13日に行われたグループEの試合で、今大会は事前の評価の低かったイタリアが、優勝候補の一角とも呼ばれるベルギーに2−0で勝利した。


イタリア不動のGKジャンルイジ・ブッフォンは試合後、「我々のできる唯一の方法で勝利した。謙虚さと高い意識で戦ったおかげだ。監督の指示通りの組織的なプレーだった」と語り、DFのレオナルド・ボヌッチも、「イタリアらしいプレーを披露した。犠牲心、謙虚さ、体力、そして勝ちたいという気持ちが出た」とコメントした。

一方、タレントの宝庫とみなされるベルギーは16年ぶりの欧州出場で全員がこの大舞台を未経験だったのが影響したか、黒星発進となったが、次戦に期待したい。

■13日の試合結果
グループD
スペイン 1ー0 チェコ
[得点]87分:ピケ

グループE
アイルランド 1−1 スウェーデン
[得点]48分:フーラハン、71分:クラークOG(ス)

ベルギー 0−2 イタリア
[得点]32分:ジャッケリーニ、90+3分:ペッレ