12日に行われた試合で、クロアチアはモドリッチのゴールでトルコを1−0を破り、厳しいグループDで幸先良く白星発進した。

クロアチアの中盤で攻守に大活躍し、マンオブザマッチに選ばれたモドリッチは『魔法のような」と呼ばれる自らの見事なゴールよりもチームとして力が発揮できたことを喜び、「自分たちの力をきちんと見せることができたし、相手よりずっといいプレーができた。もう2点ぐらい取れてたはずだが、一番大事なのは勝てたことだから」とコメントした。


また、キャプテンのダリオ・スルナは「初戦の勝利はとても重要だし、大きな意味がある。だが、これで浮かれていてはダメだ。あと2、3点は取れただろうし、トルコには1回しかチャンスがなかった。いい試合ができた」と話した。

クロアチアはこれで欧州選手権の初戦は負け知らず。しかも、代表でモドリッチがゴールを決めると10勝1分けの負け知らず。

■12日の試合結果
グループC
ポーランド 1ー0 北アイルランド
[得点]51分:ミリク

ドイツ 2−0 ウクライナ
[得点]19分:ムスタフィ、90+2分:シュヴァインシュタイガー

グループD
トルコ 0−1 クロアチア
[得点]41分:モドリッチ