願いはミランに残ること

レンタル先ACミランへの完全移籍を希望しているデイヴィッド・ベッカムが“将来は自分の手から離れた”と胸の内を語った。

先週、所属するLAギャラクシーが、ミラン側の提示したオファーを“受け入れがたい”と却下、ベッカムの完全移籍の夢は潰えたと報じられたものの、その後移籍交渉が依然続いていることが判明した。

ベッカムは「ピッチでプレーすることを楽しんでいるし、自分のパフォーマンスにも満足している。だが完全移籍に関しては、自分ができることは何もない。自 分の手におえなくなったようなもの。交渉はまだ終わっていない。これから1〜2週間に渡って両クラブが再び話し合うのは知っている。僕の願いはミランに残 ることだ」と現在の心境を明かした。