第8回 「復旧、復興とクラブと私。」  文・山雄樹


ロアッソがJ2残留を決めた2日後、熊本地震の発生から7か月が過ぎた11月14日、熊本県内で建設が計画されていた仮設住宅がすべて完成した。16市町村の110団地、4303戸。これで、およそ1万1000人の住まいが確保されたことになる。さらに、既存の民間による賃貸物件を県が借り上げて被災者に提供する「みなし仮設住宅」を合わせると、およそ1万5000戸となる。

最後に完成したのは、県の西部に位置する御船町の落合地区の42戸と、震度7を2回観測した益城町の福富地区の6戸。このうち、益城町の仮設住宅は、車いすで出入りできるよう設計されたバリアフリー型で、熊本県住宅課によると、風呂やトイレを共有しない独立した形のバリアフリー型仮設住宅は、全国でも初めてのもので「熊本モデルとして、全国で災害があった場合に発信していきたい」と、担当者は語る。

また、地震で被害を受けた熊本のシンボルとも言える熊本城を修復するために、支援金を募る「復興城主制度」への申し込みが1万件を超えたのも同じ時期だった。金額にして1億6260万円。募集開始からわずか2週間で多くの支援が届いた。熊本城は、13ある国指定重要文化財である櫓や塀、門、そして、石垣や天守閣などが倒壊し、修復には634億円が必要で、熊本市の大西一史市長は「20年後には地震前の状態に戻したい」と語っている。元の姿に戻るまで、数十年という非常に長い期間に渡る復旧、復興活動となる。

その後、「2016現代用語の基礎知識選 ユーキャン新語・流行語大賞」の特別賞に「復興城主」という言葉が選ばれ、12月1日には、大西市長と熊本城をモチーフにした熊本市のイメージキャラクター「ひごまる」(2007年の熊本城築城400年祭で誕生)が東京で行われた授賞式に出席している。1か月で2万2045件、3億5027万7254円の寄付が寄せられた。さらに、地震発生から8か月となった12月14日現在で、2万6749件、4億3399万4670円と、数字を伸ばしている。

2011年、ロアッソは、シーズン開幕前の集合写真を熊本城で撮影したことがある。また、地元の菓子メーカー、株式会社「お菓子の香梅」がユニホームの胸部分のスポンサーについていた2008年から2011年シーズンは、「武者がえし」という文字を胸に戦った。「武者がえし」とは、熊本城の堅牢な石垣を表現する言葉だ。石垣の曲線の角度が上部に行けば行くほど、垂直になり、文字通り「武者を返す」石垣で、攻略が難儀とされる。スタジアムで、ロアッソのサポーターは、主にディフェンス時に「ム・シャ・ガ・エ・シ! ム・シャ・ガ・エ・シ!」というコールを送った。

「お菓子の香梅」の「武者がえし」は、1977年に販売が始められた看板商品だ。小豆の餡をパイ生地で包んで焼き上げた菓子で、しつこくない上品な甘さが特長だ。熊本城の石垣がモチーフとなっている。その製造ラインは、4月16日、熊本地震の「本震」で震度7を記録した阿蘇郡西原村の阿蘇西原工場にあり、被災したため、長い間、製造、販売ができなくなっていた。ようやく販売が再開されたのは、およそ5か月が経った9月10日だった。販売再開後は、売り上げの一部を熊本城の復興のために、寄付することになっている。

私は、熊本地震の本震に襲われた4月16日、夜明け前から昼過ぎまで、ひたすら熊本城の被害状況を、全国に、熊本に、テレビの中継リポーターとして、伝え続けた。熊本城の東側にある国指定の重要文化財、東十八間櫓(やぐら)と北十八間櫓は、土台となっている石垣ごと崩れ落ち、一部は、20m下にある熊本大神宮の社務所の屋根を突き破り、建物を押しつぶしていた。また、城の南側に位置する飯田丸五階櫓は、石垣の中央部分が崩落し、角の部分の6、7段の隅石だけで櫓を支えていた。大きな余震があれば、櫓が崩れ落ちてしまうような危機的状況だった。この櫓は、7月下旬に、鉄骨により櫓を支える緊急補強工事を行い、倒壊を防いでいる。それまで、3か月半もの間、6、7段の「縦一本」の石垣で支え続けたのだ。その姿は、2011年の東日本大震災による津波の被害から生き残った岩手県陸前高田市の「奇跡の一本松」にちなんで、「奇跡の一本石垣」と呼ばれ、熊本の人々の希望となった。

ロアッソの戦いは、まさに、その「一本石垣」のようだった。

昨シーズンチームトップの12ゴールを挙げたFW齊藤和樹はジュビロ磐田に、4シーズンに渡って背番号10を背負ったMF養父雄仁はV・ファーレン長崎に、齊藤と並んでチーム最多の41試合に出場したDFクォンハンジンは韓国Kリーグの済州ユナイテッドFCに、ベガルタ仙台から2度目の期限付き移籍後、26試合でゴールを守り失点20と1試合平均の失点数が1以下と、活躍を見せたGKシュミットダニエルは、松本山雅FCに、それぞれ移籍。主力選手の移籍、それも、センターライン、背骨を抜かれたような、チーム編成を強いられた。実際に、私も2月28日の明治安田生命J2リーグ第1節ロアッソ熊本対松本山雅FC、ホーム・うまかな・よかなスタジアムでの開幕戦の実況(スカパー!Jリーグ中継)を「守護神に守備の要、背番号10にエースストライカーが去った熊本、清川新体制で新しいスタートを切ります」という言葉で始めている。また、多くのメディアの順位予想で、専門家達が、ロアッソを21位、22位の「J3降格候補」に挙げた。

それでも、チームは、今シーズン就任した清川浩行監督の下、開幕から快進撃を見せる。2010年からロアッソのヘッドコーチを務め、高木琢也氏(2010年〜2012年)、吉田靖氏(2013年)、池谷友良氏(2013年)、小野剛氏(2014年〜2015年)と4人の監督を支えてきた清川監督は、実に、優しく温厚な人柄で、試合前日などの、ぴりぴりするような緊張感が漂う時でも、私達の取材に対し、こちらからの質問がなくなるまで、時折、目じりに皺を寄せ、笑顔を見せながら、丁寧に答えてくれた。1月13日の就任会見から、開幕した後も数試合は「緊張する」と指揮官としての重責を包み隠さず、話してくれ、選手達も、そんな「清さん」に勝利をプレゼントしたいと、一致団結したのだった。

サガン鳥栖からの期限付き移籍を延長し、今シーズンから、ロアッソの「エースナンバー」10を背負う清武功暉が、かつての盟友GKシュミットダニエルからPKでゴールを奪うと、1対0で勝利。清武は得点後、一目散にテクニカルエリアの清川監督のところに向かい、抱擁を交わした。

松本との開幕戦を制すると、第2節徳島ヴォルティス戦(3月6日・鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム)、第3節東京ヴェルディ戦も(3月13日・うまかな・よかなススタジアム)も、1対0で勝利、クラブ史上初の開幕3連勝を飾った。さらに、第4節でも、この試合まで1勝4引き分け7敗、アウェイでは2引き分け4敗と苦手とするギラヴァンツ北九州を相手に(3月20日・北九州市立本城陸上競技場)、後半44分、清武のゴールで追いついて1対1の引き分け、第5節V・ファーレン長崎との(3月26日・長崎県立総合運動公園陸上競技場)、2週連続のアウェイでのダービーマッチ「バトルオブ九州」にも、2対0で勝ち、開幕からの5試合で4勝1引き分けの無敗。これまた、クラブ史上初となる単独首位になった。

5試合で4ゴールを挙げた殊勲の清武は、J2の2月、3月のMVPに選ばれ、ファジアーノ岡山から移籍したCB植田龍仁朗、鹿島アントラーズから加入したGK佐藤昭大、新戦力の2人も、5試合でわずかに1失点という堅守に貢献した。守護神は佐藤が、守備の要は植田が、背番号10とエースストライカーは清武が、それぞれ開幕前に懸念された穴を埋めて余りある活躍を見せた。

その後、第6節清水エスパルス(4月3日・うまかな・よかなスタジアム)に2対0で敗れ、今シーズン初黒星、続く第7節J2に参入したばかりのレノファ山口FC(4月9日・うまかな・よかなスタジアム)に2対1で敗れ、連敗を喫したが、7試合を終えての成績は4勝1引き分け2敗、勝点13で5位と上々だった。
(つづく)

◇著者プロフィール:
山雄樹(やまさき ゆうき)
熊本放送(JNN・JRN)アナウンサー。1975年(昭和50年)6月16日、三重県鈴鹿市生まれ。立命館大学産業社会学部を卒業後、1998年熊本放送入社。主にスポーツの中継アナウンスや取材、番組制作を担当。系列のアナウンサーの技量を競う「アノンシスト賞」では、「テレビスポーツ実況」部門で二度、「ラジオスポーツ実況」部門で一度、九州・沖縄ブロック審査で最優秀賞、2015年度は、全国審査で優秀賞を受賞した。
 チーム発足時からJ2ロアッソ熊本の取材や応援番組の司会を続け、2008年のJ2参入以降は、スカパー!Jリーグ中継でホームゲームの実況をつとめる。