amazonベストセラーランキングで快走を続けていた『足指をまげるだけで腰痛は治る!』。その監修者であるメディカルトレーナー・夏嶋隆氏とによる拙著『ロダンのポーズで肩と首の痛みが治る!』が発売された。
同著では、肩こりや首こりなど、首と肩の痛みを治す12のメソッドを公開しているが、今回は夏嶋隆氏に弟子入りし、現在、日本トップのレフェリーとして活躍する家本政明氏のインタビューを抜粋して紹介する。

■現代のスポーツ界に思うこと
夏嶋氏のもとで人体のさまざまなしくみを学んできた家本氏は、現代のスポーツ界に疑問を感じています。

「アスリートが、よく上半身の動かし方についてトレーニングすると思うのですが、亜流のやり方が多いように感じているんです。たとえば、走りに特化した人であっても、なんとなく『こういうフォームがいい』と亜流が広まっている。スポーツの専門雑誌やトレーニング本などを見ても、解剖学的なことは詳しく書かれていません。でも、クラシックバレエの本には、必ず解剖学のコーナーがあるんです。

 以前、『実際にトップ選手はどうなのか』と、夏嶋先生と二人で五輪や世界陸上のゴールドメダリストたちの動作解析を行ったことがあるんです。当然、足の運び方や骨盤の位置も違うのですが、腕の振り方や肩甲骨の位置にも違いがあった。

 陸上界で有名な方も、『腕というのは、肩甲骨から派生している。肩甲骨から動かすイメージの方が、結果的に全身が効率的に動く』といって仰っていました。

 体の軸を固定して、手と足だけを動かして走っても、手と足は小さい筋肉の集まりですよね。その動かし方だと、手や足がオーバーヒートしてしまいます。
 そうではなく、体全体の筋肉をバランスよく使わないといけないのですが、そのためには『中』の筋肉を動かさないといけない。機能として、外の筋肉が動きすぎると、中の筋肉は起きてくれません。固まってしまうんですね」

家本氏も、夏嶋氏と同じように「支える筋肉」と「動かす筋肉」を知ることの重要性を指摘します。

「今までのスポーツ界は、大きな筋肉ばかりを特化させて、パワーばかりを意識していたように思います。ゴールドメダリストたちは、力が抜けている部分と、入っている部分にメリハリが付いています。インナーマッスル系はしっかりと動いているんですけど、大きなアウターの強い筋肉というのは、そこまで邪魔をしない程度に動いているんです。

 腕に関しては、肩甲骨がストレスフリーになる状況が、どの骨格ポジションなのかを、夏嶋先生と二人でトライしていましたね」

■イビチャ・オシム氏「ライオンに追われたうさぎが肉離れをしますか?

体が疲れにくい正しい姿勢を学んできた家本氏は、仰々しいウォーミングアップを行いません。

「草食動物って、自然の摂理として肉食動物に襲われますよね? そこで、草食動物が『ウォーミングアップするから、ちょっと待ってくれ』とは言わないじゃないですか。本来は、姿勢はもちろん、体の動かし方を体得できていれば、ウォーミングアップは基本的にいらないかのなと私は思っています。なので、僕は可動域の確認をするという感じですね。はりやこりなど動きを制限している筋肉があれば、そこを解放するイメージです。」(続きは『ロダンのポーズで肩と首の痛みが治る!』をご覧ください)


<書籍紹介>



バレーボール日本代表選手の肩をも治した奇跡の肩と首の痛みの改善法。

厚生労働省によると肩こり人口は1,300万人と言われていますが、肩こり予備軍や首こりを含めると、2,800万人近い方々が悩んでいるそうです。
つまり、4人に1人が肩や首に痛みを抱えているということです。
病院で治療を受けても、多くの方々が鎮痛剤と湿布を渡されて終わってしまい、病院ジプシーとなって様々な病院を渡り歩くことになり、そのため、多くの健康本に頼らざるを得ない状況になっているのではないでしょうか?しかし、未だに肩や首の痛みは改善されていない方々がほとんどではないでしょうか?
そんな人々に向けた、「医者に行かず」「特別な道具も必要とせず」「自宅や仕事中にちょっと意識するだけ」で肩と首の痛みを治す方法を伝授します。
基本は『ロダンのポーズ』をとるだけ。これを行うことで、手から腕、肩が正しい位置にもどり、肩の痛みが改善するのです。

監修は夏嶋隆先生。久保竜彦さんなど数々の一流スポーツ選手を手術無しに治療し、フィールドにカムバックさせた夏島先生が痛みを取るために患者に伝えることはただ一つ、「日常の癖を直しなさい」のひと言です。本書では『ロダンのポーズで肩と首の痛みが治る』理由を詳しく図版などで紹介するのはもちろん、自宅や職場などで簡単に腰痛改善できる方法も詳しく紹介。
肩と首の痛みに悩む人の決定版となる治療本です!

【INDEX】
■序章
なぜ「ロダンのポーズ」で肩と首の痛みが治るのか?
■第1章
気になる痛みに効く肩こり・首こり解消実践編
(肩甲骨ストレッチ / 筋肉の縮め方 / 夏嶋式テーピングetc)
■第2章
肩こり・首こりは日常の悪習慣が引き起こす
(肩の痛みのメカニズム/ 肩こりを引き起こすのは日常の悪習慣 / 電車通勤で首こり肩こりになる理由etc)
■第3章
肩こり・首こりは痛みのしくみを知れば治る
(ロダンのポーズで肩こり・首こりを治そう/「手のアーチ」と「正しい姿勢」etc)
■第4章
正しい姿勢と上半身の使い方で飛躍したアスリートたち
(家本政明(サッカー国際審判員)/ 田中姿子(元バレーボール日本代表選手) / 澤上竜二(リオ五輪サッカー日本代表候補))
■コラム1
シワを見れば肩こり・首の痛みの重度が分かる
■コラム2
過去の手術で肩こりに
■コラム3
歯ぎしりが首こりの原因に