20日行われたグループBの最終戦。どのチームにも勝ち抜けのチャンスがあったが、ウェールズがロシアに3−0と快勝し、首位で突破を決定。ロシアは敗退。

また、スロヴァキア対イングランドは、イングランドが再三チャンスを作りながらゴールを奪えずゴールレスドロー。イングランドは勝ち点を5に伸ばして2位を確定。スロヴァキアは勝ち点4の3位で、他のグループの結果次第では勝ち抜けの可能性を残した。


「すべてがこの試合にかかっていることはわかっていた。自力で突破をつかめるんだから、試合前にはとにかく楽しんで悔いのないプレーをしようとみんなで話した。自分がプレーしたなかでは今夜が最高のパーフォマンスだったと思う。僕らはただ頭数合わせに参加したんじゃないんだ。グループを首位で勝ち抜けるためにこれ以上はできないほど頑張った。次の相手が誰になるのか楽しみだよ」
ロシア戦でもゴールを決め、早くも3得点のウェールズ代表ガレス・ベイル

■20日の試合結果
ロシア 0−3 ウェールズ
[得点]11分:ラムジー、20分:N.テイラー、67分:ベイル

スロヴァキア 0−0 イングランド