨んだ準決勝だが、序盤にドイツの猛攻にさらされ、前半だけで5失点。悪夢のような時間は後半も続き、さらに2失点。ドイツは7点を奪って王国を崩壊させ、2002年の決勝戦で敗れて以来の対戦で雪辱を果たし、その時以来の決勝進出を手にした。

ドイツは11分にクロースのFKからミュラーが決めて先制すると、23分にはベテランのクローゼが流れのなかから決めて、W杯得点ランキングの首位に躍り出た。その後の6分間にクロースが2点、さらにケディラが1点を連取し、スタンドでは涙を流すブラジルのファンの姿も。攻撃の手を緩めないドイツは、後半に入って途中出場のシュルレが2点を追加。ブラジルは終了間際にオスカルがようやく1点を返したものの、時既に遅し。3位決定戦にまわった。

【W杯19日目】アルゼンチン、オランダが4強

準々決勝
ベルギーのパワープレー及ばす、アルゼンチン4強
■アルゼンチン 1−0 ベルギー
 【得点】8分:イグアイン

準々決勝3試合目。優勝候補の一角アルゼンチンは、イグアインが8分に決めた今大会初ゴールの1点を最後まで守りきり、ベスト4に進出した。

アルゼンチンは早々と先取点をあげたが、調子の出て来たディ・マリアが33分にケガでペレスに代わると、攻めが単調になっていく。それに対して、ベルギーは60分にルカクとメルテンスを投入すると、攻撃の主導権を握る。しかし、アルゼンチンは防戦一方になりながらもきちんとラインをコントロールし、あせるベルギー攻撃陣をオフサイドにし、決定的なシーンを作らせない。1990年のイタリア大会以来24年振りのベスト4進出を狙うアルゼンチンの守備は堅い。後半追加タイムにメッシがボールを持ち込みビッグチャンスを作るが、GKに阻まれ追加点ならず。最後のチャンスを逸したことで、流れはベルギーへ。実際大きなチャンスが生まれたが、ウィツェルのシュートは枠を捕らえることが出来ず、ベルギーの夢はここで終わった。
 終了時のアルゼンチンの喜びようは大変なもので、まるでPK戦をかろうじてものにしたチームのようだった。それほどベルギーのパワープレーは凄まじく、力の差はわずかなものであったといえる試合内容だった。

PK戦制してオランダ4強、コスタリカ旋風止まる
■オランダ 0−0 コスタリカ
    PK戦4−3でオランダ

続きを読む

【W杯News】ネイマールのW杯終了、骨折で全治数週間

ブラジルワールドカップの新しい顔、ハイメ・ロドリゲスがコロンビアの敗退とともに大会を去ることになったが、そのコロンビアを破り、ベスト4に進出したブラジル代表の顔、いや今大会の看板選手だったネイマールも今後の試合には出場できなくなった。

コロンビア戦で相手選手のタックルを受けて負傷したネイマールは、試合途中に担架でピッチ外へ運び出されたが、その後の病院での検査で脊椎骨折と判明。チームドクターは、「手術をするほどひどくはないが、固定をする必要があり、回復まで少なくとも数週間はかかる」と話している。

【W杯News】コスタリカ監督、ロッベンが悩みの種?

日本時間明日早朝の準々決勝でオランダと対戦するコスタリカ代表のホルヘ・ルイス・ピント監督は、FIFAに対して、オランダ代表のアルイェン・ロッベンのプレーから目を離さないで欲しいと訴えた。ロッベンは決勝トーナメント1回戦のメキシコ戦で、「フリーキックをもらうためにダイブした」ことを認めている。

オランダはメキシコ戦最終盤に、ロッベンが倒されて得たPKをフンテラールが落ち着いて決めて、これが決勝点となり勝ち上がった。その試合後、ロッベンは、PKをもらったときには本当に倒されたと主張しながら、前半にダイブしたことは認めている。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ