実はどちらの監督も、本音は安堵だったような気がする。

だが同じ安堵でも、ニンマリが滲むのは豪州のピム・ファーベーク監督の方だろう。主力を欠き、コンディションが揃わない状況で、「あくまで勝つつもりだった」と語る同監督が、内心は引き分けで十分だと考えていたことは明らかだ。

4−3−2−1、最終ラインの前に3人のMFを配し、その前の2人には日本のボランチを警戒させる。こうして中央から固めておけば失点はしない。グループ首位の立場から、まるで日本の出方を見透かしたように勝ち点1を持ち帰ることに成功した。

日本もW杯出場という最低限のノルマを考えれば、前進したことは間違いない。また62.4%もボールを支配し、決定機を作らせなかったという点で、危なげはなかった。

しかし岡田監督自らが語るように「日本が世界と真剣に戦える場がW杯のみ」だという現実を踏まえれば、ホームでの豪州戦は勝ち切るためのシミュレーション を試みるラストチャンスだった。本番でも先制されれば、こうした展開が想定される。そしてそれでも崩し、ゴールを陥れる術がなければ、本大会で納得のいく成績は望めない。

ハーフタイムで岡田監督は、闘莉王に強調したという。
「味方を信じて最後までバランスを崩すな。このまま続けていけば、必ずチャンスが来る」

こうして豪州戦を4−4−2で戦った岡田監督は、途中で松井を大久保に、田中達を岡崎に、ほぼそのまま置き換えたのみ。相手に対して圧力を強めるアイデア もなく、戦術にも個性にも際立った変化はなかった。ボルフスブルグでのプレーを見ても、大久保は明らかにFWで生きる選手だが、岡田監督にはサイドMFと 刷り込まれているらしい。

試合後の会見で同監督は話した。
「この相手ではパワープレーは通用しないし、考えていなかった」

だがこれまでもリードされた場合のオプションは、闘莉王を上げ、巻を投入してパワープレーに出るしかなかった。そしてこの日も巻をベンチに入れていたわけ で、追いかける展開になればパワープレーという選択は容易に推測が出来た。また大久保、岡崎、巻を除けば、ベンチに座っていたのは守備の選手ばかりだった から、均衡状態では万策が尽きていたことになる。

岡田監督は、あくまで「W杯ベスト4」という大きな夢を掲げている。敗れたアジアカップ予選の対バーレーン戦の前日練習でも、サポーターが持参した横断幕に、改めてそうサインしたという。

だが「W杯ベスト4」というのは、普通では望めない奇跡のような成績だ。そこに到達するためには、せめてリスクを冒してでも豪州を攻め崩すくらいの腹の括 り方が必要だろう。「確実に進歩している」「前半途中から後半にかけて素晴らしいサッカーをしてくれた」と自賛をするのもいいが、少なくとも自ら上げた大 きなアドバルーンに見合った厳しいノルマを課していかないと、実現には近づかない。

「精度を上げる」「チャンスの回数を増やす」「続けていくしかない」という地道で悲壮を伴う言葉の先には、まだ本番のベスト4どころか、勝ち点確保の道筋さえ見えてこない。

98年フランス大会、06年ドイツ大会。2度の惨敗は、アジア予選と世界の高みとの落差を見誤った末の結末だった。切実な教訓とするべきである。(了)

加部究(かべ きわむ)
スポーツライター。ワールドカップは1986年大会から6大会連続して取材。近著に『大和魂のモダンサッカー』(双葉社)『忠成〜生まれ育った日本のために』(ゴマブックス)