日本代表 : FOOTBALL WEEKLY

日本代表

[U-23日本代表]勇気のその先に

1月30日、U-23リオ五輪アジア予選決勝が行われた。
決勝のカードは日本対韓国。

アジアの代表としてオリンピック出場を決めた両チームの戦いは、個の力で日本を上回る韓国が優勢に試合を進めた。
日本は前半20分に先制され、後半開始2分に追加点を沈められる。
2得点を奪われ万事休すかと思われた日本代表だが、後半22分に1点を返し、同23分には立て続けのゴールで、スコアを振り出しに戻す。
それまでの劣勢がウソだったかのように息を吹き返した日本は、後半36分に決勝点を決め、0-2から試合をひっくり返した。



フットボールの世界ではときにこのような展開のゲームを目にする。
そんな試合を前にすると、私はその選手たちの戦う姿とボールの行方に、ふつふつと勇気がわく。
そして、勇気が欲しいな、と思うときに、ふとまたその試合のことを思い出す。
なんでもいい、勇気が欲しいと思う瞬間はそれぞれで、その勇気をくれる対象もそれぞれだと思うから。

意識してのことではないが、ハードディスクに溜まった試合の中からたびたびそのような試合を見返すことがある。
たとえば、2004/05のCL決勝。
リヴァプールがミラン相手に0-3の劣勢から後半の6分間でスコアをタイにし、PK戦の末に優勝する試合だ。
ジェラードがヘディングで1点を返し、リヴァプールファンを煽るあの姿と、PK戦でのGKデュデクのタコの様な変な動きを今でも忘れない。
まるでそうなることが決まっていたかのような試合展開に、心を動かされたフットボールファンは少なくないはずだ。

私は今回の決勝の日韓戦にそれと近いものを感じ、彼らから勇気をもらった。

続きを読む

【日本代表】アジア予選初勝利も不満の残る内容

 2018FIFAワールドカップロシア・アジア2次予選でカンボジアと対戦した日本が1-0で勝利した。初戦でシンガポールの守備を崩せずスコアレスドローで発進、東アジアカップでも北朝鮮に敗れたのを皮切りに、韓国、中国に引き分けていた日本。5試合ぶりの勝利にヴァイッド・ハリルホジッチ監督はガッツポーズを繰り返していた。

 試合は前半から日本が圧倒的に押し込む展開となったが、なかなか先制点が生まれない。右サイドの本田圭佑を起点に攻撃を仕掛け、カットインからふわりとしたボールを蹴り込んだ本田のクロスも、その本田の背後をまわってマイナス気味のパスをゴール前に送った酒井宏樹の狙いも、腰を落としてボールに対応しようとするカンボジア代表が身体を張って阻止する。同じような光景が何度も繰り返される展開となったが、均衡を破ったのは本田圭佑の左足だった。それまで鋭く寄せていたカンボジア代表の足が少し止まったところを見逃さず、ペナルティエリア右角から思い切り利き足を振り抜くと、GKソウ・ヤワティーの頭上を射抜く強烈なシュートがカンボジアゴールに突き刺さった。本人は「コースはあまりよくなかった」と振り返ったが、思い切った狙いが先制ゴールを呼んだ。

 2点目が生まれたのは後半に入ってから。50分、前半には少なかったミドルシュートを吉田麻也が鮮やかに決め、リードを広げることに成功する。これにはベンチ前のハリルホジッチ監督も両手を大きく広げて賞賛。ハーフタイムに施した修正が功を奏したことがうかがわれた。徐々にスペースも生まれ始めたこの時間帯、日本はさらに攻撃の手を強める。61分、ゴール前の混戦からこぼれ球を香川真司が押し込み3点目をゲット。混戦のなかコンパクトに足を振り抜き、ゴールへパスをするような香川らしい得点だった。

 その後、宇佐美貴史、興梠慎三、原口元気など得点意欲が旺盛な選手を送り込み、さらに追加点を狙った日本代表だったが、ゴールを割ることはできず3-0で試合を終えた。
 
続きを読む

【日本代表】東アジア杯、韓国と引き分け連覇消滅

北朝鮮戦から改善なく

 プレスがかからずラインがズルズル下がるという北朝鮮戦で見られる現象は韓国戦でも変わらなかった。そのため相手に押し込まれる時間が長く長く続く。森重真人のハンドにより27分にチャン・ヒョンスのPKで先制点を奪われたあと、すぐさま39分に山口蛍のミドルシュートで追いついたが展開に大きな変化はなかった。

 ただ、韓国は196僂離ム・シンウクを1トップに入れてきたことを考えると、前半から押し込まれるのは致し方ない部分もあった。基本的には槙野智章がマッチアップしていたが、身長差は歴然。競り負けたときのことを考えると、両隣の森重真人と左SBの太田宏介はポジションを少し絞ってサポートできるポジションを取らざるを得ないため、韓国の右SHであるイ・ヨンジェがサイドに大きく開くと、どうしてもマークのために距離を詰めるのに時間がかかってしまい、ボランチのチョン・ウヨンらから大きなサイドチェンジがおもしろいように決まる展開となってしまった。韓国の攻撃の多くが右サイドから展開されたことは偶然ではないだろう。

 前からのプレスがはまれば試合展開は違ったものになったかもしれない。韓国のビルドアップも技術に長けたものだったわけではなく、ピッチの幅を最大限に生かすことで選手間の距離を広げ、プレスをかけるためには長い距離を走らなければいけないという、システムの特性を利用したもの。日本が後半から体力の消耗をいとわずに走る決断をすると、少なからずビルドアップに変化が生じる。

 しかし、マークに追われる日本の守備陣形は選手間の距離が遠く、興梠慎三へのサポートは遅くなる。当然、パスが繋がらず攻撃の糸口は掴めず、トップ下に入った柴崎岳がポジションを下げ、必死に最終ラインからパスを引き出しゲームメイクに努めたが、攻撃のバランスは最後まで整わなかった。

 選手交代が功を奏さないのも北朝鮮戦と同様。サイドとトップの選手を入れ替えるだけのテコ入れでは、交代選手が走り回ることでしか風向きが変わる兆しはなかった。そして、ほとんどチャンスをつくれないまま試合は終了。大会2連覇を目指して挑んだ東アジアカップだったが、その可能性は第3戦を残して消えてしまった。

続きを読む

【日本代表】東アジア杯、終盤の失点で黒星発信

 78分、88分に連続でゴールを決めた北朝鮮が歓喜に沸いていた。「決定的なチャンスはたくさんあったが仕事をしきれなかった」と苦虫を噛み潰したような表情で振り返ったヴァイッド・ハリルホジッチ監督ら、日本代表の面々は疲れ切った様子だった。

 序盤の3分、右サイドを駆け上がった遠藤航のクロスに武藤雄樹が飛び込むという、ともに代表初選出の選手が活躍したことで幸先の良いスタートを切ったように見えたが、その後、いくつもあった決定機を逃すと、アバウトでも前線にロングボールを蹴り込む北朝鮮の攻撃に押し込まれるようになる。後半途中から出場したパク・ヒョンイルの高さを封じることができず、1−2の逆転負けを喫した。

 高温高湿のなかでの試合を分けたのは、交代選手のパフォーマンスだったと言えるだろう。序盤の内容こそ圧倒的に日本が質の高さを見せたが、この暑さではその内容を90分間も持続できるはずもない。中国の「4大かまど」と称されてきた武漢での試合では、交代が勝負を分けることは事前にわかっていたはずだ。しかし、ハリルホジッチ監督の交代策はほとんど功を奏さなかった。交代した選手が1ゴール1アシストの活躍を見せた北朝鮮とは対照的だった。

続きを読む

【日本代表】対シンガポール戦採点、最低点は誰だ?

 2018年FIFAワールドカップロシア大会を目指す日本代表の初戦、アジア2次予選のシンガポール戦が行われた。結果はというと、まさかの0−0でのドロー。少なくとも私が記者になってから、ワールドカップを目指す日本代表が初戦で引き分けたところを見たことがない。
 
 そんな試合を読者の皆様はどのように採点するだろうか? 週刊審判批評でのレフェリー同様に採点したいと思う。


川島永嗣→3
見せ場はなし。ただ、キックの精度の高い西川周作を使うべきでは?と感じてしまったように、攻撃をバックアップするシーンはなかった。

酒井宏樹→2
上背やフィジカルなどの魅力はあるものの、どこか安定感がない。

吉田麻也→3
可もなく不可もなかった。

槙野智章→3
最も存在感があったが、相変わらず手のファウルが多い。これさえ直れば、採点4なのだが。

太田宏介→3
大きなミスはなかったものの、クロスの精度を発揮できず。不完全燃焼にうつった。

長谷部誠→3
前半から「何とかしなければ」という気持ちが入ったプレーを見せていた。だが、後半に精度が落ちてしまい、チームの悪い流れを変えられなかった。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ