第8回 「復旧、復興とクラブと私。」その3  文・山雄樹

熊本地震の経験から得たものとは、そして、やるべきこととは。

熊本地震の後、早期のリーグ戦復帰にむけて「選手の家族の安全や安心を担保したうえで、県外に拠点を移し、サッカーができる環境をつくる」ことを提案したクラブのトップである池谷社長の想像以上に、選手達が熊本を思う気持ちは強かった。

なかでも熊本県宇城市出身の巻誠一郎が抱く、その思いは人一倍だった。地震発生後、クラブハウスで、選手、チームスタッフ、クラブスタッフが集まり、今後の方針を話し合った4月21日、巻は「僕の大好きだった熊本の街や皆の笑顔が失われていく」と涙ながらに話すほど心を痛め、「本当に熊本が大好きなんで、感情を抑えられません」と嗚咽を漏らした。

だからこそ、巻は、地震発生後、すぐに救援物資の受付拠点を設け、自家用車を走らせ、避難所などを回って被災者に物資を届けるなど、ピッチの外でも先頭に立って奮闘した。

シーズンを通して、巻の言葉には、さまざまな経験をした者にしか語ることのできない重みがあった。シーズンが終わった今、巻は強調する。「震災が起こって、自分達が、何ができて何ができなかったのか、こういう経験ができたということが、今後、自分達の中で、どういう風に財産として感じて、次の一歩を踏み出すかがすごく大事だと思います。これから先、何ができるかが大事なんでしょうね。もちろん、ここのクラブを去っていく選手もいるし、選手も変わるし、いずれは、会社のスタッフや、僕らもいなくなる存在ですけど、それでも、ロアッソというクラブは残っていくんですよ。その時に、地震が起こったということは、クラブの歴史に絶対刻まれるわけですよ。その後に、僕らがどういう行動をして、どういう試合をして、どうサポーターと向き合ったか、今後のロアッソの歴史になっていくわけですよ。未来をどういう風につくるかというのは、これからの僕らだと思うんですよ」。

12月9日、今シーズンの最後の全体練習が終わった後、行ったインタビューは、アナウンサーという「伝え手」の私にも、大きな意味があるものだった。
(45分間に渡るこの巻誠一郎のインタビューは、後日、全文を掲載する。)

熊本放送に勤務するアナウンサーの私は、4月14日、「前震」が発生した後、ほぼ24時間益城町からテレビの中継リポーターとして、被害や救出作業など、刻々と変わる状況を伝え続けた。その後、わずか1時間ほどの睡眠時に「本震」に襲われた。離れて暮らす中学2年生の娘にスマートフォンの無料通信アプリ「LINE」で連絡を取った。「体の震えが止まらん」という娘の声をきき、今すぐ、娘のもとに飛んでいきたい気持ちを抱えながら、局に向かった。熊本市内、熊本城の被災状況を伝えた。その翌日は、益城町の避難所からの中継。1歳の子どもと、這う這うの体で避難所から辿りついた母親が涙を流しながら取材に答えてくれた。

「カップ麺の容器、割り箸をペットボトルに入ったわずかな水で洗っている女性がいました。1歳のお子さんがいるそうです。割り箸も配られるか、配られないかわからない状態ですので、何度も使えるように洗っていたんです。水も最初は紙コップに入れて配られていたんですけれども、紙コップがなくなってしまって、容器は自分で用意しなければならないということでした。カップ麺の容器を丁寧に洗っていたのには理由がありました。容器におにぎりを入れて、お茶を入れたり、水を入れたりすることによって、お米が膨らみますので、量が多く感じられるということを話していました」(熊本放送・4月17日午後4時〜熊本地震特別番組内での私のテレビ中継リポート)

取材に答えてもらえることが、いかにありがたく、その言葉が、いかに貴重なものなのか、メディアのひとりとして、心の底から実感した。

災難は続いた。6月20日から21日には甲佐町で観測史上最多、全国でも4位となる1時間に150mを記録するほどの大雨に襲われた。甲佐町、熊本市、宇土市、上天草市、熊本県内で6人が亡くなった。8月31日、ロアッソのホーム・うまかな・よかなスタジアムのサイドスタンド、いわゆる「ゴール裏」の観客席の一部の使用が再開され、スカパー!だけでなく、地上波(私が勤務する熊本放送)でもテレビ中継で試合を放送した。前半43分だった。7階にある放送席で強い揺れを感じた。午後7時46分、熊本市西区と宇城市で震度5弱、スタジアムがある熊本市東区で震度4を観測した。プレー中の選手は「気づきませんでした」と話し、試合は続行されたが、観客は騒然とした。今も、地震の恐怖とは常に隣り合わせだ。さらに、ホームでJ2第35節ザスパクサツ群馬戦が行われた10月8日にも、災害が発生。午前1時46分、阿蘇中岳第一火口が爆発的噴火。気象庁によると、阿蘇中岳第一火口の爆発的噴火は1980年1月26日以来26年ぶりのことで、阿蘇市には灰が降り積もり、キャベツやイチゴなどの農作物が被害を受け、宿泊施設にも客からのキャンセルが相次ぎ、大きなダメージを受けた。誰もが「どうして熊本ばかり」という思いを募らせ、嘆いた。

私は、熊本地震発生後、情景描写や取材など、18年間ではあるが、これまでのアナウンサーとしての経験を頼りに、ただただ必死に現場に向き合った。

スカパー!Jリーグ中継では、ロアッソにとって、リーグ復帰戦となった5月15日のJ2第13節千葉戦でピッチリポーターを、日立柏サッカー場で行われた5月22日の第14節水戸戦、ノエビアスタジアム神戸で行われた5月28日の第15節FC町田ゼルビア戦では、実況を担当することができた。ともに関東、関西の制作会社による中継だったが、スカパー!をはじめ、多くの方の力添えで「大一番」の放送席に座ることができた。また、ベストアメニティスタジアムで行われた6月、8日の第17節ツエーゲン金沢戦と、19日の第19節カマタマーレ讃岐戦は、熊本放送が中継を制作し、「いつものメンバー」で放送に臨んだ。私達にとっての「復帰戦」で、ロアッソが熊本地震後初勝利を挙げ、皆で喜んだ。

熊本を訪れた、ハリルホジッチに香川真司、岡崎慎司、内田篤人、清武弘嗣といった日本代表の監督や選手と子ども達との交流も取材することができた。一緒にボールを蹴った子ども達の弾けるような笑顔、その子ども達の笑顔を見て嬉しそうな保護者の表情からサッカー、スポーツが持つ前向きなエネルギーを感じることができた。

これらは、ロアッソを通した「サッカーファミリー」の協力がなければ、成り立たないものだった。

私が司会進行役をつとめ、熊本放送で放送しているロアッソの応援番組「VIVA!ROASSO RADIO(ビバ!ロアッソラーディオ)(毎週月曜日午後9時〜)」は、「本震」のわずか2日後、4月18日に通常の枠(午後9時〜10時)で放送を行った。放送開始前、打ち合わせ中に手元に置いたスマートフォンから「緊急地震速報」が鳴り響いた。すぐに、スカパーJリーグ中継でピッチリポーターをつとめ、この番組のパーソナリティーである風戸直子氏と机の下にもぐった。午後8時41分、阿蘇市と産山村で震度5強を観測した。私は、社屋の1階にあるラジオのスタジオから、地震の報道を司る報道制作局がある2階に階段を駆け上がり、状況を確認した後、再び、「VIVA!ROASSO RADIO」の放送スタジオに戻った。

番組は、生放送。まず、池谷社長に電話インタビューという形で話をきいた。聞けば「あす(19日)に大阪でJリーグの会議がある」という。熊本空港は、19日に熊本に到着する一部の便だけの運行が再開されたが、ターミナルビルが損傷したため、熊本から出発する便は全便が欠航していた。九州新幹線も熊本駅近く回送車両が脱線し、早期の全線復旧はならず、高速道路・九州自動車道も熊本市の植木インターチェンジと益城町の益城熊本空港インターチェンジとの間、宇城市の松橋インターチェンジと八代市の八代インターチェンジの間は、緊急車両の通行だけが許可され、一般車両は通行止めだった。福岡空港から大阪に入る予定だった池谷社長は、「福岡まで何時間かかるかわからないから」と夜通し、車を運転して福岡空港に向かった。

番組後半は、熊本を拠点に活動し、熊本放送の番組にも出演しているシンガーソングライター進藤久明氏が出演。進藤氏は、地震の影響でほとんどのギターが壊れてしまったが、残った1本を携えて、登場。「こういうときだから元気出していかなん(熊本弁で元気を出して行かなければならない)」と語り、「燃えよ!ロアッソ」というロアッソの応援歌と熊本放送が、頑張る子ども達を応援しようと、展開する「RKK BOY&GIRLSキャンペーン ガンバレガール マケルナボーイ」のキャンペーンソング「明日へ」の2曲を披露。風戸氏と私も、合いの手を入れたり、歌えるサビの部分を歌ったりした。放送では「目から汗をかいた」と表現したが、不覚にも涙があふれた。

涙の理由には、簡単に言ってしまえば「いろいろ」ある。

この日は、4月14日の「前震」発生から5日目、4月16日の「本震」発生から2日目。私は、被害が大きいところや避難所での中継や取材を続け、その取材に答えてくれた被災者の声や表情から、とにかく、「前を向く力を届けたい」と思っていた。一方で、続きに続く余震に対する緊張感(熊本地震で緊急地震速報は19回発表された)、「伝え手」という職責を全うしなければならないという使命感、本当にその責任を果たせているのだろうかという自問など、さまざまな要素が心の中に充満していた。睡眠不足だったはずだが、不思議と疲労はまったく感じていなかった。

熊本地震の取材活動には、5月いっぱい、熊本放送への協力という形でJNN(TBS系列)の27局から延べ2000人以上が参加した。基本的に、記者、カメラマン、音声を含むアシスタントという3人で取材クルーを構成し、1日18ものクルーが取材活動に当たった日もあった。

「本震」の後、初めての平日、つまり、地方局が制作する夕方のローカルニュース番組を放送する日だった。熊本放送には「RKK NEWSJUST」(午後6時15分から6時55分)の番組がある。この日も13社の取材クルーが取材を行っていた。当然、1つの取材クルーが、2か所、3か所の取材を行うため、膨大な取材量となるうえ、内容も多岐に渡る。業界用語で「上り」と呼ばれる全国ニュース向けの内容は、キー局であるTBSからの依頼や注文に応えていくのだが、自社制作のローカルニュースでは、そのなかから、何をどう放送するべきか、重要な判断を迫られる。確認できただけでも取材を行った項目は37もある。この日の「RKK NEWS JUST」では「被害状況のまとめ」など18項目を放送した。

放送後の反省会で入社4年目の若手記者が訴えた。「被災した人のインタビューが1人しか放送されていない。これで、被災者に寄り添う放送と言えるのか。何が足りないのかという物資の情報や被災者の声を伝えることが、ローカルニュースではないのか。これでは東京発の全国ニュースと変わらない」と。地震発生直後から、被害が大きい地域で、そして、避難所に身を寄せている人達に、取材を続けていた者の感情だった。現場で取材を行う者、社内で情報収集に当たる者、全体を指揮する者、キー局や系列局との調整を図る者、そして、それらをサポートする者、さまざまな役割に従事していた。そして、それぞれに、地震のとらえ方も違い、また、それぞれが「何をどう伝えるべきか」自問していた。

また、前述した「VIVA!ROASSO RADIO」放送直前に発表された緊急地震速報では、テレビの放送には、女性アナウンサーがいち早くスタジオからの放送に臨んでいたが、本来ラジオの放送を担当するはずだった後輩の男性アナウンサーが、放送に当たらず、スタジオががら空きになっていた。それを見た私は、思わず「ラジオのスタジオに入らんか!」と何度も怒鳴り、叱責してしまった。ある種の興奮状態が普段にはない行動を呼び起こしたようだ。当然のことながら、即座に声を荒らげた自分を恥じた。

熊本地震の後、最初に放送した「VIVA!ROASSO RADIO」で、あふれ出た涙は、そういった出来事による不安定な感情の昂ぶりによるものだった。

その「VIVA!ROASSO RADIO」は、ロアッソのJ2残留が決定するまで、あと勝点1となった、今年11月7日、放送500回を迎えた。(チーム発足2年目の2006年4月3日に第1回放送、2011年3月から2012年2月まで1年間の休止期間)。それでも、巻が「ここのクラブを去っていく選手もいるし、選手も変わるし、いずれは、会社のスタッフや、僕らもいなくなる存在」と話す通り、永遠に、番組が続いたり、風戸氏と私が、番組に出演し続けたりすることはない。また、試合の中継で、私が、ずっと放送席に座り続け、未来永劫、実況を続けることもない。物事には、必ず「終わり」や「区切り」が来る。
だからこそ、この尊い記憶を記録に残さなければならないのだ。

熊本地震からの復旧、復興への一歩一歩は、歴史そのものだ。その歩みの過程で、ロアッソに何ができたのか、サッカーがどんな力を届けたのか、スポーツの力がどれほど大きかったのか、私は、その歴史を記していかなければならない。


◇著者プロフィール:
山雄樹(やまさき ゆうき)
熊本放送(JNN・JRN)アナウンサー。1975年(昭和50年)6月16日、三重県鈴鹿市生まれ。立命館大学産業社会学部を卒業後、1998年熊本放送入社。主にスポーツの中継アナウンスや取材、番組制作を担当。系列のアナウンサーの技量を競う「アノンシスト賞」では、「テレビスポーツ実況」部門で二度、「ラジオスポーツ実況」部門で一度、九州・沖縄ブロック審査で最優秀賞、2015年度は、全国審査で優秀賞を受賞した。
 チーム発足時からJ2ロアッソ熊本の取材や応援番組の司会を続け、2008年のJ2参入以降は、スカパー!Jリーグ中継でホームゲームの実況をつとめる。