ヨーロッパ : FOOTBALL WEEKLY

ヨーロッパ

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第3回

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』(東邦出版)には、「トップクラスの指導者やユースアカデミーによる63の練習メニュー」が掲載されている。最終回となる今回は、そのメニューの一つを紹介しよう。今季からマンチェスター・ユナイテッドで指揮をとるモウリーニョの練習メニューだ。なお、今季のイングランド・プレミアリーグにモウリーニョ、グアルディオラはじめ戦術的ピリオダイゼーションの担い手とされる指導者の多くが集合したのはたいへん興味深い。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ジョゼ・モウリーニョの3対1×4

8-38


準備と進め方
・10×10メートルの正方形4つを作る。
・プレーヤー4人のチーム(青・赤)2つにフリーマン(白)2人を作る。
・それぞれのチームからプレーヤー1人を1つの正方形に入れる。
・フリーマン2人がポゼッション中のプレーヤーと3人で、3対1を形成する。パス5回のあと、プレーするフィールドを変える。

所要時間
・4分×4セット

バリエーション
・難度の引き上げ:長方形を小さくする
・タッチ数の変更
・数回タッチしたら、グリッドを変える

コーチング・ポイント
・戦術:攻守の切り替え、質の高い判断、数的優位なプレー、素早い認識
・技術:ボールコントロール、グラウンダーのパス、タイミングと強さ
・フィットネス:有酸素および無酸素の持久力、プレーリズムの変更
・留意点:集中力、コミュニケーション、積極的な攻撃性、インテンシティ


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

続きを読む

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第2回

 今月初めに出版された『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』(Football Weekly編集部訳)のなかに、日本サッカーのファンには懐かしい顔が登場している。デットマール・クラマーさんだ。
 しかし、クラマーさんの登場にはいささか驚いたというのが本音だった。というのも、本書は最新戦術とトレーニングを紹介している本であり、引用されている監督も現代サッカーを代表するペップ・グアルディオラであり、ジョゼ・モウリーニョであったりするからだ。サッカーの基本を語る時に、クラマーさんのことが引用されているのは、クラマーさんをリアルに知っている世代としては、素直に嬉しかったし、欧州におけるクラマーさんの偉大さを改めて思い知らされた。

 彼の言葉として引用されたのは「『より良いこと』が可能ならば、『良い』は十分ではない」というものだ。さらに上を目指すものにとっては当たり前の言葉だろうが、クラマーさんはそれを適確に表現していた。
 そこで、クラマーさんの生んだ最高傑作といえる、日本を代表するFW釜本邦茂(サッカー協会顧問)さんにクラマーさんのことなどを聞いてみた。

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最高ができるなら、最良ではだめ」というのはよく言われていたね。ベターではだめ、ベストになれって。

 クラマーさんと初めて会ったのは16歳の頃だから、はや半世紀を越えているね。僕らの頃は、ただ、蹴って走ってゴールを目指せばいいという時代だから、まず、サッカーに必要なのは3Bとクラマーさんに言われた時には、いささか驚いた。Ballコントロール、Bodyバランスと体力、Brain頭なんだが、それが実際の練習でも常に問われていたんだ。

 練習ではボールをつまらないミスで逃すと本当に怒られた。とにかくクラマーさんがいると集中していたね。でも、クラマーさんが目を離すとつい気が抜けてミスするんだ、そうすると「正確に=genauゲンナウ」ってドイツで叫ばれる。どこで見ていたのか、しっかり横目で見ていたのかもしれないけど、こちらは見てないと思っていたから、驚いたね。

続きを読む

『日本人に教えたい戦術的ピリオダイゼーション入門』第1回

_SX350_BO1,204,203,200_ Footbal Weekly編集部では、『日本人に教えたい 戦術的ピリオダイゼーション入門』(東邦出版)の翻訳を手がけた。編集部で翻訳というのは、いささか奇異に感じられるかもしれないが、本書は実践トレーニングなどにもわたっており、単純に翻訳をすれば良いというものではないので、幾人かの人の手を煩わせることとなり、最終的な責任は編集部にあるという形で、訳者名として表記している。
 モウリーニョ、グアルディラ、クロップ、ファン・ハールをはじめとするトップクラスの指導者が実際に練習で用いている63種類ものトレーニングに関しては、V・ファーレン長崎のアカデミーダイレクター、寺峰輝さんに翻訳のチェックをお願いした。


 3回にわたってその内容の一部を掲載するが、1回目は「戦術的ピリオダイゼーションとは何か」について説明した部分を紹介する。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
続きを読む

【News】ハーフナー躍動もマドリー勝利、マンCはリヴァプールを破る

■マドリー、コルドバに苦戦も白星発進
レアル・マドリーは25日に行われたシーズン初戦で、昇格組のコルドバを相手に苦戦したものの、2−0で白星スタートを切った。

スーペル杯でアトレティコ・マドリーに敗れたマドリーだが、初戦の相手は組みやすしとみられていた。しかし、43年ぶりに1部に昇格したコルドバはハーフナー・マイクが前半に何度かマドリーゴールを脅かすなど、白い巨人相手に果敢な攻撃を仕掛ける。マドリーはようやく30分にクロースのアシストでベンゼマが頭で決めて先制。コルドバは後半開始直後にセットプレーから同点のチャンスを作るもゴールには至らず。マドリーは90分にロナウドが勝利を決定づける追加点を決めた。

なお、ディ・マリアのマンチェスター・ユナイテッド移籍が目前といわれる中、アンチェロッティ監督が中盤に先発させたのは、クロース、ハメス・ロドリゲス、モドリッチの3人だった。アタッカーはベイル、ベンゼマ、ロナウド。そしてGKカシージャスの前にはアルベロア、ペペ、ラモス、マルセロの4人だった。

■ヨヴェティッチ2ゴール
25日のプレミアリーグ第2節で早くも昨季の1、2位の対戦が実現。
マンチェスター・シティのホームで行われたリヴァプール戦はキックオフからハイテンポな戦いが展開され、序盤はリヴァプールがチャンスを多く作ったが、シティは41分に相手のクリアミスを奪ったヨヴェティッチがネットに突き刺し先制。55分にもヨヴェティッチが追加点を決めると、69分には交代出場したばかりのアグエロがファーストプレーでゴールを決めた。リヴァプールも途中出場のランバートのシュートがザバレタのオウンゴールを誘って1点を返したが、反撃もそこまで。シティが3−1で勝利した。

続きを読む

【News】エンリケ監督のバルサ白星発進、マンUはドローがやっと

■10人のバルサが3−0快勝
スペインリーグの新シーズンが23日に開幕したが、24日にはバルセロナがエルチェに3−0で下し、ルイス・エンリケ監督の初陣を白星で飾った。カンプノウの観客は試合中、かつてのアイドル、エンリケの名前を連呼していた。

前半終了間際にマスチェラーノが退場となったため、後半は10人での戦いを余儀なくされたバルサだが、数的不利を感じさせないながれるようなプレーを披露。メッシの2点のほかに、この試合がシニアチームでの公式戦デビュー戦となった18歳のFWムニルのゴールが決まって、快勝だった。

■マンUはサンダーランドとドロー
24日に行われたプレミリーグ第2節の試合で、マンチェスター・ユナイテッドはアウェイでサンダーランドと対戦、17分に マタのゴールで先制したものの、サンダーランドの新戦力ロドウェルがCKから鮮やかなヘッダーを決め、1−1のドローだった。サンダーランドは2試合連続のドロー、マンUにとっては今季、初のポイントとなった。

続きを読む
About
Football Weeklyは、サッカーに特化したブログメディアです。日本サッカーの現状や提言など深く斬り込んだコラムを発信します。
詳細
メッセージ
QRコード
QRコード
fbrj_top_img 1
  • ライブドアブログ